引っ越しの時マットレスはどうやって運ぶ?運び方は2パターン

引っ越しの時マットレスはどうやって運ぶ?運び方は2パターン

新しい家に引っ越しする時、マットレスをどうやって運べばいいか悩んでしまいますよね。とくに一人暮らしの方は、マットレスを一人で運ぶのは大変。マットレスを搬送する方法は、レンタカーもしくは引っ越し業者に依頼の2つだけです。この記事では、引っ越し時のマットレスの運び方や注意点を解説します。あらかじめ運搬方法を知っておけば、スムーズにマットレスを新居へ運べ、簡単に引っ越しを終えられますよ。

目次

  • 引っ越し時のマットレスの運び方は2つ
  • どうしても運び出しが難しいならマットレスを処分するのも手
  • 1番簡単なのは引っ越しを機にマットレスを買い替えること

引っ越しの時マットレスはどうやって運ぶ?運び方は2パターン

引っ越しの時マットレスはどうやって運ぶ?運び方は2パターン

新しい家に引っ越しする時、マットレスをどうやって運べばいいか悩んでしまいますよね。とくに一人暮らしの方は、マットレスを一人で運ぶのは大変。マットレスを搬送する方法は、レンタカーもしくは引っ越し業者に依頼の2つだけです。この記事では、引っ越し時のマットレスの運び方や注意点を解説します。あらかじめ運搬方法を知っておけば、スムーズにマットレスを新居へ運べ、簡単に引っ越しを終えられますよ。

目次

  • 引っ越し時のマットレスの運び方は2つ
  • どうしても運び出しが難しいならマットレスを処分するのも手
  • 1番簡単なのは引っ越しを機にマットレスを買い替えること

引っ越し時のマットレスの運び方は2つ

引っ越し時のマットレスの運び方は2つ

引っ越し時のマットレスの運び方は、レンタカーもしくは引っ越し業者に依頼の2つのみです。それぞれ、どのような方に適しているか解説していきます。

ダブルまでならレンタカーを使って自分で運べる

お持ちのマットレスがセミダブルやダブルサイズまでなら、レンタカーで運べます。6人乗りができるミニバン車の場合、室内幅は140cm〜160cmに対して、一般的なダブルベッドの幅が140cmなので、後部座席を折りたためば入れることができます。

ただし、車種によっては奥行きが足りず、入らない場合があります。サイズに関わらずマットレスの長さは約2mなので、後部座席を折りたたんだ状態で2m以上のスペースがある車をレンタルしましょう。基本的にワゴンタイプの車を選べば、問題なくマットレスは入ります。

レンタカーでマットレスを運搬する際は、必ず他の人の手を借りるようにしましょう。スプリングマットレスや高反発マットレスは20kg以上の重さがあり、自力で運ぶのは難しいです。無理に運ぶと腰や背中を痛めたり、段差や周りの物が見えずにぶつかって怪我をしてしまいます。とくに、マンションの上層階から運び出す際は階段もあって大変危険です。

また、マットレス以外に他の家具や食器も一緒に運ぶと、後部座席が荷物でいっぱいになり、後ろ側の窓が見えなくなる可能性があります。運転に自信がない方は、マットレスのみ運んでみたり、運転に慣れている人にお任せすると安全です。

レンタカーで運び出す際の搬送方法

実際にレンタカーでマットレスを搬送する際は、あらかじめ梱包して運び出しましょう。身体を休める場所なので、運んでいる途中で汚れたりすると衛生的によくありません。必ず、何かしらでカバーして運びましょう。

マットレスを梱包する方法は、以下4つの素材があります。

  • プチプチ
  • 大型ラップ
  • シーツ
  • 毛布

プチプチや大型ラップはホームセンターで購入できます。シーツや毛布は使い古したもので、捨ててもいいものを使いましょう。ウレタンマットレスをお持ちの方は、購入時のように圧縮すれば運びやすいと思ってしまいますが、圧縮はおすすめできません。ウレタンマットレスの圧縮は特別な技術を使っており、布団袋と布団圧縮機を使って圧縮しても元の形に戻らず、マットレスの機能を低下させてしまう可能性があるからです。

マットレスを梱包したら、次は搬送経路の確保です。寝室からレンタカーを駐車している場所までの経路を事前に確認し、以下のような搬送にしくい箇所を把握しておきます。

  • 通路に置いておる物
  • ドア
  • 曲がり角
  • エレベーター
  • 階段

まず、搬送経路に置いてある物をどかしておき、スペースを確保しておきましょう。曲がり角やドアはマットレスを縦にして運べば、ほぼ問題なく通過できます。エレベーターで地上に降りる際は、マットレスが入るかどうか事前にエレベーターのサイズを確認しておきます。もし階段で運ぶ場合は、必ず2人以上で運んでください。階段は横に倒して、踊り場は縦にして運べば、スムーズに運び出せます。

運転できないなら引越し業者に搬送してもらう

自分で車を運転して運び出せない方や、クイーンサイズ以上のマットレスをお持ちの方は、引っ越し業者に依頼しましょう。レンタカーより料金は高くなってしまいますが、その分他の荷物と一緒に運んでくれたり、荷造りや荷解きもお願いできるのでとても便利です。

引っ越し料金は、以下の要素によって変動します。

  • 時期:閑散期は安く、繁忙期は高くなる
  • 引越しの距離:同一都道府県内なら安く、県外へ出ると高くなる
  • 荷物の量:運ぶ荷物が多いほど、高くなる
  • お願いする範囲:荷造り・荷解きをお願いすると料金が加算

繁忙期でも閑散期でもない時期で、同一都道府県内の料金相場は以下の通りです。あくまで目安なので、参考程度に留めてください。

  • ワンルーム(1人ぐらし):35000円
  • 2人暮らし:45000円
  • 家族:65000円

ベッドだけ運びたい場合、単身パックを利用すれば安い費用で運搬できるかもしれません。しかし、規定のサイズに合わなかったり、サイズ自体が足りない可能性があります。こちらも事前に運び出せるサイズを確認しておきましょう。 引っ越し業者にお願いすれば、プロが手際良く家具や食器を運び出してくれるので、安心・安全に引っ越しが完了します。マットレスだけでなく、他の家具を運び出すのも難しいと感じた方は、引っ越し業者に料金の見積もりをお願いしましょう。

引っ越し時のマットレスの
運び方は2つ

引っ越し時のマットレスの運び方は2つ

引っ越し時のマットレスの運び方は、レンタカーもしくは引っ越し業者に依頼の2つのみです。それぞれ、どのような方に適しているか解説していきます。

ダブルまでならレンタカーを使って自分で運べる

お持ちのマットレスがセミダブルやダブルサイズまでなら、レンタカーで運べます。6人乗りができるミニバン車の場合、室内幅は140cm〜160cmに対して、一般的なダブルベッドの幅が140cmなので、後部座席を折りたためば入れることができます。

ただし、車種によっては奥行きが足りず、入らない場合があります。サイズに関わらずマットレスの長さは約2mなので、後部座席を折りたたんだ状態で2m以上のスペースがある車をレンタルしましょう。基本的にワゴンタイプの車を選べば、問題なくマットレスは入ります。

レンタカーでマットレスを運搬する際は、必ず他の人の手を借りるようにしましょう。スプリングマットレスや高反発マットレスは20kg以上の重さがあり、自力で運ぶのは難しいです。無理に運ぶと腰や背中を痛めたり、段差や周りの物が見えずにぶつかって怪我をしてしまいます。とくに、マンションの上層階から運び出す際は階段もあって大変危険です。

また、マットレス以外に他の家具や食器も一緒に運ぶと、後部座席が荷物でいっぱいになり、後ろ側の窓が見えなくなる可能性があります。運転に自信がない方は、マットレスのみ運んでみたり、運転に慣れている人にお任せすると安全です。

レンタカーで運び出す際の搬送方法

実際にレンタカーでマットレスを搬送する際は、あらかじめ梱包して運び出しましょう。身体を休める場所なので、運んでいる途中で汚れたりすると衛生的によくありません。必ず、何かしらでカバーして運びましょう。

マットレスを梱包する方法は、以下4つの素材があります。

  • プチプチ
  • 大型ラップ
  • シーツ
  • 毛布

プチプチや大型ラップはホームセンターで購入できます。シーツや毛布は使い古したもので、捨ててもいいものを使いましょう。ウレタンマットレスをお持ちの方は、購入時のように圧縮すれば運びやすいと思ってしまいますが、圧縮はおすすめできません。ウレタンマットレスの圧縮は特別な技術を使っており、布団袋と布団圧縮機を使って圧縮しても元の形に戻らず、マットレスの機能を低下させてしまう可能性があるからです。

マットレスを梱包したら、次は搬送経路の確保です。寝室からレンタカーを駐車している場所までの経路を事前に確認し、以下のような搬送にしくい箇所を把握しておきます。

  • 通路に置いておる物
  • ドア
  • 曲がり角
  • エレベーター
  • 階段

まず、搬送経路に置いてある物をどかしておき、スペースを確保しておきましょう。曲がり角やドアはマットレスを縦にして運べば、ほぼ問題なく通過できます。エレベーターで地上に降りる際は、マットレスが入るかどうか事前にエレベーターのサイズを確認しておきます。もし階段で運ぶ場合は、必ず2人以上で運んでください。階段は横に倒して、踊り場は縦にして運べば、スムーズに運び出せます。

運転できないなら引越し業者に搬送してもらう

自分で車を運転して運び出せない方や、クイーンサイズ以上のマットレスをお持ちの方は、引っ越し業者に依頼しましょう。レンタカーより料金は高くなってしまいますが、その分他の荷物と一緒に運んでくれたり、荷造りや荷解きもお願いできるのでとても便利です。

引っ越し料金は、以下の要素によって変動します。

  • 時期:閑散期は安く、繁忙期は高くなる
  • 引越しの距離:同一都道府県内なら安く、県外へ出ると高くなる
  • 荷物の量:運ぶ荷物が多いほど、高くなる
  • お願いする範囲:荷造り・荷解きをお願いすると料金が加算

繁忙期でも閑散期でもない時期で、同一都道府県内の料金相場は以下の通りです。あくまで目安なので、参考程度に留めてください。

  • ワンルーム(1人ぐらし):35000円
  • 2人暮らし:45000円
  • 家族:65000円

ベッドだけ運びたい場合、単身パックを利用すれば安い費用で運搬できるかもしれません。しかし、規定のサイズに合わなかったり、サイズ自体が足りない可能性があります。こちらも事前に運び出せるサイズを確認しておきましょう。 引っ越し業者にお願いすれば、プロが手際良く家具や食器を運び出してくれるので、安心・安全に引っ越しが完了します。マットレスだけでなく、他の家具を運び出すのも難しいと感じた方は、引っ越し業者に料金の見積もりをお願いしましょう。

どうしても運び出しが難しいならマットレスを処分するのも手

どうしても運び出しが難しいならマットレスを処分するのも手

レンタカーと引っ越し業者、どちらの方法でも運び出すのが難しいと感じた方は、マットレスを分解して処分するのを検討してみましょう。運び出しにくいマットレスは、あえて処分すれば引っ越しも簡単です。

マットレスの処分方法は以下の4つが挙げられます。

  • 自治体に粗大ゴミとして出す
  • 廃品回収業者に渡す
  • リサイクルショップやフリマアプリで売る
  • 自分で解体して一般ゴミとして出す

どうしても運び出しが難しいならマットレスを処分するのも手

どうしても運び出しが難しいならマットレスを処分するのも手

レンタカーと引っ越し業者、どちらの方法でも運び出すのが難しいと感じた方は、マットレスを分解して処分するのを検討してみましょう。運び出しにくいマットレスは、あえて処分すれば引っ越しも簡単です。

マットレスの処分方法は以下の4つが挙げられます。

  • 自治体に粗大ゴミとして出す
  • 廃品回収業者に渡す
  • リサイクルショップやフリマアプリで売る
  • 自分で解体して一般ゴミとして出す

1番簡単なのは引っ越しを機にマットレスを買い替えること

1番簡単なのは引っ越しを機にマットレスを買い替えること

マットレスの運び出しは大変です。マットレスの運搬は、レンタカーもしくは引っ越し業者の2つしかありません。どちらの方法も難しいと感じた方は、マットレスを処分して新しいマットレスに買い替えるのが最も簡単です。 もし「ずっと使って古いから、引っ越しを機に処分して買い替えよう」とお考えの方は、新しいマットレスとしてエマのマットレスを試してみませんか?人体工学に基づいて設計されており、通気性や反発性、寝返りしやすさを兼ね備えています。圧縮した本体を丸めて梱包しているので、女性でも簡単に搬入可能です。

100日間のお試し期間も設けていますので、新居での快適な睡眠時間は、エマ・マットレスで過ごしみてはいかがでしょうか?

1番簡単なのは引っ越しを機にマットレスを買い替えること

1番簡単なのは引っ越しを機にマットレスを買い替えること

マットレスの運び出しは大変です。マットレスの運搬は、レンタカーもしくは引っ越し業者の2つしかありません。どちらの方法も難しいと感じた方は、マットレスを処分して新しいマットレスに買い替えるのが最も簡単です。 もし「ずっと使って古いから、引っ越しを機に処分して買い替えよう」とお考えの方は、新しいマットレスとしてエマのマットレスを試してみませんか?人体工学に基づいて設計されており、通気性や反発性、寝返りしやすさを兼ね備えています。圧縮した本体を丸めて梱包しているので、女性でも簡単に搬入可能です。

100日間のお試し期間も設けていますので、新居での快適な睡眠時間は、エマ・マットレスで過ごしみてはいかがでしょうか?