マットレスの捨て方は?簡単な処分方法

マットレスの捨て方は?簡単な処分方法

マットレスや布団を新しいものと買い換えたいのに、古い寝具の処分に困っていませんか?この記事では、古くなったマットレスの6つの処分方法について、費用や手間も含めて詳しく解説しています。マットレスの処分にまつわる悩みを解決し、次のマットレス選びにも役立てましょう。

目次

  • どこに頼めばいい?マットレスの捨て方6種類
  • 新品購入時に引き取りサービスがあれば利用する
  • まだ使えそうならリサイクルショップやフリマアプリで売る
  • 自治体に粗大ゴミとして出す
  • 廃品回収業者に依頼する
  • 自分で分解して一般ゴミとして出す
  • 引っ越し業者に相談する
  • マットレスは5年使ったら買い替えを考える
  • 買い替えるなら処分しやすいウレタンマットレスがおすすめ

マットレスの捨て方は?
簡単な処分方法

マットレスの捨て方は?簡単な処分方法

マットレスや布団を新しいものと買い換えたいのに、古い寝具の処分に困っていませんか?この記事では、古くなったマットレスの6つの処分方法について、費用や手間も含めて詳しく解説しています。マットレスの処分にまつわる悩みを解決し、次のマットレス選びにも役立てましょう。

目次

  • どこに頼めばいい?マットレスの捨て方6種類
  • 新品購入時に引き取りサービスがあれば利用する
  • まだ使えそうならリサイクルショップやフリマアプリで売る
  • 自治体に粗大ゴミとして出す
  • 廃品回収業者に依頼する
  • 自分で分解して一般ゴミとして出す
  • 引っ越し業者に相談する
  • マットレスは5年使ったら買い替えを考える
  • 買い替えるなら処分しやすいウレタンマットレスがおすすめ

どこに頼めばいい?マットレスの捨て方6種類

どこに頼めばいい?マットレスの捨て方6種類

マットレスを処分するには、以下の6つの方法があります。上から実践しやすい順番で並べています。

  • マットレス引き取りサービスを使う
  • リサイクルショップ、フリマアプリで売る
  • 自治体に粗大ゴミとして出す
  • 廃品回収業者に依頼する
  • 自分で分解して一般ゴミとして出す
  • 引っ越し業者に相談する

各処分方法の特徴を、「費用」「時間」「手間」の3つで比較してみました。それぞれ一つずつ詳しく解説していきます。

費用時間手間
引き取りサービス×
リサイクルショップ・フリマアプリ × ×
自治体(粗大ゴミ)
廃品回収業者×
自分で分解×
引っ越し業者

どこに頼めばいい?
マットレスの捨て方6種類

どこに頼めばいい?マットレスの捨て方6種類

マットレスを処分するには、以下の6つの方法があります。上から実践しやすい順番で並べています。

  • マットレス引き取りサービスを使う
  • リサイクルショップ、フリマアプリで売る
  • 自治体に粗大ゴミとして出す
  • 廃品回収業者に依頼する
  • 自分で分解して一般ゴミとして出す
  • 引っ越し業者に相談する

各処分方法の特徴を、「費用」「時間」「手間」の3つで比較してみました。それぞれ一つずつ詳しく解説していきます。

費用時間手間
引き取りサービス×
リサイクルショップ・フリマアプリ × ×
自治体(粗大ゴミ)
廃品回収業者×
自分で分解×
引っ越し業者

新品購入時に引き取りサービスがあれば利用する

新品購入時に引き取りサービスがあれば利用する

引き取りサービスは、新しいマットレスの配達と同時に、お部屋から古いマットレスを回収してくれるサービスです。自分で運ぶ手間も、マットレスの処分まで待つ必要もありません。

条件に合えば大変便利なサービスです。マットレスの買い替えと同時に処分する場合は、新品を購入したお店に引き取りサービスがあるか確認してみましょう。


具体的な手順は以下の通りです。

  • 新たに購入する店舗・メーカーで古いマットレスの引き取りサービスをしているか確認する
  • 新品購入時に引き取りを依頼する
  • 配達日にはマットレスを運び出せるようにシーツなどを外して準備しておく
  • 当日は立会いのもと、新品を搬入してもらい、マットレスを引き取ってもらう

費用

マットレスメーカー・ショップにもよりますが、無料~1万円程度
※そのお店で新規のマットレスを購入した場合に限ります

時間

基本的には、新品購入時に古いマットレスを引き渡すため、所要時間は0分です。

手間

購入時に依頼するだけで、自分で運んだりする手間はありません。

注意点

マットレスの引き取りサービスは、あくまで新品のマットレスを購入した場合に利用できるサービスです。処分や下取りだけのお願いはできません。 引き取りサービスを行っていても、脚付きマットレスなど部屋から出せないマットレスの回収については、別料金が上乗せされたり回収対象外となっていたりします。事前に条件をしっかり確認しましょう。 料金がかかる場合は、自治体に粗大ゴミとして出す、廃品回収業者に出すケースも併せて検討してみてください。

新品購入時に引き取りサービスがあれば利用する

新品購入時に引き取りサービスがあれば利用する

引き取りサービスは、新しいマットレスの配達と同時に、お部屋から古いマットレスを回収してくれるサービスです。自分で運ぶ手間も、マットレスの処分まで待つ必要もありません。

条件に合えば大変便利なサービスです。マットレスの買い替えと同時に処分する場合は、新品を購入したお店に引き取りサービスがあるか確認してみましょう。


具体的な手順は以下の通りです。

  • 新たに購入する店舗・メーカーで古いマットレスの引き取りサービスをしているか確認する
  • 新品購入時に引き取りを依頼する
  • 配達日にはマットレスを運び出せるようにシーツなどを外して準備しておく
  • 当日は立会いのもと、新品を搬入してもらい、マットレスを引き取ってもらう

費用

マットレスメーカー・ショップにもよりますが、無料~1万円程度
※そのお店で新規のマットレスを購入した場合に限ります

時間

基本的には、新品購入時に古いマットレスを引き渡すため、所要時間は0分です。

手間

購入時に依頼するだけで、自分で運んだりする手間はありません。

注意点

マットレスの引き取りサービスは、あくまで新品のマットレスを購入した場合に利用できるサービスです。処分や下取りだけのお願いはできません。 引き取りサービスを行っていても、脚付きマットレスなど部屋から出せないマットレスの回収については、別料金が上乗せされたり回収対象外となっていたりします。事前に条件をしっかり確認しましょう。 料金がかかる場合は、自治体に粗大ゴミとして出す、廃品回収業者に出すケースも併せて検討してみてください。

まだ使えそうならリサイクルショップやフリマアプリで売る

まだ使えそうならリサイクルショップやフリマアプリで売る

マットレスがまだ新しくて使えそうだったり、ブランドものだったりする場合は、リサイクルショップやフリマアプリで売るのも一つの手。 再利用してくれる買い手が見つかれば、古いマットレスを処分しつつ、新しいマットレスを買うお金の足しにもできます。 リサイクルショップとフリマアプリの手順は、それぞれ以下の通りです。

▼リサイクルショップで売る場合

  • お近くのリサイクルショップに連絡して見積もりを出す
  • お店にマットレスを持っていき査定してもらう
  • 金額に納得したら買取手続きを行う

▼フリマアプリを使って売る場合

  • マットレスの写真と詳細情報、金額を載せて出品
  • 買い手が見つかるまで待つ
  • 購入されたら、フリマアプリの指示に従って梱包して発送する
  • マットレスが購入者に届いたら取引完了の手続きを行う

費用

リサイクルショップの場合は、費用はかかりません。 フリマアプリの場合は、買取価格からアプリの手数料と、送料負担の場合は配送料を買取価格から差し引きます。

手間

リサイクルショップの場合、持ち込みと出張買取があります。 持ち込みの場合はお店までマットレスを運ぶ必要があるので、車や軽トラックが必要です。出張買取の場合は、その分買取価格が低くなったり、マットレスの運び出しを行ってくれない場合もあります。

フリマアプリを使う場合は、マットレスの梱包と発送手続きの手配を自分でしなくてはなりません。特にマットレスのような大型家具は、通常の発送方法と異なります。

いずれの方法についても事前に確認しておきましょう。

注意点

マットレスの販売価格の目安は一般的に5,000円〜100,000円です。 使用年数、状態、ブランド、サイズによって大きく変わります。 リサイクルショップは、買い取ってくれるお店がいれば当日に売却できますが、フリマアプリは買い手が見つかるまで待たないといけません。 売れない場合は、処分したいマットレスをずっと部屋に置いておかなくてはなりません。早く処分したい場合は、必要に応じて他の処分方法を検討しましょう。

以下の記事で、マットレスの正しい売り方を解説しています。お持ちのマットレスを確実に売りたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

参考:マットレスは売れる?高く買取してもらうには(準備中)

まだ使えそうならリサイクルショップやフリマアプリで売る

まだ使えそうならリサイクルショップやフリマアプリで売る

マットレスがまだ新しくて使えそうだったり、ブランドものだったりする場合は、リサイクルショップやフリマアプリで売るのも一つの手。 再利用してくれる買い手が見つかれば、古いマットレスを処分しつつ、新しいマットレスを買うお金の足しにもできます。 リサイクルショップとフリマアプリの手順は、それぞれ以下の通りです。

▼リサイクルショップで売る場合

  • お近くのリサイクルショップに連絡して見積もりを出す
  • お店にマットレスを持っていき査定してもらう
  • 金額に納得したら買取手続きを行う

▼フリマアプリを使って売る場合

  • マットレスの写真と詳細情報、金額を載せて出品
  • 買い手が見つかるまで待つ
  • 購入されたら、フリマアプリの指示に従って梱包して発送する
  • マットレスが購入者に届いたら取引完了の手続きを行う

費用

リサイクルショップの場合は、費用はかかりません。 フリマアプリの場合は、買取価格からアプリの手数料と、送料負担の場合は配送料を買取価格から差し引きます。

手間

リサイクルショップの場合、持ち込みと出張買取があります。 持ち込みの場合はお店までマットレスを運ぶ必要があるので、車や軽トラックが必要です。出張買取の場合は、その分買取価格が低くなったり、マットレスの運び出しを行ってくれない場合もあります。

フリマアプリを使う場合は、マットレスの梱包と発送手続きの手配を自分でしなくてはなりません。特にマットレスのような大型家具は、通常の発送方法と異なります。

いずれの方法についても事前に確認しておきましょう。

注意点

マットレスの販売価格の目安は一般的に5,000円〜100,000円です。 使用年数、状態、ブランド、サイズによって大きく変わります。 リサイクルショップは、買い取ってくれるお店がいれば当日に売却できますが、フリマアプリは買い手が見つかるまで待たないといけません。 売れない場合は、処分したいマットレスをずっと部屋に置いておかなくてはなりません。早く処分したい場合は、必要に応じて他の処分方法を検討しましょう。

以下の記事で、マットレスの正しい売り方を解説しています。お持ちのマットレスを確実に売りたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

参考:マットレスは売れる?高く買取してもらうには(準備中)

自治体に粗大ゴミとして出す

自治体に粗大ゴミとして出す

マットレスを処分する一般的な方法は、自治体に粗大ゴミとして出すことです。費用を抑えつつ、処分も比較的簡単です。自治体によって多少異なりますが、具体的な手順は以下の通りです。

  • お住まいの自治体でマットレスが粗大ゴミとして出せるか確認
  • ネットもしくは電話で粗大ゴミを出す旨を自治体に連絡
  • コンビニ等で「粗大ゴミ処理手数料券」を購入
  • 処理手数料券に必要事項を記入し、マットレスに貼り付け
  • 回収日の指定時間までに、指定された場所にマットレスを出す

費用

自治体によって異なりますが、おおむね以下の価格帯です。 ノンコイルマットレス:400〜1,000円 コイルマットレス:1,500〜5,000円

時間

数日〜数週間(回収指定日によって変動)

手間

自治体に事前連絡を出した上で、粗大ゴミ処理手数料券を買いに行く必要があります。手数料券は、最寄りのスーパーやコンビニで購入可能です。また、寝室からゴミ集積所まで、自力でマットレスを運び出さないといけません。ただ、自治体によって運び出しサービスがある場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

注意点

自治体によっては、マットレスを粗大ゴミとして受付していない場合があります。自治体のWebサイトで自分のマットレスが粗大ゴミとして出せるかどうか確認してみてください。料金は、マットレスのサイズや素材によって変わります。あらかじめマットレスの大きさを測っておくとスムーズでしょう。

自治体に粗大ゴミとして出す

自治体に粗大ゴミとして出す

マットレスを処分する一般的な方法は、自治体に粗大ゴミとして出すことです。費用を抑えつつ、処分も比較的簡単です。自治体によって多少異なりますが、具体的な手順は以下の通りです。

  • お住まいの自治体でマットレスが粗大ゴミとして出せるか確認
  • ネットもしくは電話で粗大ゴミを出す旨を自治体に連絡
  • コンビニ等で「粗大ゴミ処理手数料券」を購入
  • 処理手数料券に必要事項を記入し、マットレスに貼り付け
  • 回収日の指定時間までに、指定された場所にマットレスを出す

費用

自治体によって異なりますが、おおむね以下の価格帯です。 ノンコイルマットレス:400〜1,000円 コイルマットレス:1,500〜5,000円

時間

数日〜数週間(回収指定日によって変動)

手間

自治体に事前連絡を出した上で、粗大ゴミ処理手数料券を買いに行く必要があります。手数料券は、最寄りのスーパーやコンビニで購入可能です。また、寝室からゴミ集積所まで、自力でマットレスを運び出さないといけません。ただ、自治体によって運び出しサービスがある場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

注意点

自治体によっては、マットレスを粗大ゴミとして受付していない場合があります。自治体のWebサイトで自分のマットレスが粗大ゴミとして出せるかどうか確認してみてください。料金は、マットレスのサイズや素材によって変わります。あらかじめマットレスの大きさを測っておくとスムーズでしょう。

廃品回収業者に依頼する

廃品回収業者に依頼する

引き取りサービスや自治体でのマットレスの処分ができない場合は、廃品回収業者や不用品回収業者にお願いしてみましょう。電話一本で指定した場所まで回収してくれるので、自治体に粗大ごみとして出すよりも簡単です。

費用

マットレスのサイズや業者によって変動しますが、目安は5,000円〜15,000円ほどです。マットレスのほかにも不用品がある場合には、車両に乗る分はまとめて引き取ってくれます。

時間

当日〜数日(業者によって時間指定も可)

手間

電話一本、もしくはWebから手配できるので、最も簡単な処分方法です。 業者がマットレスを搬出してくれるので、自分の力ではマットレスを運べない人も処分が簡単にできます。

注意点

業者によって処分料金が大きく変わるので、事前の見積もりをお願いしましょう。場合によっては不当な金額を請求してくる業者もいるので注意が必要です。

廃品回収業者に依頼する

廃品回収業者に依頼する

引き取りサービスや自治体でのマットレスの処分ができない場合は、廃品回収業者や不用品回収業者にお願いしてみましょう。電話一本で指定した場所まで回収してくれるので、自治体に粗大ごみとして出すよりも簡単です。

費用

マットレスのサイズや業者によって変動しますが、目安は5,000円〜15,000円ほどです。マットレスのほかにも不用品がある場合には、車両に乗る分はまとめて引き取ってくれます。

時間

当日〜数日(業者によって時間指定も可)

手間

電話一本、もしくはWebから手配できるので、最も簡単な処分方法です。 業者がマットレスを搬出してくれるので、自分の力ではマットレスを運べない人も処分が簡単にできます。

注意点

業者によって処分料金が大きく変わるので、事前の見積もりをお願いしましょう。場合によっては不当な金額を請求してくる業者もいるので注意が必要です。

自分で分解して一般ゴミとして出す

自治体に粗大ゴミとして出す

「粗大ゴミとして処分する費用がかかったり、売るにしても手続きが面倒…」という方は、最終手段として自らマットレスを分解して一般ごみとして出す方法があります。例えばウレタンマットレスの場合、以下の方法で処分が可能です。

  • マットレスのカバーを外す
  • カッターやハサミ、パン切り包丁でウレタンに切れ込みを入れる
  • 切れ込みから手でちぎって分解する
  • ゴミ袋にまとめて自治体のゴミ分別に従って出す

費用

一般ごみとして出すので、費用はかかりません。解体のための工具、ゴミ出しのための袋を購入した場合は、その料金がかかります。

時間

マットレスの種類やサイズによってかかる時間が変わります。

●ウレタン・ラテックスマットレス:1時間〜4時間程度
●スプリングマットレス:1日~10日程度

手間

ウレタンやファイバー、ラテックスなどノンコイルのマットレスは、比較的簡単に分解できます。 しかし、ボンネルコイル・ポケットコイルは、コイルやスプリングが硬い素材のため、家庭用のハサミでは分解するのは難しいです。 ニッパーやノコギリなどの専用の工具を購入すると、廃品回収業者に依頼するよりも費用がかかる場合も。事前に廃品回収業者に見積もりを取って比較しましょう。

注意点

実際に分解する際は、必ずマスクと手袋を装着しましょう。マットレスの中には埃やハウスダストが溜まっているので、吸い込んでしまうと呼吸器疾患を患ってしまう可能性があります。 ダニやノミが潜んでいる場合もあるので、解体中に噛まれないように注意してください。可能であれば、室内ではなく外で解体するのが望ましいです。 また、硬い素材をカッターやハサミで無理に分解しようとすると怪我してしまうおそれがあります。分解が難しいと感じたら、自治体か廃品回収業者にお願いしましょう。

自分で分解して一般ゴミとして出す

自治体に粗大ゴミとして出す

「粗大ゴミとして処分する費用がかかったり、売るにしても手続きが面倒…」という方は、最終手段として自らマットレスを分解して一般ごみとして出す方法があります。例えばウレタンマットレスの場合、以下の方法で処分が可能です。

  • マットレスのカバーを外す
  • カッターやハサミ、パン切り包丁でウレタンに切れ込みを入れる
  • 切れ込みから手でちぎって分解する
  • ゴミ袋にまとめて自治体のゴミ分別に従って出す

費用

一般ごみとして出すので、費用はかかりません。解体のための工具、ゴミ出しのための袋を購入した場合は、その料金がかかります。

時間

マットレスの種類やサイズによってかかる時間が変わります。

●ウレタン・ラテックス:1時間〜4時間程度

●スプリング:1日~10日程度

手間

ウレタンやファイバー、ラテックスなどノンコイルのマットレスは、比較的簡単に分解できます。 しかし、ボンネルコイル・ポケットコイルは、コイルやスプリングが硬い素材のため、家庭用のハサミでは分解するのは難しいです。 ニッパーやノコギリなどの専用の工具を購入すると、廃品回収業者に依頼するよりも費用がかかる場合も。事前に廃品回収業者に見積もりを取って比較しましょう。

注意点

実際に分解する際は、必ずマスクと手袋を装着しましょう。マットレスの中には埃やハウスダストが溜まっているので、吸い込んでしまうと呼吸器疾患を患ってしまう可能性があります。 ダニやノミが潜んでいる場合もあるので、解体中に噛まれないように注意してください。可能であれば、室内ではなく外で解体するのが望ましいです。 また、硬い素材をカッターやハサミで無理に分解しようとすると怪我してしまうおそれがあります。分解が難しいと感じたら、自治体か廃品回収業者にお願いしましょう。

引っ越し業者に相談する

引っ越し業者に相談する

引っ越しと同時にマットレスの処分を考えている場合は、引っ越しを依頼する業者に相談してみましょう。マットレスなど不用品の引き取りを行っている場合があります。処分ではなく買取対応してくれる業者もあるので、引越し相談している業者で利用できるかチェックしてみましょう。

費用

マットレスのサイズや、他にも処分したい家具がある場合などで変わりますが、5,000〜10,000円ほどです。 引っ越しの見積もり時に確認しましょう。

時間

引っ越しの荷送時に一緒に運び出すので、所要時間はかかりません。

手間

引っ越し業者が家具と一緒に運び出してくれるので、手間もかかりません。

注意点

近年、不用品処分サービスを取りやめる引っ越し業者も増えています。 ご依頼予定の業者がこのサービスを行っていない場合は、他の手段で事前にマットレスを処分しておく必要があります。サービスの有無について、必ず見積もり時に確認しておきましょう。

引っ越し業者に相談する

引っ越し業者に相談する

引っ越しと同時にマットレスの処分を考えている場合は、引っ越しを依頼する業者に相談してみましょう。マットレスなど不用品の引き取りを行っている場合があります。処分ではなく買取対応してくれる業者もあるので、引越し相談している業者で利用できるかチェックしてみましょう。

費用

マットレスのサイズや、他にも処分したい家具がある場合などで変わりますが、5,000〜10,000円ほどです。 引っ越しの見積もり時に確認しましょう。

時間

引っ越しの荷送時に一緒に運び出すので、所要時間はかかりません。

手間

引っ越し業者が家具と一緒に運び出してくれるので、手間もかかりません。

注意点

近年、不用品処分サービスを取りやめる引っ越し業者も増えています。 ご依頼予定の業者がこのサービスを行っていない場合は、他の手段で事前にマットレスを処分しておく必要があります。サービスの有無について、必ず見積もり時に確認しておきましょう。

マットレスは5年使ったら買い替えを考える

マットレスは5年使ったら買い替えを考える

マットレスの寿命は、以下のように素材によって異なりますが、一般的な目安は5年程度です。

  • 低反発ウレタン:3年〜5年
  • 高反発ウレタン:5年〜7年
  • ポケットコイル:7年〜9年
  • ボンネルコイル:8年〜10年
  • ファイバー:4年〜6年
  • ラテックス:6年〜8年

お持ちのマットレスが、購入してから5年以上経っている場合は、そろそろ寿命が近づいています。ただし、3万円以下の低価格帯のマットレスは、素材に関わらず3年までが限界です。

もし、お持ちのマットレスがすでに以下のような状態になっていたら、5年を待たずに買い替えを検討しましょう。

  • 起きてから長時間経っても凹んだまま
  • 起床時に身体が痛い
  • コイルマットレスからきしみ音が鳴る
  • 手で押すと以前より柔らかく感じる
  • カビが発生している

最近マットレスの寝心地が悪くなってきたなと感じてる方に向けて、お持ちのマットレスが寿命なのかどうかの具体的な判断基準を以下の記事で解説しています。 ぜひ参考にしてみてくださいね。

参考:マットレスの寿命は何年?5年経ったら交換時期(準備中)

マットレスは5年使ったら
買い替えを考える

マットレスは5年使ったら買い替えを考える

マットレスの寿命は、以下のように素材によって異なりますが、一般的な目安は5年程度です。

  • 低反発ウレタン:3年〜5年
  • 高反発ウレタン:5年〜7年
  • ポケットコイル:7年〜9年
  • ボンネルコイル:8年〜10年
  • ファイバー:4年〜6年
  • ラテックス:6年〜8年

お持ちのマットレスが、購入してから5年以上経っている場合は、そろそろ寿命が近づいています。ただし、3万円以下の低価格帯のマットレスは、素材に関わらず3年までが限界です。

もし、お持ちのマットレスがすでに以下のような状態になっていたら、5年を待たずに買い替えを検討しましょう。

  • 起きてから長時間経っても凹んだまま
  • 起床時に身体が痛い
  • コイルマットレスからきしみ音が鳴る
  • 手で押すと以前より柔らかく感じる
  • カビが発生している

最近マットレスの寝心地が悪くなってきたなと感じてる方に向けて、お持ちのマットレスが寿命なのかどうかの具体的な判断基準を以下の記事で解説しています。 ぜひ参考にしてみてくださいね。

参考:マットレスの寿命は何年?5年経ったら交換時期(準備中)

買い替えるなら処分しやすいウレタンマットレスがおすすめ

マットレスは5年使ったら買い替えを考える

マットレスは消耗品です。新しく買い替えたとしても、また寿命を迎えたら処分しなくてはいけません。処分の手間を考えると、次のマットレスはノンコイルのマットレスがおすすめです。もし自分で分解して処分しなくてはならないとなった場合も、他の素材のマットレスに比べて簡単に捨てられます。

エマのマットレスは、10年保証の高反発ウレタンマットレス。硬さ・反発力の異なる素材を重ねることで、寝返りのしやすさと耐久性を両立させました。ウレタン素材なので、ご自身の手で処分することも簡単。100日間のお試し期間も設けていますので、購入後もし身体に合わない場合は、無料で返品できます。新しいマットレス候補として、ぜひご検討ください。

買い替えるなら処分しやすい
ウレタンマットレスがおすすめ

マットレスは5年使ったら買い替えを考える

マットレスは消耗品です。新しく買い替えたとしても、また寿命を迎えたら処分しなくてはいけません。処分の手間を考えると、次のマットレスはノンコイルのマットレスがおすすめです。もし自分で分解して処分しなくてはならないとなった場合も、他の素材のマットレスに比べて簡単に捨てられます。

エマのマットレスは、10年保証の高反発ウレタンマットレス。硬さ・反発力の異なる素材を重ねることで、寝返りのしやすさと耐久性を両立させました。ウレタン素材なので、ご自身の手で処分することも簡単。100日間のお試し期間も設けていますので、購入後もし身体に合わない場合は、無料で返品できます。新しいマットレス候補として、ぜひご検討ください。