マットレス全4種類の違いは?自分に合う素材の選び方

マットレス全4種類の違いは?自分に合う素材の選び方

快眠のためのマットレスが欲しいと思っても、種類が多すぎて結局どれを買ったらいいのかと迷ってしまいます。マットレスの種類は、あなたの体の悩みや使い方に合わせて選ぶことが大切です。今回の記事では、種類別のメリットやデメリットをわかりやすくご紹介します。この記事を参考にマットレスの種類を選んでみてくださいね。

目次

  • 全4種類のマットレスの性能比較
  • 自分に合うマットレスの選び方
  • 好みの寝心地に調整しやすいウレタンマットレスがおすすめ

マットレス全4種類の違いは?
自分に合う素材の選び方

マットレス全4種類の違いは?自分に合う素材の選び方

快眠のためのマットレスが欲しいと思っても、種類が多すぎて結局どれを買ったらいいのかと迷ってしまいます。マットレスの種類は、あなたの体の悩みや使い方に合わせて選ぶことが大切です。今回の記事では、種類別のメリットやデメリットをわかりやすくご紹介します。この記事を参考にマットレスの種類を選んでみてくださいね。

目次

  • 全4種類のマットレスの性能比較
  • 自分に合うマットレスの選び方
  • 好みの寝心地に調整しやすいウレタンマットレスがおすすめ

全4種類のマットレスの性能比較

全4種類のマットレスの性能比較

マットレスの種類は、大きく以下の4つの素材に分けられます。

  • ウレタンフォーム(スポンジ)
  • ファイバー(ポリエチレン樹脂)
  • ラテックス(天然ゴム)
  • コイル(スプリング)

使われている素材によって、メリットやデメリットは異なります。素材ごとの特徴がひと目でわかるよう、以下の表にまとめました。マットレスの種類を選ぶ時の参考にしてください。

体圧分散性反発力通気性お手入れ揺れにくさ
ウレタン
ファイバー
ラテックス
スプリング

※体圧分散性=体にかかる負担を分散する性質。体圧分散性が高いと、疲れが取れやすくなります。

マットレスの種類は「何を重視するか」で選んでください。重視する項目によって、以下のように選ぶ種類が決まります。

  • 手軽さ重視:ウレタンフォーム
  • 衛生面重視:ファイバー
  • フィット感重視:ラテックス
  • 耐久性重視:スプリング

ここからはマットレスの特徴を素材別で詳細に解説します。

手軽さ重視ならウレタンフォーム

手軽さ重視ならウレタンフォーム

ウレタンフォームは主にスポンジに使われる素材で、厚みや重さがなく低価格なマットレスが多いです。品質の良いものでも、3万円程度で購入できます。折りたためるタイプが多く、収納性にも優れているので一人暮らし用のマットレスをお求めの人にもおすすめです。 ウレタンマットレスには高反発と低反発の2種類あります。どちらを選ぶかは、以下を参考にしてください。

  • 高反発:腰痛持ちや硬めの寝心地が好みの方
  • 低反発:フィット重視で柔らかめの寝心地が好みの方

ウレタン素材は蒸れやすく暑さを感じやすいので、夏はベッドマットや手触りの良いシーツを敷くと快適に眠れます。

衛生面重視ならファイバー(樹脂)

衛生面重視ならファイバー(樹脂)

丸ごと洗えるマットレスとして人気を高めているのが、ファイバー素材のマットレスです。お手入れがしやすく、常に清潔な状態を保てるので衛生面を重視する方におすすめします。カビやダニ対策ができる硬めの寝心地のマットレスです。

ファイバーは熱に弱い素材なので、湯たんぽを中に入れたり、暖房器具の近くに敷いたりして使うと、素材が溶けてしまう可能性があります。寒がりの人には向いていないかもしれません。

フィット感重視ならラテックス

フィット感重視ならラテックス

ラテックスは天然ゴムを使ったマットレスで、防虫効果や殺菌性のある素材です。柔らかいのに反発力のある素材で、体に負担をかけず包まれるような心地良さを体感できます。日本では馴染みのない素材ですが、自然に優しい素材を使っているためヨーロッパでは人気が高いです。

今まで紹介したウレタンやファイバー素材よりはやや高価なことが欠点です。柔らかくて体にフィットする寝心地が好みの方や、自然に優しいものを使いたいというこだわりの強い方に向いています。

耐久性重視ならスプリング

耐久性重視ならスプリング

複数のバネがマットレス内部に入っており、耐久性に優れているのがスプリングマットレスです。ホテルのベッドのほとんどは、スプリングベッドが導入されています。厚みがあり、6〜10年と寿命が長いのが魅力。耐久性を優先するなら、スプリングベッドがおすすめです。

スプリングマットレスは、ポケットコイルとボンネルコイルの2種類があります。ポケットコイルはスプリングが独立しており、体のラインにフィットする構造です。横揺れしないので複数人で寝る方に向いています。

一方、ボンネルコイルはスプリングが繋がっているのが特徴。頑丈な作りで、体の大きな方や体格の良い方が心地よく眠れるでしょう。 寝心地としてはボンネルコイルは硬めで、ポケットコイルは柔らかめ。総合的に判断して、どちらが身体に合いそうか検討してみてください。

全4種類のマットレスの性能比較

全4種類のマットレスの性能比較

マットレスの種類は、大きく以下の4つの素材に分けられます。

  • ウレタンフォーム(スポンジ)
  • ファイバー(ポリエチレン樹脂)
  • ラテックス(天然ゴム)
  • コイル(スプリング)

使われている素材によって、メリットやデメリットは異なります。素材ごとの特徴がひと目でわかるよう、以下の表にまとめました。マットレスの種類を選ぶ時の参考にしてください。

体圧分散性反発力通気性お手入れ揺れにくさ
ウレタン
ファイバ
|
ラテックス
スプリング

※体圧分散性=体にかかる負担を分散する性質。体圧分散性が高いと、疲れが取れやすくなります。

マットレスの種類は「何を重視するか」で選んでください。重視する項目によって、以下のように選ぶ種類が決まります。

  • 手軽さ重視:ウレタンフォーム
  • 衛生面重視:ファイバー
  • フィット感重視:ラテックス
  • 耐久性重視:スプリング

ここからはマットレスの特徴を素材別で詳細に解説します。

手軽さ重視ならウレタンフォーム

手軽さ重視ならウレタンフォーム

ウレタンフォームは主にスポンジに使われる素材で、厚みや重さがなく低価格なマットレスが多いです。品質の良いものでも、3万円程度で購入できます。折りたためるタイプが多く、収納性にも優れているので一人暮らし用のマットレスをお求めの人にもおすすめです。 ウレタンマットレスには高反発と低反発の2種類あります。どちらを選ぶかは、以下を参考にしてください。

  • 高反発:腰痛持ちや硬めの寝心地が好みの方
  • 低反発:フィット重視で柔らかめの寝心地が好みの方

ウレタン素材は蒸れやすく暑さを感じやすいので、夏はベッドマットや手触りの良いシーツを敷くと快適に眠れます。

衛生面重視ならファイバー(樹脂)

衛生面重視ならファイバー(樹脂)

丸ごと洗えるマットレスとして人気を高めているのが、ファイバー素材のマットレスです。お手入れがしやすく、常に清潔な状態を保てるので衛生面を重視する方におすすめします。カビやダニ対策ができる硬めの寝心地のマットレスです。

ファイバーは熱に弱い素材なので、湯たんぽを中に入れたり、暖房器具の近くに敷いたりして使うと、素材が溶けてしまう可能性があります。寒がりの人には向いていないかもしれません。

フィット感重視ならラテックス

フィット感重視ならラテックス

ラテックスは天然ゴムを使ったマットレスで、防虫効果や殺菌性のある素材です。柔らかいのに反発力のある素材で、体に負担をかけず包まれるような心地良さを体感できます。日本では馴染みのない素材ですが、自然に優しい素材を使っているためヨーロッパでは人気が高いです。

今まで紹介したウレタンやファイバー素材よりはやや高価なことが欠点です。柔らかくて体にフィットする寝心地が好みの方や、自然に優しいものを使いたいというこだわりの強い方に向いています。

耐久性重視ならスプリング

耐久性重視ならスプリング

複数のバネがマットレス内部に入っており、耐久性に優れているのがスプリングマットレスです。ホテルのベッドのほとんどは、スプリングベッドが導入されています。厚みがあり、6〜10年と寿命が長いのが魅力。耐久性を優先するなら、スプリングベッドがおすすめです。

スプリングマットレスは、ポケットコイルとボンネルコイルの2種類があります。ポケットコイルはスプリングが独立しており、体のラインにフィットする構造です。横揺れしないので複数人で寝る方に向いています。

一方、ボンネルコイルはスプリングが繋がっているのが特徴。頑丈な作りで、体の大きな方や体格の良い方が心地よく眠れるでしょう。 寝心地としてはボンネルコイルは硬めで、ポケットコイルは柔らかめ。総合的に判断して、どちらが身体に合いそうか検討してみてください。

自分に合うマットレスの選び方

自分に合うマットレスの選び方

どのマットレスの種類にするか、決まりましたか? もしまだお悩みなら以下3点の特徴に当てはまるものに絞ってみてください。これらはよく眠れる寝具に共通するので、迷ったらこちらの特徴で絞り込むことをおすすめします。

  • 厚みが10cm以上
  • 横幅が肩幅+60cm程度のサイズ
  • 実際に寝てリラックスできるか

なぜこれらの特徴が良い睡眠につながるかは、詳細記事で解説しています。快眠のために、マットレス選びにこだわりたい方はぜひ読んでみてください。

詳細:快眠できるマットレスの選び方は?よく眠れる寝具の条件

自分に合うマットレスの選び方

自分に合うマットレスの選び方

どのマットレスの種類にするか、決まりましたか? もしまだお悩みなら以下3点の特徴に当てはまるものに絞ってみてください。これらはよく眠れる寝具に共通するので、迷ったらこちらの特徴で絞り込むことをおすすめします。

  • 厚みが10cm以上
  • 横幅が肩幅+60cm程度のサイズ
  • 実際に寝てリラックスできるか

なぜこれらの特徴が良い睡眠につながるかは、詳細記事で解説しています。快眠のために、マットレス選びにこだわりたい方はぜひ読んでみてください。

詳細:快眠できるマットレスの選び方は?よく眠れる寝具の条件

好みの寝心地に調整しやすいウレタンマットレスがおすすめ

背中が痛くならない寝具の選び方

どのマットレスを選ぶか迷ったら、ウレタンマットレスをおすすめします。理由は以下の2つです。

  • 低価格でも品質の良いマットレスを選べる
  • 種類が豊富で、ニーズに合った商品を選びやすい

マットレスは長年使い続ける寝具なので、当然品質が高いものを選びたいですが、価格も抑えたいですよね。そんな高品質と低価格を両立しているのがウレタンです。

ウレタンマットレスは他と比べて種類が豊富なので、予算や好みに合わせたマットレスを選べる点が魅力。できれば高反発タイプがおすすめです。柔らかい寝心地を硬く変えるのは難しいので低反発より高反発マットレスがいいでしょう。寝心地が硬めなので、購入してからベッドパッドや敷きパッドで細かく硬さ調整できます。あなた好みの快適な寝心地を味わえるでしょう。

しかし、ウレタン素材は通気性が悪いという欠点があるため、湿気がたまりやすくカビやダニが心配になる方もいらっしゃるでしょう。そこでおすすめしたいのが、エマのマットレスです。

背中が痛くならない寝具の選び方

エマ・マットレスはウレタン素材にも関わらず、オープンセルという通気性の良い設計で作っているので、湿気を逃しやすい構造です。カバーを取り外して洗濯機で洗えるので清潔さを保ちやすく、毎日快適な寝心地を提供します。

エマのマットレスには、100日のお試し期間を設けています。もしも体に合わなくても、返品手数料も無料で返品・全額返金致します。

どのマットレスの種類にするか迷うより、実際に寝転んで寝心地を体感してみませんか?

好みの寝心地に調整しやすい
ウレタンマットレスがおすすめ

背中が痛くならない寝具の選び方

どのマットレスを選ぶか迷ったら、ウレタンマットレスをおすすめします。理由は以下の2つです。

  • 低価格でも品質の良いマットレスを選べる
  • 種類が豊富で、ニーズに合った商品を選びやすい

マットレスは長年使い続ける寝具なので、当然品質が高いものを選びたいですが、価格も抑えたいですよね。そんな高品質と低価格を両立しているのがウレタンです。

ウレタンマットレスは他と比べて種類が豊富なので、予算や好みに合わせたマットレスを選べる点が魅力。できれば高反発タイプがおすすめです。柔らかい寝心地を硬く変えるのは難しいので低反発より高反発マットレスがいいでしょう。寝心地が硬めなので、購入してからベッドパッドや敷きパッドで細かく硬さ調整できます。あなた好みの快適な寝心地を味わえるでしょう。

しかし、ウレタン素材は通気性が悪いという欠点があるため、湿気がたまりやすくカビやダニが心配になる方もいらっしゃるでしょう。そこでおすすめしたいのが、エマのマットレスです。

背中が痛くならない寝具の選び方

エマ・マットレスはウレタン素材にも関わらず、オープンセルという通気性の良い設計で作っているので、湿気を逃しやすい構造です。カバーを取り外して洗濯機で洗えるので清潔さを保ちやすく、毎日快適な寝心地を提供します。

エマのマットレスには、100日のお試し期間を設けています。もしも体に合わなくても、返品手数料も無料で返品・全額返金致します。

どのマットレスの種類にするか迷うより、実際に寝転んで寝心地を体感してみませんか?