快眠できるマットレスの選び方は?よく眠れる寝具の条件

快眠できるマットレスの選び方は?よく眠れる寝具の条件

せっかくマットレスを購入したのに、思ったほど寝心地が良くない。そう悩んでいる方も多いのではないでしょうか?快眠のためには、自分の体に合ったマットレスを選ぶことが大切です。

この記事では、快眠できるマットレスの条件や選び方を徹底解説します。この記事を参考に、あなたに合う最高の寝心地のマットレスを見つけてください。

目次

  • 快眠できるベッドマットレスの条件は?
  • よく眠れるマットレスの選び方
  • エマ・マットレスは快眠できる条件を満たしている

快眠できるマットレスの選び方は?
よく眠れる寝具の条件

快眠できるマットレスの選び方は?よく眠れる寝具の条件

せっかくマットレスを購入したのに、思ったほど寝心地が良くない。そう悩んでいる方も多いのではないでしょうか?快眠のためには、自分の体に合ったマットレスを選ぶことが大切です。

この記事では、快眠できるマットレスの条件や選び方を徹底解説します。この記事を参考に、あなたに合う最高の寝心地のマットレスを見つけてください。

目次

  • 快眠できるベッドマットレスの条件は?
  • よく眠れるマットレスの選び方
  • エマ・マットレスは快眠できる条件を満たしている

快眠できるベッドマットレスの条件は?

快眠できるベッドマットレスの条件は?

快眠するためのマットレスの条件は、以下の5つ。

  • 厚みが10cm以上
  • 横幅が肩幅+30cm以上のサイズ
  • 体格や寝る姿勢に合った硬さ
  • 通気性に優れ、清潔に使える素材
  • すぐにへたらない高い耐久性

この5つを満たすのが、熟睡できる理想のマットレスです。しかし、全てを満たすマットレスを探すのはなかなか難しいかもしれません。その場合は、最低でも上から3つの厚み・サイズ・硬さの基準を満たしたマットレスを探すようにしましょう。 快眠できるマットレスの条件を1つずつ説明します。

厚みが10cm以上

睡眠の質を上げるためには、10cm以上の厚みがあるマットレスを使ってください。薄いマットレスだと、床の上に直接寝ているような底つき感があります。底つき感があると、体に痛みを感じるため、寝心地が悪くなりやすいです。快適に眠るためには、マットレスに10cm以上の厚みがあるか、必ずチェックしましょう。

横幅が肩幅+30cm以上のサイズ

安眠のためには、睡眠中に20〜30回程度の寝返りが必要です。マットレスの横幅が肩幅よりも30cm以上広ければ、寝返りが楽に行えます。左右どちらに寝返りを打ってもマットレスから落ちる心配がなく、安心して眠れるでしょう。一般的な体型の肩幅サイズは38〜43cmなので、ほとんどの人はシングルサイズ(横幅97cm)で十分快適に眠れます。

寝相が悪い方や体格の良い方は、肩幅+40〜50cmの余裕のあるものがおすすめです。自分の肩幅や寝相の良さを考慮したマットレスを選ぶと、理想の睡眠環境に近づくことができるでしょう。

体格や寝る姿勢に合った硬さ

ぐっすりと眠るためには、体格や寝姿勢に合ったマットレスを使うことが重要です。睡眠の質を高めるために、リラックスした寝姿勢を維持できる硬さのマットレスで寝ましょう。

以下のように、体重に合わせた硬さにするのが理想的です。

  • 40kg以下:低反発や柔らかめ
  • 40〜60kg:普通の硬さ
  • 60kg以上:高反発や硬め

体重別でおすすめの素材や種類も変わります。自分の体重に合ったマットレスを探している方は、下の詳細記事もあわせてご確認ください。

詳細記事:体型に合うマットレスの選び方【体重40~100㎏超まで対応】(準備中)

なお、硬さは体重だけで決めるものではありません。寝姿勢も重要です。 横向きに寝ると、肩や腰などの出っ張った部位に負荷が集中します。マットレスが硬いと、肩や背中に痛みを感じるため、睡眠が浅くなったり肩こりを引き起こしたりします。普段の寝姿勢が横向きで寝ることが多いなら、肩や腰が適度に沈む柔らかめのマットレスがおすすめです。

一方、仰向けで寝ると、内臓や脂肪が腰を圧迫して沈みやすくなります。マットレスが柔らかいと腰が沈みすぎてしまうため、寝返りが打ちにくく、睡眠中ずっと腰や背中に負荷が集中してしまいます。普段から仰向けで寝ることが多いなら、腰の部分が沈みすぎない硬めのマットレスが良いでしょう。体重と寝姿勢を考慮した硬さにするとリラックスして眠れます。

通気性に優れ、清潔に使える素材

涼しく快適に眠り、かつマットレスを清潔に保つためには、通気性の良さは重要な条件です。通気性が悪いと蒸れやすいため、夏は非常に暑く感じてしまいます。また、湿気がたまりやすいので、マットレスにダニやカビが発生しやすくなります。

通気性が良い素材は、以下の3つ。

  • スプリング(ボンネルコイル)
  • ファイバー
  • ウレタン(オープンセル構造のもの)

ウレタンマットレスは、構造によって通気性の悪いものも存在します。ウレタン素材の内部には無数の気孔があります。通気性の悪いマットレスは、気孔がそれぞれ独立している「クローズドセル構造」です。反対に、気孔の穴が開いて繋がっている「オープンセル構造」であれば、通気性に優れています。ウレタンマットレスは構造に注目して選びましょう。

すぐにへたらない高い耐久性

耐久性の高さも、快眠のための条件の1つです。マットレスでぐっすり眠れない場合は、既にへたってしまったマットレスを使っている可能性があります。マットレスにへたりがあると、寝姿勢が不自然になるので腰痛や肩こりに悩まされやすいです。

耐久性が高いマットレスであるかどうかは、以下の項目でチェックできます。

  • 価格が3万円以上であるか
  • マットレスが複層構造になっているか

高価格のマットレスは良い素材を使っているため、へたりにくく耐久性が高い特徴があります。また、硬さの異なる素材を重ねた複層構造になっていると、衝撃や体重がうまく分散されるので寝心地が良く、かつ長持ちしやすいです。 耐久性が高いマットレスであれば、長期間安心して眠れます。

2人以上で寝るなら横揺れしない素材を

もし複数人で寝る場合には、マットレスの揺れが伝わりにくい素材がおすすめです。寝返りを打った時や後からベッドに入った時に、隣で寝ている人を起こさずに済みます。

横揺れしにくい素材は、以下の3つです。

  • スプリング(ポケットコイル)
  • ラテックス
  • ウレタン

2人以上で1つのマットレスに寝るなら、上記の素材を選ぶのがおすすめです。 心地よく眠りたい方は、できるだけ条件に沿うマットレスを選ぶようにしましょう。

快眠ベッドマットレスの条件は?

快眠できるベッドマットレスの条件は?

快眠するためのマットレスの条件は、以下の5つ。

  • 厚みが10cm以上
  • 横幅が肩幅+30cm以上のサイズ
  • 体格や寝る姿勢に合った硬さ
  • 通気性に優れ、清潔に使える素材
  • すぐにへたらない高い耐久性

この5つを満たすのが、熟睡できる理想のマットレスです。しかし、全てを満たすマットレスを探すのはなかなか難しいかもしれません。その場合は、最低でも上から3つの厚み・サイズ・硬さの基準を満たしたマットレスを探すようにしましょう。 快眠できるマットレスの条件を1つずつ説明します。

厚みが10cm以上

睡眠の質を上げるためには、10cm以上の厚みがあるマットレスを使ってください。薄いマットレスだと、床の上に直接寝ているような底つき感があります。底つき感があると、体に痛みを感じるため、寝心地が悪くなりやすいです。快適に眠るためには、マットレスに10cm以上の厚みがあるか、必ずチェックしましょう。

横幅が肩幅+30cm以上のサイズ

安眠のためには、睡眠中に20〜30回程度の寝返りが必要です。マットレスの横幅が肩幅よりも30cm以上広ければ、寝返りが楽に行えます。左右どちらに寝返りを打ってもマットレスから落ちる心配がなく、安心して眠れるでしょう。一般的な体型の肩幅サイズは38〜43cmなので、ほとんどの人はシングルサイズ(横幅97cm)で十分快適に眠れます。

寝相が悪い方や体格の良い方は、肩幅+40〜50cmの余裕のあるものがおすすめです。自分の肩幅や寝相の良さを考慮したマットレスを選ぶと、理想の睡眠環境に近づくことができるでしょう。

体格や寝る姿勢に合った硬さ

ぐっすりと眠るためには、体格や寝姿勢に合ったマットレスを使うことが重要です。睡眠の質を高めるために、リラックスした寝姿勢を維持できる硬さのマットレスで寝ましょう。

以下のように、体重に合わせた硬さにするのが理想的です。

  • 40kg以下:低反発や柔らかめ
  • 40〜60kg:普通の硬さ
  • 60kg以上:高反発や硬め

体重別でおすすめの素材や種類も変わります。自分の体重に合ったマットレスを探している方は、下の詳細記事もあわせてご確認ください。

詳細記事:体型に合うマットレスの選び方【体重40~100㎏超まで対応】(準備中)

なお、硬さは体重だけで決めるものではありません。寝姿勢も重要です。 横向きに寝ると、肩や腰などの出っ張った部位に負荷が集中します。マットレスが硬いと、肩や背中に痛みを感じるため、睡眠が浅くなったり肩こりを引き起こしたりします。普段の寝姿勢が横向きで寝ることが多いなら、肩や腰が適度に沈む柔らかめのマットレスがおすすめです。

一方、仰向けで寝ると、内臓や脂肪が腰を圧迫して沈みやすくなります。マットレスが柔らかいと腰が沈みすぎてしまうため、寝返りが打ちにくく、睡眠中ずっと腰や背中に負荷が集中してしまいます。普段から仰向けで寝ることが多いなら、腰の部分が沈みすぎない硬めのマットレスが良いでしょう。体重と寝姿勢を考慮した硬さにするとリラックスして眠れます。

通気性に優れ、清潔に使える素材

涼しく快適に眠り、かつマットレスを清潔に保つためには、通気性の良さは重要な条件です。通気性が悪いと蒸れやすいため、夏は非常に暑く感じてしまいます。また、湿気がたまりやすいので、マットレスにダニやカビが発生しやすくなります。

通気性が良い素材は、以下の3つ。

  • スプリング(ボンネルコイル)
  • ファイバー
  • ウレタン(オープンセル構造のもの)

ウレタンマットレスは、構造によって通気性の悪いものも存在します。ウレタン素材の内部には無数の気孔があります。通気性の悪いマットレスは、気孔がそれぞれ独立している「クローズドセル構造」です。反対に、気孔の穴が開いて繋がっている「オープンセル構造」であれば、通気性に優れています。ウレタンマットレスは構造に注目して選びましょう。

すぐにへたらない高い耐久性

耐久性の高さも、快眠のための条件の1つです。マットレスでぐっすり眠れない場合は、既にへたってしまったマットレスを使っている可能性があります。マットレスにへたりがあると、寝姿勢が不自然になるので腰痛や肩こりに悩まされやすいです。

耐久性が高いマットレスであるかどうかは、以下の項目でチェックできます。

  • 価格が3万円以上であるか
  • マットレスが複層構造になっているか

高価格のマットレスは良い素材を使っているため、へたりにくく耐久性が高い特徴があります。また、硬さの異なる素材を重ねた複層構造になっていると、衝撃や体重がうまく分散されるので寝心地が良く、かつ長持ちしやすいです。 耐久性が高いマットレスであれば、長期間安心して眠れます。

2人以上で寝るなら横揺れしない素材を

もし複数人で寝る場合には、マットレスの揺れが伝わりにくい素材がおすすめです。寝返りを打った時や後からベッドに入った時に、隣で寝ている人を起こさずに済みます。

横揺れしにくい素材は、以下の3つです。

  • スプリング(ポケットコイル)
  • ラテックス
  • ウレタン

2人以上で1つのマットレスに寝るなら、上記の素材を選ぶのがおすすめです。 心地よく眠りたい方は、できるだけ条件に沿うマットレスを選ぶようにしましょう。

よく眠れるマットレスの選び方

よく眠れるマットレスの選び方

快眠のためには、あなたの体に合ったマットレスを見つけることが大切です。

これまでの解説を元に、よく眠れるマットレスを探してみましょう。条件を満たしたマットレスであっても、自分に合うか確かめるためには、実際に寝てみて確認するのが一番です。 後悔しないマットレス選びのためにおすすめしたいのは「お試し期間」のあるマットレス。自宅の寝室の環境で、本当に快眠できるかどうかを試せます。 試用期間のあるマットレスを選ぶ場合は、体に合わないと感じた時の返品が簡単にできるものを選びましょう。

試用期間があるマットレスを選ぶ際のポイントは、別の記事で解説しています。併せてご覧ください。

詳細:【購入前に要確認】返品可能なマットレスの条件について

よく眠れるマットレスの選び方

よく眠れるマットレスの選び方

快眠のためには、あなたの体に合ったマットレスを見つけることが大切です。

これまでの解説を元に、よく眠れるマットレスを探してみましょう。条件を満たしたマットレスであっても、自分に合うか確かめるためには、実際に寝てみて確認するのが一番です。 後悔しないマットレス選びのためにおすすめしたいのは「お試し期間」のあるマットレス。自宅の寝室の環境で、本当に快眠できるかどうかを試せます。 試用期間のあるマットレスを選ぶ場合は、体に合わないと感じた時の返品が簡単にできるものを選びましょう。

試用期間があるマットレスを選ぶ際のポイントは、別の記事で解説しています。併せてご覧ください。

詳細:【購入前に要確認】返品可能なマットレスの条件について

快眠できる条件を満たしたエマ・マットレス

エマ・マットレスは快眠できる条件を満たしている

エマ・マットレスは、これまで紹介した快眠のための条件を満たしています。 底つき感が全くない厚さ25cmのマットレス。サイズは、シングルからキングサイズまで幅広く揃えました。

ゆったり眠りたい方、お二人以上で眠りたい方、様々なニーズに適したサイズをお選びいただけます。

自然な寝姿勢で快眠できるように、硬さの違う低反発と高反発の3つのウレタン層を組み合わせました。適度に柔らかめの低反発の第一層を、硬めの高反発の第二層・第三層で支える仕組みです。体にかかる負荷をうまく分散させつつ、寝返りのしやすさを実現しました。睡眠中に、隣で寝ている方の動きも気になりません。

「本当に快眠できるのかな?」と心配な方向けに、100日間のお試し期間を設けました。この期間は、体がマットレスに馴染むまでの時間も考えた日数です。もし体に合わなかったら、無料で回収し全額返金いたします。送料、手数料といった負担は一切ありません。

今までなかなか眠りにつけなかった方は、自分に合ったマットレスを選べていなかっただけかもしれません。エマ・マットレスで、快眠できる暮らしをはじめてみませんか?

快眠できる条件を満たした
エマ・マットレス

エマ・マットレスは快眠できる条件を満たしている

エマ・マットレスは、これまで紹介した快眠のための条件を満たしています。 底つき感が全くない厚さ25cmのマットレス。サイズは、シングルからキングサイズまで幅広く揃えました。

ゆったり眠りたい方、お二人以上で眠りたい方、様々なニーズに適したサイズをお選びいただけます。

自然な寝姿勢で快眠できるように、硬さの違う低反発と高反発の3つのウレタン層を組み合わせました。適度に柔らかめの低反発の第一層を、硬めの高反発の第二層・第三層で支える仕組みです。体にかかる負荷をうまく分散させつつ、寝返りのしやすさを実現しました。睡眠中に、隣で寝ている方の動きも気になりません。

「本当に快眠できるのかな?」と心配な方向けに、100日間のお試し期間を設けました。この期間は、体がマットレスに馴染むまでの時間も考えた日数です。もし体に合わなかったら、無料で回収し全額返金いたします。送料、手数料といった負担は一切ありません。

今までなかなか眠りにつけなかった方は、自分に合ったマットレスを選べていなかっただけかもしれません。エマ・マットレスで、快眠できる暮らしをはじめてみませんか?