マットレスの掃除はどうする?清潔にするお手入れのやり方

マットレスの掃除はどうする?清潔にするお手入れのやり方

毎日使うマットレスですが、お手入れや掃除方法をご存じない方も多いのではないでしょうか。この記事では、マットレスを長く快適に使うために必要なメンテナンスの仕方と、汚れが付いた時に落とす方法をご紹介します。快眠のためには、快適な睡眠環境を作ることが重要。マットレスを清潔に保ち、長持ちさせましょう。

目次

  • マットレスの正しいお手入れ方法
  • 毎日、換気をして空気を入れ替えよう
  • シーツの洗濯と布団乾燥機・掃除機をかけて ダニや湿気を取ろう(週に1~2度)
  • 月に1~2度、マットレスを立てかけて湿気を飛ばそう
  • 2~3ヶ月に1度、上下裏表の向きを変えてへたりを防ごう
  • マットレスについた汚れの落とし方
  • マットレスを掃除しても汚れが落ちないなら買い替えよう

マットレスの掃除はどうする?
清潔にするお手入れのやり方

マットレスの掃除はどうする?清潔にするお手入れのやり方

毎日使うマットレスですが、お手入れや掃除方法をご存じない方も多いのではないでしょうか。この記事では、マットレスを長く快適に使うために必要なメンテナンスの仕方と、汚れが付いた時に落とす方法をご紹介します。快眠のためには、快適な睡眠環境を作ることが重要。マットレスを清潔に保ち、長持ちさせましょう。

目次

  • マットレスの正しいお手入れ方法
  • 毎日、換気をして空気を入れ替えよう
  • シーツの洗濯と布団乾燥機・掃除機をかけて ダニや湿気を取ろう(週に1~2度)
  • 月に1~2度、マットレスを立てかけて湿気を飛ばそう
  • 2~3ヶ月に1度、上下裏表の向きを変えてへたりを防ごう
  • マットレスについた汚れの落とし方
  • マットレスを掃除しても汚れが落ちないなら買い替えよう

マットレスの正しいお手入れ方法

マットレスの正しいお手入れ方法

マットレスのお手入れの目的は、湿気・汚れ・へたりの対策です。 正しいお手入れをすれば、マットレスを長持ちさせられるだけでなく、カビやダニの防止にもなります。日々のお手入れとして、以下の方法をぜひ実践してみてください。

  • 毎日:寝室の換気
  • 週に1~2度:シーツやカバーの洗濯、布団乾燥機と掃除機
  • 月1~2度:マットレスを立てて干す
  • 2~3ヶ月に1度:マットレスの上下裏表の向きを変える(ローテーション)

マットレスの正しいお手入れ方法

マットレスの正しいお手入れ方法

マットレスのお手入れの目的は、湿気・汚れ・へたりの対策です。 正しいお手入れをすれば、マットレスを長持ちさせられるだけでなく、カビやダニの防止にもなります。日々のお手入れとして、以下の方法をぜひ実践してみてください。

  • 毎日:寝室の換気
  • 週に1~2度:シーツやカバーの洗濯、布団乾燥機と掃除機
  • 月1~2度:マットレスを立てて干す
  • 2~3ヶ月に1度:マットレスの上下裏表の向きを変える(ローテーション)

毎日、換気をして空気を入れ替えよう

毎日、換気をして空気を入れ替えよう

マットレスは、毎日の寝汗と共に、寝室の湿気を吸収しています。湿気はマットレスにとって大敵。カビやダニだけでなく、へたりの原因にもなります。換気で部屋に風を通して、湿度を下げるのがマットレスを長持ちさせるコツです。

季節や天候によっては、窓を開けるのがおっくうに感じるかもしれません。しかし、窓を閉めっぱなしだと、部屋の湿度が上がるだけでなく、酸素濃度が低下するので、睡眠にも悪影響を与えます。できる限り、毎日窓を開けて換気をするようにしましょう。

換気は起きてすぐにするのがおすすめ。5~10分程度でも大丈夫です。窓をあける時間よりも重要なのは回数。10分の換気よりも、5分を2回に分けた方が効果的です。

また、換気で重要なのは、外の空気を取り込むことよりも中の空気を追い出すこと。そのためには、空気の流れを作るのがポイントです。

寝室に窓が1つしかない場合は、扇風機を使いましょう。窓と部屋のドアを開けて、扇風機を窓の「外」に向けることで、室内の空気を外に送り出せます。 寝室に窓がない場合は、部屋のドアを開けて、扇風機をドアの「外」に向けて置き、空気が部屋の外に流れるようにしましょう。換気時は、寝室の先にある部屋の窓も開け、トイレや浴室・キッチンなどの換気扇をつけておくと、より効率的に換気ができます。

花粉の時期の換気

花粉の時期は窓を開けたくないかもしれませんが、換気は必要です。花粉が少ない時間帯を見計らって行いましょう。花粉が飛散するのは昼~夕方がピーク。早朝が換気のチャンスです。

窓を全開にする必要はありません。窓を10cm程度開け、レースカーテンをすれば、入ってくる花粉の量を抑えられます。換気をした後、窓際にたまった花粉は掃除機をかけ、ウェットティッシュなどで拭いて取り除きましょう。 空気清浄機を使う場合は、窓の正面の隅に置くと、部屋に入って壁に沿って広がる花粉を効率的に吸い込むことができます。

梅雨の時期・雨の日の換気

梅雨の時期や雨の日は、エアコンや除湿機を使って寝室の湿度を下げましょう。晴れ間や曇り、小雨の時に窓を開けての換気を併用するのがおすすめです。じめじめした日に窓を開けると、湿気が入るのではないか?と思うかもしれません。しかし、エアコンだけだと部屋の空気を吸い込んで再び戻す仕組みのため、空気の入れ替えにはならないのです。

寝室の酸素濃度を高め、快適な睡眠環境を作るためにも、よほどの荒天以外は5~10分の換気を行いましょう。扇風機やサーキュレーターを使って空気の流れを作ると、湿気が部屋の隅などに溜まるのを防げます。

冬の換気

冬の換気は空気の入れ替えだけでなく、結露対策にも役立ちます。結露は窓の水滴だけではありません。壁や床でも、湿度の高い空気が冷やされると発生します。マットレスのダニやカビは梅雨時や夏に発生すると思われがちです。しかし、現在の気密性の高い住宅では、冬でも室内は暖かく保たれるため、一年中ダニやカビの危険にさらされているのです。 寒い時でも、数分でも換気をすることで、空気の対流を起こして建物全体の結露を防げます。

毎日、換気をして空気を入替えよう

毎日、換気をして空気を入れ替えよう

マットレスは、毎日の寝汗と共に、寝室の湿気を吸収しています。湿気はマットレスにとって大敵。カビやダニだけでなく、へたりの原因にもなります。換気で部屋に風を通して、湿度を下げるのがマットレスを長持ちさせるコツです。

季節や天候によっては、窓を開けるのがおっくうに感じるかもしれません。しかし、窓を閉めっぱなしだと、部屋の湿度が上がるだけでなく、酸素濃度が低下するので、睡眠にも悪影響を与えます。できる限り、毎日窓を開けて換気をするようにしましょう。

換気は起きてすぐにするのがおすすめ。5~10分程度でも大丈夫です。窓をあける時間よりも重要なのは回数。10分の換気よりも、5分を2回に分けた方が効果的です。

また、換気で重要なのは、外の空気を取り込むことよりも中の空気を追い出すこと。そのためには、空気の流れを作るのがポイントです。

寝室に窓が1つしかない場合は、扇風機を使いましょう。窓と部屋のドアを開けて、扇風機を窓の「外」に向けることで、室内の空気を外に送り出せます。 寝室に窓がない場合は、部屋のドアを開けて、扇風機をドアの「外」に向けて置き、空気が部屋の外に流れるようにしましょう。換気時は、寝室の先にある部屋の窓も開け、トイレや浴室・キッチンなどの換気扇をつけておくと、より効率的に換気ができます。

花粉の時期の換気

花粉の時期は窓を開けたくないかもしれませんが、換気は必要です。花粉が少ない時間帯を見計らって行いましょう。花粉が飛散するのは昼~夕方がピーク。早朝が換気のチャンスです。

窓を全開にする必要はありません。窓を10cm程度開け、レースカーテンをすれば、入ってくる花粉の量を抑えられます。換気をした後、窓際にたまった花粉は掃除機をかけ、ウェットティッシュなどで拭いて取り除きましょう。 空気清浄機を使う場合は、窓の正面の隅に置くと、部屋に入って壁に沿って広がる花粉を効率的に吸い込むことができます。

梅雨の時期・雨の日の換気

梅雨の時期や雨の日は、エアコンや除湿機を使って寝室の湿度を下げましょう。晴れ間や曇り、小雨の時に窓を開けての換気を併用するのがおすすめです。じめじめした日に窓を開けると、湿気が入るのではないか?と思うかもしれません。しかし、エアコンだけだと部屋の空気を吸い込んで再び戻す仕組みのため、空気の入れ替えにはならないのです。

寝室の酸素濃度を高め、快適な睡眠環境を作るためにも、よほどの荒天以外は5~10分の換気を行いましょう。扇風機やサーキュレーターを使って空気の流れを作ると、湿気が部屋の隅などに溜まるのを防げます。

冬の換気

冬の換気は空気の入れ替えだけでなく、結露対策にも役立ちます。結露は窓の水滴だけではありません。壁や床でも、湿度の高い空気が冷やされると発生します。マットレスのダニやカビは梅雨時や夏に発生すると思われがちです。しかし、現在の気密性の高い住宅では、冬でも室内は暖かく保たれるため、一年中ダニやカビの危険にさらされているのです。 寒い時でも、数分でも換気をすることで、空気の対流を起こして建物全体の結露を防げます。

シーツの洗濯と布団乾燥機・掃除機をかけて
ダニや湿気を取ろう(週に1~2度)

シーツの洗濯と布団乾燥機・掃除機をかけて ダニや湿気を取ろう(週に1~2度)

毎日の寝汗を吸い込むマットレスのシーツやカバーは、少なくとも週に1~2度は洗濯を行いましょう。ベッドパッドも同様です。

洗濯をしている間は、マットレスに掛け布団をかぶせて布団乾燥機をかけておきましょう。 シーツやカバー、ベッドパッドを通してマットレスが吸い込んだ湿気を飛ばし、カビやダニの予防にも役立ちます。なお、マットレスの種類によっては、高温の布団乾燥機が使えない場合もあります。タグに記載されている取扱表示に従ってお手入れしましょう。

布団乾燥機を掛けた後のマットレスには、ホコリだけでなくダニの死骸やフンがついています。これらは新たなダニの餌になるため、寝室の掃除のついでに掃除機で吸い取りましょう。特に、縫い目のホコリは溜まりやすいので、丁寧に掃除機をかけてくださいね。

週に1~2度、シーツの洗濯と布団乾燥機・掃除機をかけてダニや湿気を取ろう

シーツの洗濯と布団乾燥機・掃除機をかけて ダニや湿気を取ろう(週に1~2度)

毎日の寝汗を吸い込むマットレスのシーツやカバーは、少なくとも週に1~2度は洗濯を行いましょう。ベッドパッドも同様です。

洗濯をしている間は、マットレスに掛け布団をかぶせて布団乾燥機をかけておきましょう。 シーツやカバー、ベッドパッドを通してマットレスが吸い込んだ湿気を飛ばし、カビやダニの予防にも役立ちます。なお、マットレスの種類によっては、高温の布団乾燥機が使えない場合もあります。タグに記載されている取扱表示に従ってお手入れしましょう。

布団乾燥機を掛けた後のマットレスには、ホコリだけでなくダニの死骸やフンがついています。これらは新たなダニの餌になるため、寝室の掃除のついでに掃除機で吸い取りましょう。特に、縫い目のホコリは溜まりやすいので、丁寧に掃除機をかけてくださいね。

月に1~2度、マットレスを立てかけて湿気を飛ばそう

月に1~2度、マットレスを立てかけて湿気を飛ばそう

マットレスの内部や裏面にも湿気が溜まるのを防ぐため、月に1~2度はマットレスを壁に立てかけて干し、湿気を飛ばしましょう。

「布団乾燥機を使っているのに、さらに立てて干すの?」と思うかもしれません。 しかし、マットレスの底面は寝汗とは異なる理由で湿りやすい環境となっています。冷たい空気は下にたまるので、床やフローリングに近いマットレスの裏面は温度差による結露が発生しやすいのです。マットレス内部に水分がたまると、その重みからへたりの原因にもなります。

もし、ベッドフレームを使用せずに床にマットレスを直置きしているようでれば、月に1~2度と言わず週に1~2度は立てて干しましょう。そもそも日本は湿度が高いので、マットレスの床置きは推奨されません。せめて、すのこや除湿シートを敷いてマットレスの底に空気の通り道を作りましょう。

マットレスを干す場所と時間

干す場所は、窓際など風通しの良い場所が理想です。立てかけられない場合は、本などを下に敷いて底面を持ち上げましょう。さらに扇風機をマットレスにあてることで、効率よくマットレスの内部に空気を通せます。もし、マットレスのカバーが外せるなら、取り外してから干すとより効果的。干す時間は2~4時間が目安です。

マットレスは天日干しNG

マットレスの干し方で注意したいのは、天日干しは基本的にNGということ。素材や詰め物が日光によって劣化してしまうからです。特に紫外線に弱いウレタンフォームやラテックスは要注意。風通しのいいところで陰干しがおすすめです。どうしても太陽にあてたい場合は、タグに記載の取扱表示を確認しましょう。

月に1~2度、マットレスを立てかけて湿気を飛ばそう

月に1~2度、マットレスを立てかけて湿気を飛ばそう

マットレスの内部や裏面にも湿気が溜まるのを防ぐため、月に1~2度はマットレスを壁に立てかけて干し、湿気を飛ばしましょう。

「布団乾燥機を使っているのに、さらに立てて干すの?」と思うかもしれません。 しかし、マットレスの底面は寝汗とは異なる理由で湿りやすい環境となっています。冷たい空気は下にたまるので、床やフローリングに近いマットレスの裏面は温度差による結露が発生しやすいのです。マットレス内部に水分がたまると、その重みからへたりの原因にもなります。

もし、ベッドフレームを使用せずに床にマットレスを直置きしているようでれば、月に1~2度と言わず週に1~2度は立てて干しましょう。そもそも日本は湿度が高いので、マットレスの床置きは推奨されません。せめて、すのこや除湿シートを敷いてマットレスの底に空気の通り道を作りましょう。

マットレスを干す場所と時間

干す場所は、窓際など風通しの良い場所が理想です。立てかけられない場合は、本などを下に敷いて底面を持ち上げましょう。さらに扇風機をマットレスにあてることで、効率よくマットレスの内部に空気を通せます。もし、マットレスのカバーが外せるなら、取り外してから干すとより効果的。干す時間は2~4時間が目安です。

マットレスは天日干しNG

マットレスの干し方で注意したいのは、天日干しは基本的にNGということ。素材や詰め物が日光によって劣化してしまうからです。特に紫外線に弱いウレタンフォームやラテックスは要注意。風通しのいいところで陰干しがおすすめです。どうしても太陽にあてたい場合は、タグに記載の取扱表示を確認しましょう。

2~3ヶ月に1度、上下裏表の向きを変えてへたりを防ごう

2~3ヶ月に1度、上下裏表の向きを変えてへたりを防ごう

マットレスを上下で入れ替えたり、裏表でひっくり返すことで、体重がかかりやすい箇所を定期的に入れ替えるローテーションを行いましょう。マットレスのへたりを防げます。 種類によっては、裏表で素材が異なりひっくり返せないこともあるので、確認したうえでローテーションを行ってください。

お持ちのマットレスが裏表、前後などの指定がないタイプの場合は、以下のようにローテーションさせましょう。3ヶ月ごとに向きを変え、1年後に元の位置へ戻るローテーションです。マットレスの寿命を格段に伸ばせます。

  • 3ヶ月後:前側(頭部)と後側(足元)を反転
  • 6ヶ月後:表面と裏面を裏返し
  • 9ヶ月後:前側(頭部)と後側(足元)を反転
  • 1年後:表面と裏面を裏返し

2~3ヶ月に1度、上下裏表の向きを変えてへたりを防ごう

2~3ヶ月に1度、上下裏表の向きを変えてへたりを防ごう

マットレスを上下で入れ替えたり、裏表でひっくり返すことで、体重がかかりやすい箇所を定期的に入れ替えるローテーションを行いましょう。マットレスのへたりを防げます。 種類によっては、裏表で素材が異なりひっくり返せないこともあるので、確認したうえでローテーションを行ってください。

お持ちのマットレスが裏表、前後などの指定がないタイプの場合は、以下のようにローテーションさせましょう。3ヶ月ごとに向きを変え、1年後に元の位置へ戻るローテーションです。マットレスの寿命を格段に伸ばせます。

  • 3ヶ月後:前側(頭部)と後側(足元)を反転
  • 6ヶ月後:表面と裏面を裏返し
  • 9ヶ月後:前側(頭部)と後側(足元)を反転
  • 1年後:表面と裏面を裏返し

マットレスについた汚れの落とし方

マットレスについた汚れの落とし方

マットレスのお手入れで悩ましいのが、汚れがついてしまった時です。洗いたいと思うかもしれませんが、基本的にマットレスは水洗いできません。黄ばみやシミなどは、以下の方法で汚れを落としましょう。

  • 【汗染み・よだれ・血液】重曹
  • 【おねしょのしみ】クエン酸
  • 【ドリンク・精液】洗濯洗剤
  • 【カビ】エタノール+重曹
  • 【原因不明のシミ】酸素系漂白剤+洗濯洗剤+重曹
  • 【ダニ】布団乾燥機・ダニ取りシート

それぞれの汚れの取り方、洗い方、染み抜きの具体的な方法は、以下の詳細記事をご確認ください。

詳細:マットレスは洗える?すぐに出来る汚れの落とし方!

もし、どうしても汚れを落として使い続けたい場合、クリーニング業者に出せば自宅で落ちない汚れも落とせるかもしれません。しかし、業者クリーニングの相場はシングルで10,000円前後。結構な金額がかかってしまいます。 それくらいであれば、いっそお手入れしやすいマットレスへの買い替えを検討してみてはいかがでしょうか?

マットレスについた汚れの落とし方

マットレスについた汚れの落とし方

マットレスのお手入れで悩ましいのが、汚れがついてしまった時です。洗いたいと思うかもしれませんが、基本的にマットレスは水洗いできません。黄ばみやシミなどは、以下の方法で汚れを落としましょう。

  • 【汗染み・よだれ・血液】重曹
  • 【おねしょのしみ】クエン酸
  • 【ドリンク・精液】洗濯洗剤
  • 【カビ】エタノール+重曹
  • 【原因不明のシミ】酸素系漂白剤+洗濯洗剤+重曹
  • 【ダニ】布団乾燥機・ダニ取りシート

それぞれの汚れの取り方、洗い方、染み抜きの具体的な方法は、以下の詳細記事をご確認ください。

詳細:マットレスは洗える?すぐに出来る汚れの落とし方!

もし、どうしても汚れを落として使い続けたい場合、クリーニング業者に出せば自宅で落ちない汚れも落とせるかもしれません。しかし、業者クリーニングの相場はシングルで10,000円前後。結構な金額がかかってしまいます。 それくらいであれば、いっそお手入れしやすいマットレスへの買い替えを検討してみてはいかがでしょうか?

マットレスを掃除しても汚れが落ちないなら買い替えよう

マットレスはお手入れ次第で長持ちさせることができますが、永遠に使うことはできません。種類にもよりますが、マットレスの寿命は長くても10年程度。それより短い期間でも、落ちない汚れが付いたり、カビが発生したり、へたってしまったりしたら買い替え時です。

エマのマットレスは、カバーが丸ごと外せてそのまま洗濯機で洗えるのが大きな特徴。いつでも清潔なベッドで眠りたい方に高い評価を得ています。

マットレスを選ぶ際に一番重要な「寝心地」についても、ご自身の身体にしっくりくるか確かめられる100日間のお試し期間をご用意しました。もし合わなかったら、無料で回収し全額返金いたします。送料、手数料といった負担は一切ありません。お手入れがしやすいエマ・マットレスをぜひご検討ください。

エママットレス

マットレスを掃除しても汚れが落ちないなら買い替えよう

マットレスはお手入れ次第で長持ちさせることができますが、永遠に使うことはできません。種類にもよりますが、マットレスの寿命は長くても10年程度。それより短い期間でも、落ちない汚れが付いたり、カビが発生したり、へたってしまったりしたら買い替え時です。

エマのマットレスは、カバーが丸ごと外せてそのまま洗濯機で洗えるのが大きな特徴。いつでも清潔なベッドで眠りたい方に高い評価を得ています。

マットレスを選ぶ際に一番重要な「寝心地」についても、ご自身の身体にしっくりくるか確かめられる100日間のお試し期間をご用意しました。もし合わなかったら、無料で回収し全額返金いたします。送料、手数料といった負担は一切ありません。お手入れがしやすいエマ・マットレスをぜひご検討ください。

エママットレス