枕は必要か?からだに合う正しい枕の選び方

枕は必要か?からだに合う正しい枕の選び方

良質な睡眠を取るために、枕は必要なものと考えられています。しかし「枕はいらない」「枕を使わないで寝る方が楽」と感じる方もいるでしょう。この記事では、枕の必要性や​​自分に合う枕の選び方を紹介します。気持ちよく眠るために、自分には枕が必要かどうか判断してみましょう。

目次

  • 枕はあったほうがいいのか?ないほうがいいのか?
  • 枕はあったほうがいい場合
  • 枕は無いほうがいい場合
  • 体に合う正しい枕の選び方
  • 体に合う枕かどうか自宅で試せるエマ・ピロー

枕は必要か?からだに合う正しい枕の選び方

枕は必要か?からだに合う正しい枕の選び方

良質な睡眠を取るために、枕は必要なものと考えられています。しかし「枕はいらない」「枕を使わないで寝る方が楽」と感じる方もいるでしょう。この記事では、枕の必要性や​​自分に合う枕の選び方を紹介します。気持ちよく眠るために、自分には枕が必要かどうか判断してみましょう。

目次

  • 枕はあったほうがいいのか?ないほうがいいのか?
  • 枕はあったほうがいい場合
  • 枕は無いほうがいい場合
  • 体に合う正しい枕の選び方
  • 体に合う枕かどうか自宅で試せるエマ・ピロー

枕はあったほうがいいのか?ないほうがいいのか?

枕はあったほうがいいのか?ないほうがいいのか?

枕があったほうがいい場合とないほうがいい場合を、以下の表にまとめました。「本当にあなたに枕が必要かどうか」の判断材料にしてくださいね。

枕があった方がいい枕が無い方がいい
● 普段から横向きやうつ伏せで寝る
● 枕をしないと体に痛みがある
● ストレートネックである
● 使っている枕が体に合っていない
● 枕なしでも正しい寝姿勢になる

枕とは、実は頭ではなく首を支える寝具です。枕なしだと首や肩が浮いて、余分な力がかかるため痛みを引き起こします。そのため、一般的に枕は必要ですが、体に合わない枕であれば例外です。合わない枕を無理して使うと、睡眠不足や首の痛みなど体に悪影響が出ます。枕の高さが合っておらず、寝ていて違和感や痛みがあるなら使用を避けましょう。

一度、お持ちの枕を使って枕ありと枕なしで寝てみてどちらが正しい寝姿勢を保てるか確認してみてください。両方試してみて、理想の寝姿勢に近いほうを選びましょう。仰向けと横向き、それぞれの理想の寝姿勢は写真の通りです。

仰向け、横向き

枕はあったほうがいいのか?ないほうがいいのか?

枕はあったほうがいいのか?ないほうがいいのか?

枕があったほうがいい場合とないほうがいい場合を、以下の表にまとめました。「本当にあなたに枕が必要かどうか」の判断材料にしてくださいね。

枕があった方がいい枕が無い方がいい
● 普段から横向きやうつ伏せで寝る
● 枕をしないと体に痛みがある
● ストレートネックである
● 使っている枕が体に合っていない
● 枕なしでも正しい寝姿勢になる

枕とは、実は頭ではなく首を支える寝具です。枕なしだと首や肩が浮いて、余分な力がかかるため痛みを引き起こします。そのため、一般的に枕は必要ですが、体に合わない枕であれば例外です。合わない枕を無理して使うと、睡眠不足や首の痛みなど体に悪影響が出ます。枕の高さが合っておらず、寝ていて違和感や痛みがあるなら使用を避けましょう。

一度、お持ちの枕を使って枕ありと枕なしで寝てみてどちらが正しい寝姿勢を保てるか確認してみてください。両方試してみて、理想の寝姿勢に近いほうを選びましょう。仰向けと横向き、それぞれの理想の寝姿勢は写真の通りです。

仰向け、横向き

枕はあったほうがいい場合

枕はあったほうがいい場合

以下のいずれかに当てはまる人は、枕があるほうがいいでしょう。

  • 普段から横向きやうつ伏せで寝る
  • 枕無しで寝ると体に痛みがある
  • ストレートネック(スマホ首)である

寝る時の頭の方向が、横向きの場合やうつ伏せの場合、枕は必須です。横向きやうつ伏せで寝る人が枕使わないで寝ると、頭が低い位置になり、肩や首に負担がかかります。肩こりや首の痛みにつながるので、枕しないで寝るのは控えましょう。

枕なしで寝て起きると肩が凝っている場合や、背中や腰に痛みを感じる場合も同様に、自分に合った枕が必要です。体に合った枕を使用することは、痛みを和らげることにもつながります。

スマホやPC操作などでうつむいた姿勢を続け、首の頸椎(けいつい)が真っ直ぐになってしまう「ストレートネック」の方も、枕が必要不可欠です。ストレートネックは高さのある枕だと寝づらいため、寝るときに枕を使わない人が多いかもしれません。

しかし、ストレートネックの予防・改善のためには、首のS字カーブを保った正しい姿勢で寝る必要があります。最適な高さにするために、枕の下にタオルを敷いて寝心地の良い枕にするか、枕を買い替えましょう。最近では肩こりしない枕や体にいい枕が販売されていますので、自分に合った枕を見つけましょう。

枕はあったほうがいい場合

枕はあったほうがいい場合

以下のいずれかに当てはまる人は、枕があるほうがいいでしょう。

  • 普段から横向きやうつ伏せで寝る
  • 枕無しで寝ると体に痛みがある
  • ストレートネック(スマホ首)である

寝る時の頭の方向が、横向きの場合やうつ伏せの場合、枕は必須です。横向きやうつ伏せで寝る人が枕使わないで寝ると、頭が低い位置になり、肩や首に負担がかかります。肩こりや首の痛みにつながるので、枕しないで寝るのは控えましょう。

枕なしで寝て起きると肩が凝っている場合や、背中や腰に痛みを感じる場合も同様に、自分に合った枕が必要です。体に合った枕を使用することは、痛みを和らげることにもつながります。

スマホやPC操作などでうつむいた姿勢を続け、首の頸椎(けいつい)が真っ直ぐになってしまう「ストレートネック」の方も、枕が必要不可欠です。ストレートネックは高さのある枕だと寝づらいため、寝るときに枕を使わない人が多いかもしれません。

しかし、ストレートネックの予防・改善のためには、首のS字カーブを保った正しい姿勢で寝る必要があります。最適な高さにするために、枕の下にタオルを敷いて寝心地の良い枕にするか、枕を買い替えましょう。最近では肩こりしない枕や体にいい枕が販売されていますので、自分に合った枕を見つけましょう。

枕は無いほうがいい場合

枕は無いほうがいい場合

以下にあてはまる人は、枕を使わないほうがいいと感じているかもしれません。

  • 枕が体に合っていないと感じる
  • 枕なしでも正しい寝姿勢になると思っている

「枕が体に合っていない」と判断する前に、正しい枕の使い方をしているか確認しましょう。枕の意味は首を支えることなので、肩口まで枕をしっかり引き寄せて使用してください。正しい寝方をしたうえで、以下のような症状があるなら、その枕の使用は控えたほうがよいかもしれません。

  • 枕が高すぎる(もしくは低すぎる)と感じる
  • 夜中に目が覚める、朝起きると肩がこっている

ただし、これは、枕が「ない方がいい」というわけではありません。寝てみるとわかりますが、枕が無いと隙間ができるので首に余計な力がかかり、肩こりのような体の不調を起こしやすくなります。また、心臓より顔が低い位置になるため、顔がむくみやすくなることも。「自分に合った枕」は、快適な睡眠のために不可欠なのです。 体に合っていない枕を使っていると、枕無しのほうがマシに感じることがあるかもしれません。しかし、より良い睡眠をとるためには、枕無しより自分の体に合う枕を使うのがおすすめです。

枕は無いほうがいい場合

枕は無いほうがいい場合

以下にあてはまる人は、枕を使わないほうがいいと感じているかもしれません。

  • 枕が体に合っていないと感じる
  • 枕なしでも正しい寝姿勢になると思っている

「枕が体に合っていない」と判断する前に、正しい枕の使い方をしているか確認しましょう。枕の意味は首を支えることなので、肩口まで枕をしっかり引き寄せて使用してください。正しい寝方をしたうえで、以下のような症状があるなら、その枕の使用は控えたほうがよいかもしれません。

  • 枕が高すぎる(もしくは低すぎる)と感じる
  • 夜中に目が覚める、朝起きると肩がこっている

ただし、これは、枕が「ない方がいい」というわけではありません。寝てみるとわかりますが、枕が無いと隙間ができるので首に余計な力がかかり、肩こりのような体の不調を起こしやすくなります。また、心臓より顔が低い位置になるため、顔がむくみやすくなることも。「自分に合った枕」は、快適な睡眠のために不可欠なのです。 体に合っていない枕を使っていると、枕無しのほうがマシに感じることがあるかもしれません。しかし、より良い睡眠をとるためには、枕無しより自分の体に合う枕を使うのがおすすめです。

体に合う正しい枕の選び方

体に合う正しい枕の選び方

体に合う、寝心地のいい枕の選び方の基準は、以下の2つです。

  • 首の高さや寝姿勢に合わせた正しい高さ
  • リラックスできる適度な硬さ

良い枕を見つけるために、高さと硬さがあなたの体に合っているかを確認しましょう。正しい枕の高さの測り方や、枕の種類や枕の形でも寝心地は変わります。 使っている枕ではぐっすり眠れない方や、枕を買い替えても体に痛みがある方は、下の詳細記事を枕選びの参考にしてみてください。

詳細記事:自分に合う枕の選び方は?寝具メーカー直伝(準備中)

枕は体に合うかだけでなく、マットレスや敷布団の柔らかさとの相性もあります。ピッタリフィットする枕が欲しいなら、自宅でお試しできるものがおすすめです。肩のこらない枕や寝返りしやすい枕かどうかなどは、実際に寝てみないとわかりません。お試し期間付きの枕であれば、仮に合わなかったとしても返品できます。

体に合う正しい枕の選び方

体に合う正しい枕の選び方

体に合う、寝心地のいい枕の選び方の基準は、以下の2つです。

  • 首の高さや寝姿勢に合わせた正しい高さ
  • リラックスできる適度な硬さ

良い枕を見つけるために、高さと硬さがあなたの体に合っているかを確認しましょう。正しい枕の高さの測り方や、枕の種類や枕の形でも寝心地は変わります。 使っている枕ではぐっすり眠れない方や、枕を買い替えても体に痛みがある方は、下の詳細記事を枕選びの参考にしてみてください。

詳細記事:自分に合う枕の選び方は?寝具メーカー直伝(準備中)

枕は体に合うかだけでなく、マットレスや敷布団の柔らかさとの相性もあります。ピッタリフィットする枕が欲しいなら、自宅でお試しできるものがおすすめです。肩のこらない枕や寝返りしやすい枕かどうかなどは、実際に寝てみないとわかりません。お試し期間付きの枕であれば、仮に合わなかったとしても返品できます。

体に合う枕かどうか自宅で試せるエマ・ピロー

体に合う枕かどうか自宅で試せるエマ・ピロー

いい枕とは、高さや硬さが自分の体に合う枕です。しかし、体型や寝姿勢は人それぞれ。大きさや高さなどの好みも異なるため、からだに合う枕を探すのは簡単ではありません。自分に合うかわからない枕を買うのには抵抗がありますよね。

そんな悩みを解決するために、首の高さや寝姿勢に合わせて3段階に高さ調整が可能な「エマ・ピロー」を開発しました。頭と首の重さを均等に分散するエア・ゲルフォームが、「仰向け」「横向き」「うつ伏せ」どの体勢でも、しっかりサポート。どんな寝姿勢でもフィットする柔らかいフォームで、力を抜いてリラックスして眠れます。

自分に合う枕かどうかは、実際に試してはじめてわかるものです。エマ・ピローは、購入後に「100日間のお試し期間」を設けています。お試し期間中であれば、もしも体に合わない場合でも、送料や手数料なしで全額返金が可能です。最高の睡眠を届けるために、睡眠のエキスパートが開発した「エマ・ピロー」を試してみませんか。

体に合う枕かどうか
自宅で試せるエマ・ピロー

体に合う枕かどうか自宅で試せるエマ・ピロー

いい枕とは、高さや硬さが自分の体に合う枕です。しかし、体型や寝姿勢は人それぞれ。大きさや高さなどの好みも異なるため、からだに合う枕を探すのは簡単ではありません。自分に合うかわからない枕を買うのには抵抗がありますよね。

そんな悩みを解決するために、首の高さや寝姿勢に合わせて3段階に高さ調整が可能な「エマ・ピロー」を開発しました。頭と首の重さを均等に分散するエア・ゲルフォームが、「仰向け」「横向き」「うつ伏せ」どの体勢でも、しっかりサポート。どんな寝姿勢でもフィットする柔らかいフォームで、力を抜いてリラックスして眠れます。

自分に合う枕かどうかは、実際に試してはじめてわかるものです。エマ・ピローは、購入後に「100日間のお試し期間」を設けています。お試し期間中であれば、もしも体に合わない場合でも、送料や手数料なしで全額返金が可能です。最高の睡眠を届けるために、睡眠のエキスパートが開発した「エマ・ピロー」を試してみませんか。