枕のダニ退治は何をすればいい?対策と予防法

枕のダニ退治は何をすればいい?対策と予防法

「顔がかゆい」「肌荒れやくしゃみがひどい、もしかしてアレルギー?」寝起きにこんな症状に悩まされている人は、もしかしたら寝具にダニがいるかもしれません。枕や布団はダニの宝庫。特に秋は、春夏に繁殖したダニの死骸やふんなどのアレルゲンがピークになる季節です。この記事では、枕のダニ対処法について解説しています。ダニを退治して、スッキリ眠れる環境を作りましょう!

目次

  • 枕のダニを退治する方法
  • ダニを死滅させる
  • ダニの死骸を取り除く
  • 枕のダニ予防法
  • エマ・ピローはダニがつきにくい通気性の良い素材

枕のダニ退治は何をすればいい?対策と予防法

枕のダニ退治は何をすればいい?対策と予防法

「顔がかゆい」「肌荒れやくしゃみがひどい、もしかしてアレルギー?」寝起きにこんな症状に悩まされている人は、もしかしたら寝具にダニがいるかもしれません。枕や布団はダニの宝庫。特に秋は、春夏に繁殖したダニの死骸やふんなどのアレルゲンがピークになる季節です。この記事では、枕のダニ対処法について解説しています。ダニを退治して、スッキリ眠れる環境を作りましょう!

目次

  • 枕のダニを退治する方法
  • ダニを死滅させる
  • ダニの死骸を取り除く
  • 枕のダニ予防法
  • エマ・ピローはダニがつきにくい通気性の良い素材

枕のダニを退治する方法

枕のダニを退治する方法

ダニは気温が25~30度、湿度60%以上で繁殖しやすくなります。そのエサはホコリや人間の皮脂、フケなどです。肌が触れることで温度が上がり、寝汗で湿度も保たれ、頭皮の皮脂やフケがつきやすい枕は格好の繁殖場所となります。ダニの寿命は1カ月~3カ月ほど。春から夏にかけて増えたダニのふんや死骸は、そのまま枕に残ります。これらを吸い込むことでダニアレルギーが起こりやすいのが秋なのです。しっかり駆除しなければいけません。

ダニの撃退法は、以下の2段階にわけておこなう必要があります。

  • ダニを死滅させる
  • ダニの死骸を取り除く

それぞれのやり方は、枕の素材によって異なります。具体的に何をするのかを見ていきましょう。

枕のダニを退治する方法

枕のダニを退治する方法

ダニは気温が25~30度、湿度60%以上で繁殖しやすくなります。そのエサはホコリや人間の皮脂、フケなどです。肌が触れることで温度が上がり、寝汗で湿度も保たれ、頭皮の皮脂やフケがつきやすい枕は格好の繁殖場所となります。ダニの寿命は1カ月~3カ月ほど。春から夏にかけて増えたダニのふんや死骸は、そのまま枕に残ります。これらを吸い込むことでダニアレルギーが起こりやすいのが秋なのです。しっかり駆除しなければいけません。

ダニの撃退法は、以下の2段階にわけておこなう必要があります。

  • ダニを死滅させる
  • ダニの死骸を取り除く

それぞれのやり方は、枕の素材によって異なります。具体的に何をするのかを見ていきましょう。

ダニを死滅させる

ダニを死滅させる

まずは枕に住み着いたダニを死滅させます。 ダニを死滅させるためには、50度の熱を20~30分加える、もしくはダニ駆除スプレーが有効です。

どちらの方法を使うかは、枕の素材によって異なります。 熱に強い素材であれば熱を加える方法、熱に弱い素材であれば防ダニスプレーを使用してダニを駆除しましょう。

  • 熱に強い素材:パイプ枕、そばがら枕、籾殻枕、ポリエステル綿枕など
  • 熱に弱い素材:ウレタン枕(低反発枕・高反発枕)、羽根枕(フェザー枕)、羽毛枕など

熱を加えてダニを死滅させる方法

熱に強い素材の枕であれば、50度の熱を20~30分加えることでダニを死滅させます。具体的な方法としては以下のいずれかが良いでしょう。

  • 乾燥機にかける(布団乾燥機・ガス乾燥機など)
  • 黒い袋に入れて、晴れた日に天日干し・屋外の車の中に放置する

ダニ退治には、全体をまんべんなく熱するのがポイントになります。 枕のサイズにもよりますが、コインランドリーの大きなガス乾燥機にかけるのが手軽で確実。おすすめの退治法です。

なお、ドライヤーやアイロン、熱湯などをかける方法はいずれも高温すぎて、枕の素材を痛める割には効果がありません。

防ダニスプレーを使う方法

熱に弱い素材の枕であれば「ダニ駆除スプレー」を使いましょう。枕は肌に直接触れるため、寝具用のものを選ぶのがポイントです。香りがついているものが多いので、購入前に確認した方が良いでしょう。

メーカーによって効き目は異なりますが、おおよそ1時間~ほどでダニを死滅させることができます。枕を使う前にはしっかりと乾かしましょう。

ダニを死滅させる

ダニを死滅させる

まずは枕に住み着いたダニを死滅させます。 ダニを死滅させるためには、50度の熱を20~30分加える、もしくはダニ駆除スプレーが有効です。

どちらの方法を使うかは、枕の素材によって異なります。 熱に強い素材であれば熱を加える方法、熱に弱い素材であれば防ダニスプレーを使用してダニを駆除しましょう。

  • 熱に強い素材:パイプ枕、そばがら枕、籾殻枕、ポリエステル綿枕など
  • 熱に弱い素材:ウレタン枕(低反発枕・高反発枕)、羽根枕(フェザー枕)、羽毛枕など

熱を加えてダニを死滅させる方法

熱に強い素材の枕であれば、50度の熱を20~30分加えることでダニを死滅させます。具体的な方法としては以下のいずれかが良いでしょう。

  • 乾燥機にかける(布団乾燥機・ガス乾燥機など)
  • 黒い袋に入れて、晴れた日に天日干し・屋外の車の中に放置する

ダニ退治には、全体をまんべんなく熱するのがポイントになります。 枕のサイズにもよりますが、コインランドリーの大きなガス乾燥機にかけるのが手軽で確実。おすすめの退治法です。

なお、ドライヤーやアイロン、熱湯などをかける方法はいずれも高温すぎて、枕の素材を痛める割には効果がありません。

防ダニスプレーを使う方法

熱に弱い素材の枕であれば「ダニ駆除スプレー」を使いましょう。枕は肌に直接触れるため、寝具用のものを選ぶのがポイントです。香りがついているものが多いので、購入前に確認した方が良いでしょう。

メーカーによって効き目は異なりますが、おおよそ1時間~ほどでダニを死滅させることができます。枕を使う前にはしっかりと乾かしましょう。

ダニの死骸を取り除く

ダニの死骸を取り除く

ダニを退治しただけでは、まだ死骸やふんが残ったままです。ダニの死骸やフンは新たなダニのエサにもなりますので、必ず取り除く必要があります。枕が洗える素材であれば洗濯、洗えない素材は掃除機を使いましょう。

  • 洗える素材:パイプ枕、羽根枕(フェザー枕)など
  • 洗えない素材:ウレタン枕(低反発枕・高反発枕)、羽毛枕、そばがら枕、籾殻枕など

※こちらは一例です。枕の洗濯表示を必ず確認しましょう。

洗える素材は洗濯する

洗える素材の枕については、洗濯機で洗う方法、もしくは手洗いする方法があります。ポリエステルなど、中身の偏りが気になる場合は手洗いしましょう。手洗いは面倒かもしれませんが、お湯が使えるというメリットがあります。

枕の洗い方について詳しくは、以下の記事を確認してください。

【詳細記事】枕の正しい洗い方と洗濯できない素材の汚れの取り方

枕本体を洗う頻度は、通常であれば半年に一度ほどですが、ダニが気になるようであれば、もっと頻繁に洗う必要があります。。洗濯でできるのは、あくまで死骸とフンを落とすことだけです。漂白剤や洗剤でダニは死にませんので、必ず、「ダニを死滅させる」手順を踏んでから洗濯しましょう。

なお、枕本体だけでなく、枕カバーや布団カバー、毛布やシーツなど、水洗いできるものはこまめに洗濯することで、枕だけでなく布団ダニなどの繁殖を抑えられます。

洗えない素材は掃除機をかける

洗えない枕については、ダニを死滅させた後は掃除機をかけましょう。布団クリーナーなど、ダニを吸い込むパワーが強力なものを使うと、より効果的です。マットレスや布団も一緒に掃除機をかけておきましょう。

ダニの死骸を取り除く

ダニの死骸を取り除く

ダニを退治しただけでは、まだ死骸やふんが残ったままです。ダニの死骸やフンは新たなダニのエサにもなりますので、必ず取り除く必要があります。枕が洗える素材であれば洗濯、洗えない素材は掃除機を使いましょう。

  • 洗える素材:パイプ枕、羽根枕(フェザー枕)など
  • 洗えない素材:ウレタン枕(低反発枕・高反発枕)、羽毛枕、そばがら枕、籾殻枕など

※こちらは一例です。枕の洗濯表示を必ず確認しましょう。

洗える素材は洗濯する

洗える素材の枕については、洗濯機で洗う方法、もしくは手洗いする方法があります。ポリエステルなど、中身の偏りが気になる場合は手洗いしましょう。手洗いは面倒かもしれませんが、お湯が使えるというメリットがあります。

枕の洗い方について詳しくは、以下の記事を確認してください。

【詳細記事】枕の正しい洗い方と洗濯できない素材の汚れの取り方

枕本体を洗う頻度は、通常であれば半年に一度ほどですが、ダニが気になるようであれば、もっと頻繁に洗う必要があります。。洗濯でできるのは、あくまで死骸とフンを落とすことだけです。漂白剤や洗剤でダニは死にませんので、必ず、「ダニを死滅させる」手順を踏んでから洗濯しましょう。

なお、枕本体だけでなく、枕カバーや布団カバー、毛布やシーツなど、水洗いできるものはこまめに洗濯することで、枕だけでなく布団ダニなどの繁殖を抑えられます。

洗えない素材は掃除機をかける

洗えない枕については、ダニを死滅させた後は掃除機をかけましょう。布団クリーナーなど、ダニを吸い込むパワーが強力なものを使うと、より効果的です。マットレスや布団も一緒に掃除機をかけておきましょう。

枕のダニ予防法

枕のダニ予防法

枕のダニは、駆除を行ってその数が減少し、刺されることがなくなっても、全滅させることは難しいです。一時的にダニがいなくなっても、家の中には必ずダニがいますので、繁殖条件がそろえば増加してきます。駆除した後もこまめなお手入れが重要です。

普段からしておきたいダニ対策は以下の通りです。

  • 枕を定期的に干す
  • 枕カバーを定期的に洗う
  • 寝具には掃除機をこまめにかける
  • 寝室の温度・湿度を調整する
  • 枕以外のシーツやマットレスなどの寝具のお手入れをする

枕を定期的に干す

まず、枕は定期的に干しましょう。全体に風を当てると、枕の中を乾燥させられますので、ダニが住みにくくなります。枕の中には、日光に当ててはいけない素材もあるので注意しましょう。枕の干し方については、以下の記事を参考にしてみて下さい。

【詳細記事】正しい枕の干し方は?天日干しと陰干しのやり方(準備中)

枕カバーを定期的に洗う

次に、他の洗濯ものといっしょに洗える枕カバーは、最低でも3日に1度は洗いたいですね。カバーについた死骸やフンを落とせますので、アレルギーの防止になります。抱き枕を使っている方は、抱き枕カバーも同様に洗ってください。替えのカバーがない場合は、枕全体を覆うことができるバスタオルなどで代用することも可能です。

寝具には掃除機をこまめにかける

枕だけでなく、布団やマットレスもこまめに掃除機をかけることでダニのエサとなるホコリを少なくできます。掃除機はゆっくりとかけ、しっかり吸い込みましょう。

寝室の温度・湿度を調整する

寝室の環境も重要です。枕だけしっかり対策しても、寝室の温度や湿度が高ければ、冬でもダニが繁殖します。晴れた日は窓を開けてしっかり換気し、曇りや湿度の高い日はエアコンや除湿器を使うなどして湿度を下げましょう。マットレスは月に1~2度は立てて干し、湿気を飛ばしてください。部屋の湿度や通気性が気になるようでしたら、除湿シートを枕や布団、マットレスの下に敷くのもおすすめです。

枕以外のシーツやマットレスなどの寝具のお手入れをする

枕にダニがいるということは、他の寝具に潜んでいる可能性も高いです。布団にいるダニやシーツ、マットレスのダニについても対策しておきましょう。特に冬用の布団を出すときは注意してください。押し入れやクローゼットはホコリが多く、湿気がたまりやすい場所です。つまり、ダニが大量にいてもおかしくありません。寒くなってから布団を出す前に、布団乾燥機などでダニを死滅させ、掃除機をかけてから使いましょう。

枕のダニ予防法

枕のダニ予防法

枕のダニは、駆除を行ってその数が減少し、刺されることがなくなっても、全滅させることは難しいです。一時的にダニがいなくなっても、家の中には必ずダニがいますので、繁殖条件がそろえば増加してきます。駆除した後もこまめなお手入れが重要です。

普段からしておきたいダニ対策は以下の通りです。

  • 枕を定期的に干す
  • 枕カバーを定期的に洗う
  • 寝具には掃除機をこまめにかける
  • 寝室の温度・湿度を調整する
  • 枕以外のシーツやマットレスなどの寝具のお手入れをする

枕を定期的に干す

まず、枕は定期的に干しましょう。全体に風を当てると、枕の中を乾燥させられますので、ダニが住みにくくなります。枕の中には、日光に当ててはいけない素材もあるので注意しましょう。枕の干し方については、以下の記事を参考にしてみて下さい。

【詳細記事】正しい枕の干し方は?天日干しと陰干しのやり方(準備中)

枕カバーを定期的に洗う

次に、他の洗濯ものといっしょに洗える枕カバーは、最低でも3日に1度は洗いたいですね。カバーについた死骸やフンを落とせますので、アレルギーの防止になります。抱き枕を使っている方は、抱き枕カバーも同様に洗ってください。替えのカバーがない場合は、枕全体を覆うことができるバスタオルなどで代用することも可能です。

寝具には掃除機をこまめにかける

枕だけでなく、布団やマットレスもこまめに掃除機をかけることでダニのエサとなるホコリを少なくできます。掃除機はゆっくりとかけ、しっかり吸い込みましょう。

寝室の温度・湿度を調整する

寝室の環境も重要です。枕だけしっかり対策しても、寝室の温度や湿度が高ければ、冬でもダニが繁殖します。晴れた日は窓を開けてしっかり換気し、曇りや湿度の高い日はエアコンや除湿器を使うなどして湿度を下げましょう。マットレスは月に1~2度は立てて干し、湿気を飛ばしてください。部屋の湿度や通気性が気になるようでしたら、除湿シートを枕や布団、マットレスの下に敷くのもおすすめです。

枕以外のシーツやマットレスなどの寝具のお手入れをする

枕にダニがいるということは、他の寝具に潜んでいる可能性も高いです。布団にいるダニやシーツ、マットレスのダニについても対策しておきましょう。特に冬用の布団を出すときは注意してください。押し入れやクローゼットはホコリが多く、湿気がたまりやすい場所です。つまり、ダニが大量にいてもおかしくありません。寒くなってから布団を出す前に、布団乾燥機などでダニを死滅させ、掃除機をかけてから使いましょう。

エマ・ピローはダニがつきにくい通気性の良い素材

エマ・ピローなら自宅の寝室環境で100日間試せる

体温で温まり、頭皮の皮脂やフケがつきやすい枕はダニが付きやすい場所です。布団のダニが気が付いたら枕に……そんなことになったら嫌ですよね。 ダニをつきにくくするためには、まず重要なのは湿度の調整。通気性の高い素材の枕であることがポイントです。

エマ・ピローは、ウレタン素材なので、水洗いすることはできません。しかし、カバーと本体ともに、ダニが付きにくい通気性の良い素材を使用しています。枕カバーは洗濯機で洗えて、乾きやすい素材。マメに洗濯することで、アレルゲンの付着を防ぐことが可能です。枕本体は、こまめに掃除機をかけ、風通しの良い場所で陰干しすることで、清潔に保てます。

簡単なお手入れでダニ防止になるだけでなく、寝心地にもこだわったエマ・ピロー。購入後に100日間のお試し期間があるので、自分に合うかどうかをしっかり確認できます。

「本当にダニが付きにくい?」「ウレタンなのに蒸れずに快適に眠れる?」そんな疑問をお持ちの方は、エマ・ピローを試してみませんか。

ダニがつきにくい通気性の良い
エマ・ピロー

エマ・ピローなら自宅の寝室環境で100日間試せる

体温で温まり、頭皮の皮脂やフケがつきやすい枕はダニが付きやすい場所です。布団のダニが気が付いたら枕に……そんなことになったら嫌ですよね。 ダニをつきにくくするためには、まず重要なのは湿度の調整。通気性の高い素材の枕であることがポイントです。

エマ・ピローは、ウレタン素材なので、水洗いすることはできません。しかし、カバーと本体ともに、ダニが付きにくい通気性の良い素材を使用しています。枕カバーは洗濯機で洗えて、乾きやすい素材。マメに洗濯することで、アレルゲンの付着を防ぐことが可能です。枕本体は、こまめに掃除機をかけ、風通しの良い場所で陰干しすることで、清潔に保てます。

簡単なお手入れでダニ防止になるだけでなく、寝心地にもこだわったエマ・ピロー。購入後に100日間のお試し期間があるので、自分に合うかどうかをしっかり確認できます。

「本当にダニが付きにくい?」「ウレタンなのに蒸れずに快適に眠れる?」そんな疑問をお持ちの方は、エマ・ピローを試してみませんか。