【購入前に要確認】返品可能なマットレスの条件について

【購入前に要確認】返品可能なマットレスの条件について

本当に合うマットレスを探す方に最近人気の「お試し期間付きマットレス」。自宅のベッドでマットレスの使用感を試せるのは、とても便利ですね。しかし、中には返品や返金保証について面倒な条件があるマットレスも少なくありません。この記事では「返品可能」なマットレスの注意点を解説します。購入前にチェックすべき点を確認しておきましょう。

目次

  • 要注意!返品可能なマットレスのよくある条件
  • エマ・マットレスは簡単にお試しいただけます

【購入前に要確認】返品可能なマットレスの条件について

【購入前に要確認】返品可能なマットレスの条件について

本当に合うマットレスを探す方に最近人気の「お試し期間付きマットレス」。自宅のベッドでマットレスの使用感を試せるのは、とても便利ですね。しかし、中には返品や返金保証について面倒な条件があるマットレスも少なくありません。この記事では「返品可能」なマットレスの注意点を解説します。購入前にチェックすべき点を確認しておきましょう。

目次

  • 要注意!返品可能なマットレスのよくある条件
  • エマ・マットレスは簡単にお試しいただけます

要注意!返品可能なマットレスのよくある条件

要注意!返品可能なマットレスのよくある条件

「返品可能」とついていれば、マットレスが体に合わない場合はすぐに返品が可能と思ってしまっていませんか?最近は、マットレスをレンタルでお試しできるサービスもありますが、購入してお試しの場合は、返品についてもろもろの条件があるマットレスもあります。よくある「返品条件」について見ていきましょう。

使用したら返品できない

一番多いのがこのパターン。返品理由は「未使用の場合のみ」というものです。 返品については、破損など「見てすぐにわかるような不良品」であることを前提としています。この条件がある場合「寝心地が良くなかったから返品」はできません。

ショールームなどがある高級ブランドで掲げられていることが多い条件です。 自宅での寝心地を試してから購入したい方は、この条件がないかどうかを必ずチェックしましょう。

返品可能なアイテム・購入方法に制限がある

ブランドや店舗で「返品可能」という文言があっても、マットレスの種類や価格、購入方法によって返品できない場合があります。

例えば、以下のような条件です。

  • 同じブランド・店舗なのにAマットレスは返品OKで、BマットレスはNG
  • 同じ系列店でも、返品を受け付けている店舗とそうでない店舗がある
  • 店舗で購入したマットレスのみ返品OKで、通販サイトはNG
  • 直営店のみOKで、楽天やYahoo!、アマゾンではNG
  • 店舗に来店が必要(配送だけでは返品を完了できない)

など……

自分が購入したいマットレスは返品可能かどうかを確認しましょう。わかりにくい場合は、メールやお客様サービスなどで事前に返品条件を確認しておくと確実です。

返品可能な日数に制限がある

マットレスを使用してから返品OKとうたっている商品の場合は、お試し期間つまり「返品可能な日数」に制限があります。おおよそ、到着日から30日・60日・90日・100日・120日などある程度の日数を設けているところが多いです。

「お試し期間が100日」とあると、「使ってみて、ダメだと思ったら100日以内なら7日目でも30日目でも返品できる」と考えると思います。体になじむまである程度の期間がかかるとはいえ、自分に全く合わないマットレスだった場合、そう長くは使いたくないものです。

しかし、メーカーによっては 「最低でも14日はお試し期間として使ってもらう」 「お試し期間の100日間はずっとマットレスを使ってもらう。返品はそのあと2週間以内のみ」 など、返品日数について制限があったりすることも少なくありません。このような規定を設けているメーカーの場合は、規程通りに返品しないと、マットレス代は返金されないのです。

返品規則が細かい会社のマットレスをお試しする場合は、以下の2点を必ずチェック。

  • 到着日
  • 到着日からカウントして何日~何日が返品可能期間か

しっかりメモし、返品期間をうっかり逃してしまうことがないようにしましょう。

返品時の手間

いざ返品しようとした時に、返品時の手間としてあげられるのは以下の3点です。

  • 返品希望の申し出
  • マットレスの梱包
  • 運送会社の手配

返品希望の申し出が必要

返品希望の場合は、販売元に連絡する必要があります。その方法は電話もしくはメールです。メールの場合は所定のフォームがあることがあるので、メーカーのサイトなどを確認しましょう。

さらに、返品を受理されるためには、

  • 商品到着時に添付されていた納品書やアンケート
  • 受領メール

などを取っておく必要があることが多いです。 期間や申し出を守っていても、必要書類がなくて返品できなかった……ということにならないよう、マットレスに同封されていたものはしっかりとっておきましょう。

マットレスの梱包が必要

次に問題なのは、マットレスをどうやって運搬するかです。

マットレスを包む必要があります。最初に届いた包装や袋などにマットレスが入る場合は良いのですが、「マットレスインボックス」(手元に届いた時は空気を抜いて圧縮してあるもの)の場合、すでに膨らんでしまったマットレスを元の箱には戻すのは難しいでしょう。

梱包については、運送会社がやってくれる場合があります。こちらも確認が必要です。

運送会社の手配が必要な場合も

さらに、会社によっては、返品時の運送会社の手配も自分で行わなくてはならない場合があります。

まず、マットレスを配送してくれる業者やサービスを探すだけでも一苦労です。マットレスのサイズにもよりますが、通常の宅配便では送付できず、引っ越しの大型家具扱いになることもあります。

返品時にかかる費用

最後に確認したいのが、返品にかかる費用です。 マットレスの返品送料を自己負担としていたり、返品に対して、手数料がかかる場合があります。

特に、マットレスの返品送料を自己負担としている商品は要注意です。 もし、引越家具扱いになった場合、返送先までの距離によっては、返送料が1万円を超えることもあります。

例えば、5万円のマットレスをお試しして返品したら、戻ってきたのは4万円にもならなかった……なんてことも。次のマットレス購入の予算に影響してしまいますね。

面倒でも、返品時にかかる費用はお試し前に調べておきましょう。

要注意!返品可能なマットレスのよくある条件

要注意!返品可能なマットレスのよくある条件

「返品可能」とついていれば、マットレスが体に合わない場合はすぐに返品が可能と思ってしまっていませんか?最近は、マットレスをレンタルでお試しできるサービスもありますが、購入してお試しの場合は、返品についてもろもろの条件があるマットレスもあります。よくある「返品条件」について見ていきましょう。

使用したら返品できない

一番多いのがこのパターン。返品理由は「未使用の場合のみ」というものです。 返品については、破損など「見てすぐにわかるような不良品」であることを前提としています。この条件がある場合「寝心地が良くなかったから返品」はできません。

ショールームなどがある高級ブランドで掲げられていることが多い条件です。 自宅での寝心地を試してから購入したい方は、この条件がないかどうかを必ずチェックしましょう。

返品可能なアイテム・購入方法に制限がある

ブランドや店舗で「返品可能」という文言があっても、マットレスの種類や価格、購入方法によって返品できない場合があります。

例えば、以下のような条件です。

  • 同じブランド・店舗なのにAマットレスは返品OKで、BマットレスはNG
  • 同じ系列店でも、返品を受け付けている店舗とそうでない店舗がある
  • 店舗で購入したマットレスのみ返品OKで、通販サイトはNG
  • 直営店のみOKで、楽天やYahoo!、アマゾンではNG
  • 店舗に来店が必要(配送だけでは返品を完了できない)

など……

自分が購入したいマットレスは返品可能かどうかを確認しましょう。わかりにくい場合は、メールやお客様サービスなどで事前に返品条件を確認しておくと確実です。

返品可能な日数に制限がある

マットレスを使用してから返品OKとうたっている商品の場合は、お試し期間つまり「返品可能な日数」に制限があります。おおよそ、到着日から30日・60日・90日・100日・120日などある程度の日数を設けているところが多いです。

「お試し期間が100日」とあると、「使ってみて、ダメだと思ったら100日以内なら7日目でも30日目でも返品できる」と考えると思います。体になじむまである程度の期間がかかるとはいえ、自分に全く合わないマットレスだった場合、そう長くは使いたくないものです。

しかし、メーカーによっては 「最低でも14日はお試し期間として使ってもらう」 「お試し期間の100日間はずっとマットレスを使ってもらう。返品はそのあと2週間以内のみ」 など、返品日数について制限があったりすることも少なくありません。このような規定を設けているメーカーの場合は、規程通りに返品しないと、マットレス代は返金されないのです。

返品規則が細かい会社のマットレスをお試しする場合は、以下の2点を必ずチェック。

  • 到着日
  • 到着日からカウントして何日~何日が返品可能期間か

しっかりメモし、返品期間をうっかり逃してしまうことがないようにしましょう。

返品時の手間

いざ返品しようとした時に、返品時の手間としてあげられるのは以下の3点です。

  • 返品希望の申し出
  • マットレスの梱包
  • 運送会社の手配

返品希望の申し出が必要

返品希望の場合は、販売元に連絡する必要があります。その方法は電話もしくはメールです。メールの場合は所定のフォームがあることがあるので、メーカーのサイトなどを確認しましょう。

さらに、返品を受理されるためには、

  • 商品到着時に添付されていた納品書やアンケート
  • 受領メール

などを取っておく必要があることが多いです。 期間や申し出を守っていても、必要書類がなくて返品できなかった……ということにならないよう、マットレスに同封されていたものはしっかりとっておきましょう。

マットレスの梱包が必要

次に問題なのは、マットレスをどうやって運搬するかです。

マットレスを包む必要があります。最初に届いた包装や袋などにマットレスが入る場合は良いのですが、「マットレスインボックス」(手元に届いた時は空気を抜いて圧縮してあるもの)の場合、すでに膨らんでしまったマットレスを元の箱には戻すのは難しいでしょう。

梱包については、運送会社がやってくれる場合があります。こちらも確認が必要です。

運送会社の手配が必要な場合も

さらに、会社によっては、返品時の運送会社の手配も自分で行わなくてはならない場合があります。

まず、マットレスを配送してくれる業者やサービスを探すだけでも一苦労です。マットレスのサイズにもよりますが、通常の宅配便では送付できず、引っ越しの大型家具扱いになることもあります。

返品時にかかる費用

最後に確認したいのが、返品にかかる費用です。 マットレスの返品送料を自己負担としていたり、返品に対して、手数料がかかる場合があります。

特に、マットレスの返品送料を自己負担としている商品は要注意です。 もし、引越家具扱いになった場合、返送先までの距離によっては、返送料が1万円を超えることもあります。

例えば、5万円のマットレスをお試しして返品したら、戻ってきたのは4万円にもならなかった……なんてことも。次のマットレス購入の予算に影響してしまいますね。

面倒でも、返品時にかかる費用はお試し前に調べておきましょう。

エマ・マットレスは簡単にお試しいただけます!

エマ・マットレスは簡単にお試しいただけます

エマ・マットレスは、万が一返品する際の手間も、金額も、お客様にとって最小限になるよう工夫しています。

返品したい時はメールでご連絡ください。100日のお試し期間の間なら7日目でも、90日目でも、いつでも返品いただけます。 到着時のパッケージを破棄していても大丈夫。エマにて配送業者をお客様のご自宅に手配し、引き取ります。

もちろん、送料・手数料も無料。ご購入時にお支払いいただいた金額を全額返金いたします。

また、返品されたマットレスを交換して別のお客様に送付することは一切ありません。ボランティア活動として寄付やリサイクル、または廃棄しております。

ウレタンマットレスのメリット

リスクフリーでストレスフリーなエマ・マットレス、次のマットレスの候補にしてみませんか?

エマ・マットレスは簡単にお試しいただけます!

エマ・マットレスは簡単にお試しいただけます

エマ・マットレスは、万が一返品する際の手間も、金額も、お客様にとって最小限になるよう工夫しています。

返品したい時はメールでご連絡ください。100日のお試し期間の間なら7日目でも、90日目でも、いつでも返品いただけます。 到着時のパッケージを破棄していても大丈夫。エマにて配送業者をお客様のご自宅に手配し、引き取ります。

もちろん、送料・手数料も無料。ご購入時にお支払いいただいた金額を全額返金いたします。

また、返品されたマットレスを交換して別のお客様に送付することは一切ありません。ボランティア活動として寄付やリサイクル、または廃棄しております。

ウレタンマットレスのメリット

リスクフリーでストレスフリーなエマ・マットレス、次のマットレスの候補にしてみませんか?