マットレスを床に直置きしたらカビが生える? 湿気対策

マットレスを床に直置きしたら カビが生える? 湿気対策

マットレスを床に直置きできないか考えていませんか。お部屋のサイズを考えると、直接置きたい方もいらっしゃるでしょう。残念ながら、マットレスを床に直接置いて使うのはおすすめできません。定期的に床とマットレスを離しておかないと、睡眠中に身体から出た湿気を逃すことができず、カビが発生してしまうからです。

この記事では、マットレスの床への直置きがおすすめできない理由と、もし直接置きたい場合の適切なマットレスやカビ対策をご紹介します。床置きができるマットレスを選んだ上で、カビ対策をきちんと行うことで、衛生面はもちろん快適な睡眠が実現できます。

目次

  • ふつうのマットレスは床に直置きできない
  • そのまま床置きできるマットレスの条件
  • カビを予防するふつうのマットレスの置き方
  • 何も敷かずマットレスをそのまま使うのはNG

マットレスを床に直置きしたら
カビが生える? 湿気対策

マットレスを床に直置きしたら カビが生える? 湿気対策

マットレスを床に直置きできないか考えていませんか。お部屋のサイズを考えると、直接置きたい方もいらっしゃるでしょう。残念ながら、マットレスを床に直接置いて使うのはおすすめできません。定期的に床とマットレスを離しておかないと、睡眠中に身体から出た湿気を逃すことができず、カビが発生してしまうからです。

この記事では、マットレスの床への直置きがおすすめできない理由と、もし直接置きたい場合の適切なマットレスやカビ対策をご紹介します。床置きができるマットレスを選んだ上で、カビ対策をきちんと行うことで、衛生面はもちろん快適な睡眠が実現できます。

目次

  • ふつうのマットレスは床に直置きできない
  • そのまま床置きできるマットレスの条件
  • カビを予防するふつうのマットレスの置き方
  • 何も敷かずマットレスをそのまま使うのはNG

ふつうのマットレスは床に直置きできない

ふつうのマットレスは床に直置きできない

残念ながら、マットレスの床への直置きはおすすめできません。理由としては、以下の3つが挙げられます。

  • マットレスにカビが生える
  • ほこりやハウスダストを吸い込みやすい
  • 身体が温まりにくい

1.マットレスにカビが生える

人は、一晩の間にコップ一杯分の水分を発汗し、その一部は湿気としてマットレスの下に溜まります。定期的にマットレスと床の間を空けないと、湿気が溜まり続け、マットレスにカビが発生してしまいます。特に敷布団は、マットレスよりも通気性が悪いので、カビが生える可能性はさらに高まります。

フローリングに直接敷く場合は、ほぼ全ての湿気がマットレスに貯まるので、特に注意が必要です。畳やカーペットは湿気を吸収するので、マットレスだけでなく畳やカーペットにもカビが生えてしまいます。

また、湿気が溜まっている状態で、髪の毛や垢も落ちていると、ダニが繁殖し、アレルギーや感染症を患うかもしれません。敷きっぱなしにせず、定期的にマットレスの位置を移動させて湿気を逃しつつ、掃除をする必要があります。

2.ほこりやハウスダストを吸い込みやすい

ほこりやハウスダストは空気より重いので、床に蓄積されます。マットレスを直置きして寝ると、身体の位置が低くなり、ほこりやハウスダストを吸い込みやすいです。睡眠中にほこりやハウスダストを吸い込んでしまうと、睡眠の質の低下や健康障害を引き起こす可能性があります。

睡眠中に床に溜まったほこりやハウスダストを吸い込まないためには、定期的な掃除はもちろん、空気清浄機の設置がおすすめです。特に、空気中に浮遊している小さなハウスダストは掃除で掃くことができず、空気清浄機で取り除く必要があります。

また、エアコンの内部もほこりやハウスダストが溜まっているので、エアコンを付けながら睡眠する際も要注意です。フィルターはこまめに掃除し、できれば半年~1年に1回、エアコンクリーニングをして清潔で綺麗な空気が出るようにしましょう。

3.身体が温まりにくい

マットレスの直置きは、冬の時期は身体が温まりにくいです。冷たい空気は暖かい空気よりも重いので、床の温度は天井よりも比較的低くなります。マットレスを床に直置きして寝る場合、ベッドの上よりも低い温度の中にいることになり、身体が冷えてしまいます。直置きして寝る場合は、保温性のある敷パッドや毛布が必須アイテムと言えるでしょう。

また、フローリングは地面からの冷気も伝わってくるので、底冷えもしてしまいます。アルミシートなどの断熱材をずれないように敷き、床からの冷気がマットレスに伝わるのを防ぐようにしましょう。

ふつうのマットレスは
床に直置きできない

ふつうのマットレスは床に直置きできない

残念ながら、マットレスの床への直置きはおすすめできません。理由としては、以下の3つが挙げられます。

  • マットレスにカビが生える
  • 埃やハウスダストを吸い込みやすい
  • 身体が温まりにくい

1.マットレスにカビが生える

人は、一晩の間にコップ一杯分の水分を発汗し、その一部は湿気としてマットレスの下に溜まります。定期的にマットレスと床の間を空けないと、湿気が溜まり続け、マットレスにカビが発生してしまいます。特に敷布団は、マットレスよりも通気性が悪いので、カビが生える可能性はさらに高まります。

フローリングに直接敷く場合は、ほぼ全ての湿気がマットレスに貯まるので、特に注意が必要です。畳やカーペットは湿気を吸収するので、マットレスだけでなく畳やカーペットにもカビが生えてしまいます。

また、湿気が溜まっている状態で、髪の毛や垢も落ちていると、ダニが繁殖し、アレルギーや感染症を患うかもしれません。敷きっぱなしにせず、定期的にマットレスの位置を移動させて湿気を逃しつつ、掃除をする必要があります。

2.埃やハウスダストを吸い込みやすい

ほこりやハウスダストは空気より重いので、床に蓄積されます。マットレスを直置きして寝ると、身体の位置が低くなり、ほこりやハウスダストを吸い込みやすいです。睡眠中にほこりやハウスダストを吸い込んでしまうと、睡眠の質の低下や健康障害を引き起こす可能性があります。

睡眠中に床に溜まったほこりやハウスダストを吸い込まないためには、定期的な掃除はもちろん、空気清浄機の設置がおすすめです。特に、空気中に浮遊している小さなハウスダストは掃除で掃くことができず、空気清浄機で取り除く必要があります。

また、エアコンの内部もほこりやハウスダストが溜まっているので、エアコンを付けながら睡眠する際も要注意です。フィルターはこまめに掃除し、できれば半年~1年に1回、エアコンクリーニングをして清潔で綺麗な空気が出るようにしましょう。

3.身体が温まりにくい

マットレスの直置きは、冬の時期は身体が温まりにくいです。冷たい空気は暖かい空気よりも重いので、床の温度は天井よりも比較的低くなります。マットレスを床に直置きして寝る場合、ベッドの上よりも低い温度の中にいることになり、身体が冷えてしまいます。直置きして寝る場合は、保温性のある敷パッドや毛布が必須アイテムと言えるでしょう。

また、フローリングは地面からの冷気も伝わってくるので、底冷えもしてしまいます。アルミシートなどの断熱材をずれないように敷き、床からの冷気がマットレスに伝わるのを防ぐようにしましょう。

そのまま床置きできるマットレスの条件

そのまま床置きできるマットレスの条件

基本的に、マットレスを直置きするのはおすすめできませんが、もし直置きしたい場合は少しでも適したマットレスを選ぶのが重要です。お持ちのマットレスが以下の3つの条件を全て満たしているか確認してみてください。

  • コイルを使っていないマットレス
  • 厚さ15cm以上のマットレス
  • 除湿機能があるマットレス

1.コイルを使っていないマットレス

マットレスは主に以下の4つの素材で作られています。

  • ウレタン
  • コイル
  • ラテックス
  • ファイバー

直置きに適しているのはコイルを使っていないマットレスです。直置きはどうしても湿気を逃しにくく、マットレスに湿気が溜まりやすいです。湿気に触れている期間が長いと、コイルが痛み、マットレスの品質が悪くなります。

通気性に最も優れているのはファイバーですが、ウレタンやラテックス素材のマットレスでも、通気性を考慮したものもあります。

2.厚さ15cm以上のマットレス

床に直接マットレスを敷く場合、十分な厚さのあるマットレスを選びましょう。理想15cm以上の厚さがある反発性の高いマットレスが望ましいです。最低でも10cm以上あるものを選びましょう。特に冬の時期に底つき感があるマットレスで寝てしまうと、床からの冷気が直に伝わり、睡眠の質にも影響します。

厚さが十分にあるマットレスは、コイルとウレタンです。ラテックスやファイバーは、薄いものが多く、10cm以上の厚さになると価格が10万円を超えてしまいます。

3.湿気を逃しやすいマットレス

マットレスを床に直置きすると、湿気の逃げ道がほぼ無くなります。マットレス自体に除湿の機能があるかどうかで、カビが発生する可能性を抑えられます。

ファイバーやコイルを使ったマットレスは、マットレス内に自然と空間が生まれるので、除湿機能は比較的高いです。一方、ウレタンやラテックスは機密性が高いことから、通気性が低く湿気を逃しにくいですが、除湿性を高めたマットレスも販売されています。

エマは3つの条件を満たしたマットレス

エマ・マットレスは、高反発と低反発のウレタン素材を3つの層に分けることで、ウレタンでありながら高い通気性を実現しています。厚さが25cmもありながら、湿気を逃しつつ、底つき感を感じさせません。100日間のお試し期間も設けておりますので、湿気を逃しやすいマットレスをお探しの方は、ぜひエマ・マットレスを試してみませんか?

床置きできるマットレスの条件

そのまま床置きできるマットレスの条件

基本的に、マットレスを直置きするのはおすすめできませんが、もし直置きしたい場合は少しでも適したマットレスを選ぶのが重要です。お持ちのマットレスが以下の3つの条件を全て満たしているか確認してみてください。

  • コイルを使っていないマットレス
  • 厚さ15cm以上のマットレス
  • 除湿機能があるマットレス

1.コイルを使っていないマットレス

マットレスは主に以下の4つの素材で作られています。

  • ウレタン
  • コイル
  • ラテックス
  • ファイバー

直置きに適しているのはコイルを使っていないマットレスです。直置きはどうしても湿気を逃しにくく、マットレスに湿気が溜まりやすいです。湿気に触れている期間が長いと、コイルが痛み、マットレスの品質が悪くなります。

通気性に最も優れているのはファイバーですが、ウレタンやラテックス素材のマットレスでも、通気性を考慮したものもあります。

2.厚さ15cm以上のマットレス

床に直接マットレスを敷く場合、十分な厚さのあるマットレスを選びましょう。理想15cm以上の厚さがある反発性の高いマットレスが望ましいです。最低でも10cm以上あるものを選びましょう。特に冬の時期に底つき感があるマットレスで寝てしまうと、床からの冷気が直に伝わり、睡眠の質にも影響します。

厚さが十分にあるマットレスは、コイルとウレタンです。ラテックスやファイバーは、薄いものが多く、10cm以上の厚さになると価格が10万円を超えてしまいます。

3.湿気を逃しやすいマットレス

マットレスを床に直置きすると、湿気の逃げ道がほぼ無くなります。マットレス自体に除湿の機能があるかどうかで、カビが発生する可能性を抑えられます。

ファイバーやコイルを使ったマットレスは、マットレス内に自然と空間が生まれるので、除湿機能は比較的高いです。一方、ウレタンやラテックスは機密性が高いことから、通気性が低く湿気を逃しにくいですが、除湿性を高めたマットレスも販売されています。

3つの条件を満たした
エマ・マットレス

エマ・マットレスは、高反発と低反発のウレタン素材を3つの層に分けることで、ウレタンでありながら高い通気性を実現しています。厚さが25cmもありながら、湿気を逃しつつ、底つき感を感じさせません。100日間のお試し期間も設けておりますので、湿気を逃しやすいマットレスをお探しの方は、ぜひエマ・マットレスを試してみませんか?

カビを予防するふつうのマットレスの置き方

カビを予防するふつうのマットレスの置き方

直置きができるマットレスを選んでも、カビが発生しないとは言い切れません。以下の湿気対策をすることで、カビの発生を可能な限り抑えるようにしましょう。

  • 定期的に床とマットレスを離しておく
  • 最もお手軽なのはすのこを置く
  • インテリアを重視したいならローベッドの上に敷く
  • どうしても床に直接置きたいなら除湿シートは必須

1.定期的に床とマットレスを離しておく

床に直置きしたマットレスの1番のカビ対策は、起床後に床からマットレスを離して湿気を逃すことです。人は睡眠中にコップ1杯分の汗をかき、その多くは湿気としてマットレスの下に溜まります。可能であれば毎朝、最低でも1週間に1回はマットレスを床から離しておくのがおすすめです。

重いマットレスを移動させたり、壁に立てかけるのは大変という方は、折りたたみできるマットレスやファイバーなどの軽い素材で作られたマットレスがおすすめです。

2.最もお手軽なのはすのこを置く

敷きっぱなしにしたい方でお手軽かつ効果的な対策は、すのこを利用することです。床とマットレスの間に空間を作ることで、下に溜まった湿気を自然と逃すことができます。値段も手頃なものが多いので、簡単に入手できます。 中には、湿気を吸収するすのこも販売されていますが、すのこが吸収できる湿気にも限界があるので、定期的に取り出して天日干しする必要があります。敷きっぱなしにしたい方は、空間を確保できる木材を使ったすのこを選びましょう。ただし、薄かったり柔らかい木材が使われていると「ギシギシ」と音が鳴るかもしれません。分厚く、丈夫な木材が使われたものを選びましょう。

3.インテリアを重視したいならローベッドの上に敷く

直置きしつつインテリアも重視したい方は、ローベッドの上にマットレスを敷きましょう。部屋の空間をベッドで占めることなく、湿気対策も可能です。

注意点としては、柱が無いタイプは選ばないようにしましょう。柱がないローベッドは床のベッドの間に空間を確保できないので、湿気を逃せずマットレスを直置きするのと変わりません。すのこと同じようにある程度の空間を確保できるものがおすすめです。また、床に直接触れているのと変わらないので、床からの冷気で底冷えしてしまいます。

4.どうしても床に直接置きたいなら除湿シートは必須

もし、どうしても床に直接置きたい方は、床に除湿シートを敷いて、その上にマットレスを重ねましょう。除湿シートが湿気を吸収してくれるので、マットレスに湿気が溜まることはありません。

ただし、1週間毎にマットレスから取り出して天日干しする必要があります。長期間敷きっぱなしにしていると、除湿シートが吸収できる湿気の量に限界が訪れ、除湿シートとマットレス共にカビが発生してしまいます。除湿シートの中には、天日干しを知らせてくれるセンサーが付いているものもありますので、いつ干したらいいか迷うこともありません。

カビを予防するマットレスの置き方

カビを予防するふつうのマットレスの置き方

直置きができるマットレスを選んでも、カビが発生しないとは言い切れません。以下の湿気対策をすることで、カビの発生を可能な限り抑えるようにしましょう。

  • 定期的に床からマットレスを離す
  • 最もお手軽なのはすのこを置く
  • インテリアを重視したいならローベッドの上に敷く
  • どうしても床に直接置きたいなら除湿シートは必須

1.定期的に床からマットレスを離す

床に直置きしたマットレスの1番のカビ対策は、起床後に床からマットレスを離して湿気を逃すことです。人は睡眠中にコップ1杯分の汗をかき、その多くは湿気としてマットレスの下に溜まります。可能であれば毎朝、最低でも1週間に1回はマットレスを床から離しておくのがおすすめです。

重いマットレスを移動させたり、壁に立てかけるのは大変という方は、折りたたみできるマットレスやファイバーなどの軽い素材で作られたマットレスがおすすめです。

2.最もお手軽なのはすのこを置く

敷きっぱなしにしたい方でお手軽かつ効果的な対策は、すのこを利用することです。床とマットレスの間に空間を作ることで、下に溜まった湿気を自然と逃すことができます。値段も手頃なものが多いので、簡単に入手できます。 中には、湿気を吸収するすのこも販売されていますが、すのこが吸収できる湿気にも限界があるので、定期的に取り出して天日干しする必要があります。敷きっぱなしにしたい方は、空間を確保できる木材を使ったすのこを選びましょう。ただし、薄かったり柔らかい木材が使われていると「ギシギシ」と音が鳴るかもしれません。分厚く、丈夫な木材が使われたものを選びましょう。

3.インテリアを重視したいならローベッドの上に敷く

直置きしつつインテリアも重視したい方は、ローベッドの上にマットレスを敷きましょう。部屋の空間をベッドで占めることなく、湿気対策も可能です。

注意点としては、柱が無いタイプは選ばないようにしましょう。柱がないローベッドは床のベッドの間に空間を確保できないので、湿気を逃せずマットレスを直置きするのと変わりません。すのこと同じようにある程度の空間を確保できるものがおすすめです。また、床に直接触れているのと変わらないので、床からの冷気で底冷えしてしまいます。

4.どうしても床に直接置きたいなら除湿シートは必須

もし、どうしても床に直接置きたい方は、床に除湿シートを敷いて、その上にマットレスを重ねましょう。除湿シートが湿気を吸収してくれるので、マットレスに湿気が溜まることはありません。

ただし、1週間毎にマットレスから取り出して天日干しする必要があります。長期間敷きっぱなしにしていると、除湿シートが吸収できる湿気の量に限界が訪れ、除湿シートとマットレス共にカビが発生してしまいます。除湿シートの中には、天日干しを知らせてくれるセンサーが付いているものもありますので、いつ干したらいいか迷うこともありません。

何も敷かずマットレスをそのまま使うのはNG

マットレスを床に直接置いて使うのはおすすめできません。定期的にマットレスを床から離して湿気を逃さないと、マットレスの中に溜まり続け、カビが発生してしまうからです。他にも、床に蓄積しているほこりやハウスダストを吸い込みやすくなったり、冬の間は身体が温まりにくいです。

もし、床にマットレスを置きたい場合は、コイルを使っておらず、厚さ15cm以上あり、湿気を逃しやすいマットレスがおすすめです。ただし、適切なマットレスを選んだ上で、湿気対策のためにすのこやローベットの上に置いたり、除湿シートを使用しましょう。

カビが生えると、衛生面はもちろんマットレスの機能低下にも繋がります。床に直接置く際は、湿気を逃がす工夫が必要です。お使いのマットレスや直置きする場所を踏まえて、カビ対策を行ってください。

何も敷かず
マットレスをそのまま使うのはNG

マットレスを床に直接置いて使うのはおすすめできません。定期的にマットレスを床から離して湿気を逃さないと、マットレスの中に溜まり続け、カビが発生してしまうからです。他にも、床に蓄積しているほこりやハウスダストを吸い込みやすくなったり、冬の間は身体が温まりにくいです。

もし、床にマットレスを置きたい場合は、コイルを使っておらず、厚さ15cm以上あり、湿気を逃しやすいマットレスがおすすめです。ただし、適切なマットレスを選んだ上で、湿気対策のためにすのこやローベットの上に置いたり、除湿シートを使用しましょう。

カビが生えると、衛生面はもちろんマットレスの機能低下にも繋がります。床に直接置く際は、湿気を逃がす工夫が必要です。お使いのマットレスや直置きする場所を踏まえて、カビ対策を行ってください。