2台のマットレスをくっつけてサイズを大きくする方法は?

2台のマットレスをくっつけてサイズを大きくする方法は?

家族と一緒に寝たいけど、キングサイズのベッドを使うのは少し抵抗があり、シングルベッドをくっつけて大きくしようとお考えですか?クイーンやキングサイズのベッドだと、家族で一緒に寝ても、十分なスペースで快適な睡眠時間を過ごせます。しかし、子供が成長して別々で寝るようになったり、万が一パートナーと別れてしまったとき、ベッドが広すぎて使いにくく感じるかもしれません。

ベッドを広くする方法として、2つのマットレスをくっつけることがおすすめです。サイズを大きくしつつ、各々お気に入りのマットレスをそのまま使うことができます。しかし、くっつけて使うと隙間がどうしても生まれてしまいます。隙間ができる度に重いマットレスをずらして位置を調整するのは大変ですよね。

この記事では、2つのマットレスをくっつける際に隙間を作らない方法をご紹介。適切な対策をすれば、隙間を気にせず家族と快適な睡眠時間を過ごすことができます。

目次

  • シングルベッド二台並べるとキングサイズになる
  • 隙間ができないマットレスの連結方法
  • シングルベッド2つで家族の睡眠時間を快適に過ごそう

2台のマットレスをくっつけて
サイズを大きくする方法は?

2台のマットレスをくっつけてサイズを大きくする方法は?

家族と一緒に寝たいけど、キングサイズのベッドを使うのは少し抵抗があり、シングルベッドをくっつけて大きくしようとお考えですか?クイーンやキングサイズのベッドだと、家族で一緒に寝ても、十分なスペースで快適な睡眠時間を過ごせます。しかし、子供が成長して別々で寝るようになったり、万が一パートナーと別れてしまったとき、ベッドが広すぎて使いにくく感じるかもしれません。

ベッドを広くする方法として、2つのマットレスをくっつけることがおすすめです。サイズを大きくしつつ、各々お気に入りのマットレスをそのまま使うことができます。しかし、くっつけて使うと隙間がどうしても生まれてしまいます。隙間ができる度に重いマットレスをずらして位置を調整するのは大変ですよね。

この記事では、2つのマットレスをくっつける際に隙間を作らない方法をご紹介。適切な対策をすれば、隙間を気にせず家族と快適な睡眠時間を過ごすことができます。

目次

  • シングルベッド二台並べるとキングサイズになる
  • 隙間ができないマットレスの連結方法
  • シングルベッド2つで家族の睡眠時間を快適に過ごそう

シングルベッド二台並べるとキングサイズになる

シングルベッド二台並べるとキングサイズになる

一般的なシングルベッドは横97cm x 縦195cmです。2つくっつけると、横幅は190cm以上となり、キングサイズとほぼ同じ大きさになります。キングサイズは、大人が2人だけでなく、子供と川の字で寝てもスペースに余裕があります。カップルや夫婦、子どもと一緒に寝たい方は、キングサイズのベッドを検討されているかもしれません。

しかし、キングサイズのベッドは、マットレスの中で最も大きなサイズ。欲しいマットレスがあっても、キングサイズがなかったり、お部屋への搬入やレイアウトの変更が大変です。シーツやマットレスパッドなど、マットレス以外の寝具や関連用品も種類が少なくなってしまいます。

シングルサイズのマットレスを2つ用意すれば、キングサイズにできるだけでなく、夫婦それぞれお好きなマットレスを使うことができます。お部屋のレイアウトを変える際も簡単に移動でき、買い替えで困ることもありません。

子供と一緒に寝る場合は、シングルとダブルがおすすめ

もし子どもと一緒に家族で寝たい場合は、シングルとダブルをくっつけるのがおすすめです。シングルベッドを2つくっつけてもいいですが、子どもが大きくなって1人で寝るようになったとき、シングルベッドを子供、ダブルを夫婦と買い足しや買い替えが不要になります。もちろん、もう少しスペースを小さくしたかったら、シングルとセミダブルをくっつけるのもいいでしょう。

ただし、設置する場合は部屋のサイズに気をつけましょう。一般的なダブルベッドの横幅は140cmなので、横幅97cmのシングルと合わせたら237cmとなります。6畳の部屋に置く場合、ほとんどのスペースがベッドで埋まってしまい、窮屈感を感じてしまうかもしれません。

シングルベッド二台並べると
キングサイズになる

シングルベッド二台並べるとキングサイズになる

一般的なシングルベッドは横97cm x 縦195cmです。2つくっつけると、横幅は190cm以上となり、キングサイズとほぼ同じ大きさになります。キングサイズは、大人が2人だけでなく、子供と川の字で寝てもスペースに余裕があります。カップルや夫婦、子どもと一緒に寝たい方は、キングサイズのベッドを検討されているかもしれません。

しかし、キングサイズのベッドは、マットレスの中で最も大きなサイズ。欲しいマットレスがあっても、キングサイズがなかったり、お部屋への搬入やレイアウトの変更が大変です。シーツやマットレスパッドなど、マットレス以外の寝具や関連用品も種類が少なくなってしまいます。

シングルサイズのマットレスを2つ用意すれば、キングサイズにできるだけでなく、夫婦それぞれお好きなマットレスを使うことができます。お部屋のレイアウトを変える際も簡単に移動でき、買い替えで困ることもありません。

子供と一緒に寝る場合は
シングルとダブルがおすすめ

もし子どもと一緒に家族で寝たい場合は、シングルとダブルをくっつけるのがおすすめです。シングルベッドを2つくっつけてもいいですが、子どもが大きくなって1人で寝るようになったとき、シングルベッドを子供、ダブルを夫婦と買い足しや買い替えが不要になります。もちろん、もう少しスペースを小さくしたかったら、シングルとセミダブルをくっつけるのもいいでしょう。

ただし、設置する場合は部屋のサイズに気をつけましょう。一般的なダブルベッドの横幅は140cmなので、横幅97cmのシングルと合わせたら237cmとなります。6畳の部屋に置く場合、ほとんどのスペースがベッドで埋まってしまい、窮屈感を感じてしまうかもしれません。

隙間ができないマットレスの連結方法

マットレスと敷布団どっちがおすすめ?

マットレスをくっつけて使う場合、一番気になるのがマットレス同士の隙間。最初はぴったりくっつけていても、しばらくすると隙間ができてしまいます。隙間ができる度に、重いマットレスをずらして位置を調整するのは、ストレスがたまって大変ですよね。家族で寝る場合、最悪子どもが隙間にはまってしまう可能性もあります。

隙間ができないようにするには、以下の方法がおすすめです。全て実践すれば、広いベッドになるだけでなく、隙間が生まれる心配がなくなり、快適な睡眠時間を過ごせるでしょう。

  • 連結できるベッドフレームで高さを合わせる
  • マットレス固定ベルトでズレを防ぐ
  • 隙間パッドでマットレスの間を埋める
  • キングサイズのシーツを被せて見た目をスッキリさせる

1.連結できるベッドフレームで高さを合わせる

マットレスをくっつける前に、まずは連結できるベッドフレームを用意しましょう。異なるベッドフレームを使ってマットレスをくっつけようとすると、高さを合わせづらくなったり、隙間が余計に生まれやすくなります。同じベッドフレームを結合して合体すれば、マットレス同士の高さが調整しやすくなるのはもちろん、お部屋の雰囲気に統一感が生まれますよ。

もしすでにお持ちのベッドフレームを使いたいが、高さが気になる場合は、マットレスパッドを用意しましょう。マットレス同士の段差がなだらかになって、高さを調整できます。種類によっては、マットレスの寝心地もアップして睡眠の質も高まるでしょう。

2.マットレス固定ベルトでズレを防ぐ

マットレスの高さが調整できたら隙間が生まれないよう、マットレス専用の固定ベルトをマットレスの周りに巻きつけることで、2つのマットレスをひとつにします。

マットレスの間に隙間ができる原因は、寝返りの際に発生する横の力です。寝返りの瞬間に生まれた横の力が、隣のマットレスに伝わり、隙間が生まれるのです。固定ベルトを使ってひとつにすれば、寝返りを打っても隙間が生まれません。

実際に固定ベルトを用意する際は、バンドの長さに気をつけましょう。例えば、2つのシングルベッドをくっつける場合、8m以上は必要です。シングル以上のベッドをくっつけるなら、それ以上の長さがあるものを選びましょう。

3.隙間パッドでマットレスの間を埋める

固定ベルトを使ってマットレスをぴったりくっつけても、マットレスの間の溝が気になる方いらっしゃるでしょう。マットレスの構造によっては、縁に縫い目があります。縁に縫い目があると、マットレスをぴったりくっつけたとしても小さな隙間ができたり、縫い目が出っ張ったります。

そんな時は隙間パッドを使うことで、マットレス同士の間を埋めることができます。マットレスの間に挟むことで隙間がなくなり、寝返りを打っても違和感がありません。

隙間パッドは、主に綿とウレタン素材が用意されています。お持ちのマットレスの素材に合わせて選びましょう。両方ともウレタンタイプのマットレスなら、どちらの素材でも構いません。もしくっつけるマットレスが違う素材である場合は、柔らかい綿タイプがおすすめです。ウレタン素材の隙間パッドは独特な感触があり、コイルマットレスやファイバーのマットレスの間に挟むと、感触が異なって違和感を抱くかもしれません。

4.キングサイズのシーツを被せて見た目をスッキリさせる

上記の3つの対策を実践すると、隙間が生まれることはほぼありません。ただ、このままでは固定ベルトが剥き出しで見た目が気になったり、逆に隙間パッドがずれてしまう可能性があります。

そこで、キングサイズのシーツを被せて見栄えをすっきりさせましょう。シーツを2つ用意する必要がなく、洗濯も簡単にでき、カビ予防にもなります。

ちなみに、掛け布団は別々に用意するのがおすすめです。2人用のかけ布団だと、パートナーの寝返りで掛け布団がずれ、それがきっかけで夜中に起きてしまう場合があります。とくに冬の時期だと、寒くて独り占めされるかもしれません。掛け布団を別々に使えば、パートナーの寝返りで夜中に目覚めることが少なくなりますし、各々で温度調整もできて睡眠の質も上がりますよ。

シングルベッド2つで家族の睡眠時間を快適に過ごそう

シングルベッド2つで家族の睡眠時間を快適に過ごそう

2つのシングルベッドをくっつけるとキングサイズとなり、家族と一緒に寝ることができます。お気に入りのマットレスをそのまま使うことができたり、お部屋のレイアウトも変えやすいメリットがあります。ただ、子供の成長で別々に寝るようになった時も、2つに分けてそのまま使うことも可能です。

しかし、2つのマットレスをくっつける場合、どうしても隙間が生まれやすいです。そんな時は、連結できるベッドフレームを用意し、マットレス専用の固定ベルトと隙間パッドを使うことで、隙間が生まれるのを防ぎます。キングサイズのシーツを使えば見栄えも綺麗にできます。

隙間対策を適切に行うことで、家族との睡眠時間をストレスなく過ごすことができます。ぜひこうした方法で、快適な睡眠空間を作ってみてください。

もし「ベッドを2つ用意するのが面倒だな…」と感じた方は、エマ・マットレスのキングサイズがオススメです。3つのウレタン素材を活用することで、寝返りの抵抗を少なくし、家族と一緒に寝ても快適に過ごせます。圧縮梱包して配送しますので、搬入や設置も簡単です。

10年保証と100日間のトライアル期間も設けていますので、家族と快適な睡眠時間を過ごしたい方は、ぜひエマ・マットレスをお試しください。

エマスリープ

シングルベッド2つで
家族の睡眠時間を快適に過ごそう

シングルベッド2つで家族の睡眠時間を快適に過ごそう

2つのシングルベッドをくっつけるとキングサイズとなり、家族と一緒に寝ることができます。お気に入りのマットレスをそのまま使うことができたり、お部屋のレイアウトも変えやすいメリットがあります。ただ、子供の成長で別々に寝るようになった時も、2つに分けてそのまま使うことも可能です。

しかし、2つのマットレスをくっつける場合、どうしても隙間が生まれやすいです。そんな時は、連結できるベッドフレームを用意し、マットレス専用の固定ベルトと隙間パッドを使うことで、隙間が生まれるのを防ぎます。キングサイズのシーツを使えば見栄えも綺麗にできます。

隙間対策を適切に行うことで、家族との睡眠時間をストレスなく過ごすことができます。ぜひこうした方法で、快適な睡眠空間を作ってみてください。

もし「ベッドを2つ用意するのが面倒だな…」と感じた方は、エマ・マットレスのキングサイズがオススメです。3つのウレタン素材を活用することで、寝返りの抵抗を少なくし、家族と一緒に寝ても快適に過ごせます。圧縮梱包して配送しますので、搬入や設置も簡単です。

10年保証と100日間のトライアル期間も設けていますので、家族と快適な睡眠時間を過ごしたい方は、ぜひエマ・マットレスをお試しください。

エマスリープ