枕が合わないと頭痛・肩こり・首こりの原因にも!
痛くならない枕の選び方

枕が合わないと頭痛・肩こり・首こりの原因にも! 痛くならない枕の選び方

枕が合わず、肩や首の痛みでぐっすり眠れないと悩む方は多いのではないでしょうか?「首が痛くて寝られない」「寝てる時の頭痛で目覚める」「朝起きると背中と腰が痛い」といった深刻な症状も、枕の見直しで改善されるかもしれません。 この記事では、枕が低いや枕が高いといった、枕が合わないときの対処法を紹介します。朝の頭痛や首こり、肩こり解消に役立ててみてください。

*本記事は、医療アドバイスではありません。痛みに関しては専門医へ必ずご相談ください。

目次

  • 朝起きると痛い……原因は枕が合わないせい?
  • 合わなくなった枕の対処法
  • 枕を正しい位置で使う
  • タオルで適正な高さに調整
  • 枕の素材の量を変える
  • 合わない枕の見直し方
  • 100日間のお試し期間付きのエマ・ピロー

枕が合わないと頭痛・肩こり・首こりの原因にも!痛くならない枕の選び方

枕が合わないと頭痛・肩こり・首こりの原因にも! 痛くならない枕の選び方

枕が合わず、肩や首の痛みでぐっすり眠れないと悩む方は多いのではないでしょうか?「首が痛くて寝られない」「寝てる時の頭痛で目覚める」「朝起きると背中と腰が痛い」といった深刻な症状も、枕の見直しで改善されるかもしれません。 この記事では、枕が低いや枕が高いといった、枕が合わないときの対処法を紹介します。朝の頭痛や首こり、肩こり解消に役立ててみてください。

*本記事は、医療アドバイスではありません。痛みに関しては専門医へ必ずご相談ください。

目次

  • 朝起きると痛い……原因は枕が合わないせい?
  • 合わなくなった枕の対処法
  • 枕を正しい位置で使う
  • タオルで適正な高さに調整
  • 枕の素材の量を変える
  • 合わない枕の見直し方
  • 100日間のお試し期間付きのエマ・ピロー

朝起きると痛い……原因は枕が合わないせい?

朝起きると痛い……原因は枕が合わないせい?

よく寝違える、寝ると首が痛い、朝起きると肩が痛い……これらの症状の原因は枕である可能性が高いです。枕が合わないと、主に肩や首に痛みを引き起こします。首がこることや肩凝りだけではありません。痛みを和らげようと無意識に不自然な寝姿勢になり、痛みは他の部位へと広がってしまいます。背中や腰位置に負荷が集中して背中の張りや腰痛につながり、寝て起きると背中が痛い、朝起きたら肩甲骨が痛いといった症状が起こるのです。

 他には、締め付けられるような痛みの「緊張型頭痛」や、朝起きると後頭部が痛い「後頭神経痛」は、枕が合っていないことで起こるとも言われています。ふわふわとしためまいを伴う場合は、緊張型頭痛の可能性がありますので、体に合う枕でないと何度寝ても頭が痛いでしょう。ただし、頭の片側や両側が急にズキズキ痛み、吐き気を伴う偏頭痛(片頭痛)の場合は、枕が直接の原因ではありません。 

 枕が合わないと、こうしたさまざまな症状を引き起こします。そのため、睡眠不足で熟睡できず、昼寝が増えたり寝過ぎたりと睡眠サイクルが崩れやすいです。そして、起きた時や日中に「しんどい、だるい」と感じやすくなります。昼寝すると頭痛が起きる方も、睡眠サイクルの乱れが原因です。

 他にも、枕だけでなくマットレスが柔らかい(硬い)、布団が重いといった寝具が合わないことや、仕事で疲れることやストレスなども影響しています。症状を改善するには、寝具の見直しや睡眠サイクルを整えることが必要です。 

 寝転がると首や肩への圧迫感や首が痛い、首がつるような違和感があるなら、枕が合ってない可能性は高いです。合わない枕を無理に使用せず、枕を見直すことをおすすめします。 

 からだに合う枕を使用すると楽な姿勢になるので、寝起きに首が痛い、肩が痛い、背中が痛いといった痛みが和らぐかもしれません。眠りすぎの防止にもなるでしょう。また、枕の買い替えでいびき、歯ぎしりの解消も期待できます。

朝起きると痛い……
原因は枕が合わないせい?

朝起きると痛い……原因は枕が合わないせい?

よく寝違える、寝ると首が痛い、朝起きると肩が痛い……これらの症状の原因は枕である可能性が高いです。枕が合わないと、主に肩や首に痛みを引き起こします。首がこることや肩凝りだけではありません。痛みを和らげようと無意識に不自然な寝姿勢になり、痛みは他の部位へと広がってしまいます。背中や腰位置に負荷が集中して背中の張りや腰痛につながり、寝て起きると背中が痛い、朝起きたら肩甲骨が痛いといった症状が起こるのです。

 他には、締め付けられるような痛みの「緊張型頭痛」や、朝起きると後頭部が痛い「後頭神経痛」は、枕が合っていないことで起こるとも言われています。ふわふわとしためまいを伴う場合は、緊張型頭痛の可能性がありますので、体に合う枕でないと何度寝ても頭が痛いでしょう。ただし、頭の片側や両側が急にズキズキ痛み、吐き気を伴う偏頭痛(片頭痛)の場合は、枕が直接の原因ではありません。 

 枕が合わないと、こうしたさまざまな症状を引き起こします。そのため、睡眠不足で熟睡できず、昼寝が増えたり寝過ぎたりと睡眠サイクルが崩れやすいです。そして、起きた時や日中に「しんどい、だるい」と感じやすくなります。昼寝すると頭痛が起きる方も、睡眠サイクルの乱れが原因です。

 他にも、枕だけでなくマットレスが柔らかい(硬い)、布団が重いといった寝具が合わないことや、仕事で疲れることやストレスなども影響しています。症状を改善するには、寝具の見直しや睡眠サイクルを整えることが必要です。 

 寝転がると首や肩への圧迫感や首が痛い、首がつるような違和感があるなら、枕が合ってない可能性は高いです。合わない枕を無理に使用せず、枕を見直すことをおすすめします。 

 からだに合う枕を使用すると楽な姿勢になるので、寝起きに首が痛い、肩が痛い、背中が痛いといった痛みが和らぐかもしれません。眠りすぎの防止にもなるでしょう。また、枕の買い替えでいびき、歯ぎしりの解消も期待できます。

合わなくなった枕の対処法

合わなくなった枕の対処法

朝起きると首が痛い(首のリンパが痛い)、寝ると肩が凝るといった悩みがあるなら、正しい睡眠姿勢で寝てない可能性が高いです。正しい寝姿勢で寝るためには、枕を使う必要性があります。現代人は、スマホの使用やデスクワークによって猫背や巻き肩、頸椎が真っ直ぐになるストレートネックなど姿勢不良の方が多いです。上を向くと首の付け根が痛い症状もこれに当てはまります。元々姿勢の悪い方が合わない枕を使うと、姿勢不良が悪化。頭痛や肩こりの他にも、自律神経の乱れで気持ち悪いといった、さまざまな不調の原因になります。 

 とはいえ、すぐに枕を買い換えるのは難しいですよね。そこで、今お持ちの枕で調整する方法を紹介します。枕を見直す前に、以下の3つを試してみましょう。

  • 枕を正しい位置で使う
  • タオルを敷いて調整する
  • 枕の中材で高さ調整する

高さが合った枕なら、正しい寝方ができるため、肩こり改善や寝不足改善も期待できます。肩が痛い、頸椎症(首ヘルニア)、朝起きると頭痛がすると悩む方におすすめです。

 枕が合わないからといって、枕なしで寝るのはおすすめしません。しかし「本当に枕は必要か」「自分には必要ないんじゃないか」と疑う方もいるでしょう。たしかに枕がないと、首のしわがなくなることや、頸椎の歪みが矯正されストレートネックの改善といったメリットが期待できますが、枕なしで寝ると悪化する症状もあります。今後、起床時の背中の痛みや、ヘルニア(頚椎椎間板ヘルニア)といった痛みにつながる可能性もあります。現在、首痛や寝ると肩が痛いといった状態でなくても、枕なしで寝るのは避けましょう。

合わなくなった枕の対処法

合わなくなった枕の対処法

朝起きると首が痛い(首のリンパが痛い)、寝ると肩が凝るといった悩みがあるなら、正しい睡眠姿勢で寝てない可能性が高いです。正しい寝姿勢で寝るためには、枕を使う必要性があります。現代人は、スマホの使用やデスクワークによって猫背や巻き肩、頸椎が真っ直ぐになるストレートネックなど姿勢不良の方が多いです。上を向くと首の付け根が痛い症状もこれに当てはまります。元々姿勢の悪い方が合わない枕を使うと、姿勢不良が悪化。頭痛や肩こりの他にも、自律神経の乱れで気持ち悪いといった、さまざまな不調の原因になります。 

 とはいえ、すぐに枕を買い換えるのは難しいですよね。そこで、今お持ちの枕で調整する方法を紹介します。枕を見直す前に、以下の3つを試してみましょう。

  • 枕を正しい位置で使う
  • タオルを敷いて調整する
  • 枕の中材で高さ調整する

高さが合った枕なら、正しい寝方ができるため、肩こり改善や寝不足改善も期待できます。肩が痛い、頸椎症(首ヘルニア)、朝起きると頭痛がすると悩む方におすすめです。

 枕が合わないからといって、枕なしで寝るのはおすすめしません。しかし「本当に枕は必要か」「自分には必要ないんじゃないか」と疑う方もいるでしょう。たしかに枕がないと、首のしわがなくなることや、頸椎の歪みが矯正されストレートネックの改善といったメリットが期待できますが、枕なしで寝ると悪化する症状もあります。今後、起床時の背中の痛みや、ヘルニア(頚椎椎間板ヘルニア)といった痛みにつながる可能性もあります。現在、首痛や寝ると肩が痛いといった状態でなくても、枕なしで寝るのは避けましょう。

枕を正しい位置で使う

枕を正しい位置で使う

正しい枕の使い方ができていないと、首の不調や頭が痛いことの原因になります。背中から首の付け根、後頭部にかけて隙間がないように、枕を肩口までしっかり引き寄せて固定するのが正しい使い方です。また、枕の上下が合っているかも確認しましょう。高低差のある低反発枕はどっちが下かわかりにくいですが、高い方を手前(足側)に置きましょう。

 寝違えが多い方は、寝返りが少ない可能性があります。寝違えない方法は、スムーズに寝返りできるようにすることです。仰向けに寝る方は枕の真ん中で、横向きに寝る方は顔を向ける方の端で寝ることを心がけましょう。絶対に寝違えない枕や寝違えない寝方は存在しませんが、寝返りの仕方で改善できます。 枕の高さは合っているけど、「どうも首や肩に違和感がある」という方は、詳細記事をご覧ください。

詳細記事:枕の正しい位置は?理想の寝姿勢を作る使い方

枕を正しい位置で使う

枕を正しい位置で使う

正しい枕の使い方ができていないと、首の不調や頭が痛いことの原因になります。背中から首の付け根、後頭部にかけて隙間がないように、枕を肩口までしっかり引き寄せて固定するのが正しい使い方です。また、枕の上下が合っているかも確認しましょう。高低差のある低反発枕はどっちが下かわかりにくいですが、高い方を手前(足側)に置きましょう。

 寝違えが多い方は、寝返りが少ない可能性があります。寝違えない方法は、スムーズに寝返りできるようにすることです。仰向けに寝る方は枕の真ん中で、横向きに寝る方は顔を向ける方の端で寝ることを心がけましょう。絶対に寝違えない枕や寝違えない寝方は存在しませんが、寝返りの仕方で改善できます。 枕の高さは合っているけど、「どうも首や肩に違和感がある」という方は、詳細記事をご覧ください。

詳細記事:枕の正しい位置は?理想の寝姿勢を作る使い方

タオルで適正な高さに調整

タオルで適正な高さに調整

起きたら肩こり、首が痛くて眠れないといった症状の治し方で、自作のタオル枕を使う方法があります。タオルを重ねることで、枕の高さを自由に調整できますので、肩が凝らない枕を探す前に一度試してみましょう。

  • 枕が低い場合は、枕の下にタオルを敷く
  • 枕が高い場合は、肩の下にタオルを敷く

枕が低いと、横向きで寝たとき肩に負荷がかかります。横向きで寝ると肩が痛い方は、タオルで高さを作りましょう。仰向けで寝たい人は、あごが上を向かないよう、調整してください。また、タオルを首の下に敷いて寝るのは、むちうちのような首が痛い時の寝方や寝違えた時の寝方としてもおすすめです。 

 一方、枕が高いと横向きでしか寝れないことが多く、仰向けで寝れないでしょう。仰向けに寝れないと、横向きでも寝返りが打てなくなるので高さ調整が必要です。仰向けはあごが自然と下に向くので首や肩に力が入り、寝ている間は大丈夫でも、寝て起きたら肩が痛いということが起こります。高さのある枕や高すぎる枕をお持ちなら、肩の下にタオルを引いて肩枕にしましょう。肩枕とは肩から載せられる枕で、肩こりしない枕や肩こりに良い枕と同様に、首や肩の負担を軽減します。 

  枕が低いか高いかは、実際に寝転がると判断できます。仰向けなら上を向くと、天井に対して垂直よりもわずかに下側に目線が行く高さがベストです。横向き寝なら、首筋と背筋が真っ直ぐになるかで、正しい枕の高さかどうかわかります。鏡を使うと確認しやすいです。 

 ちなみに、クッションで枕の代用するのはNGです。頭が沈みすぎて、必要以上に首や肩に力が入って、痛みを悪化させるデメリットがあります。寝起きの頭痛や頭と首の付け根が痛いと悩まされないよう、タオルで高さを整えてください。

タオルで適正な高さに調整

タオルで適正な高さに調整

起きたら肩こり、首が痛くて眠れないといった症状の治し方で、自作のタオル枕を使う方法があります。タオルを重ねることで、枕の高さを自由に調整できますので、肩が凝らない枕を探す前に一度試してみましょう。

  • 枕が低い場合は、枕の下にタオルを敷く
  • 枕が高い場合は、肩の下にタオルを敷く

枕が低いと、横向きで寝たとき肩に負荷がかかります。横向きで寝ると肩が痛い方は、タオルで高さを作りましょう。仰向けで寝たい人は、あごが上を向かないよう、調整してください。また、タオルを首の下に敷いて寝るのは、むちうちのような首が痛い時の寝方や寝違えた時の寝方としてもおすすめです。 

 一方、枕が高いと横向きでしか寝れないことが多く、仰向けで寝れないでしょう。仰向けに寝れないと、横向きでも寝返りが打てなくなるので高さ調整が必要です。仰向けはあごが自然と下に向くので首や肩に力が入り、寝ている間は大丈夫でも、寝て起きたら肩が痛いということが起こります。高さのある枕や高すぎる枕をお持ちなら、肩の下にタオルを引いて肩枕にしましょう。肩枕とは肩から載せられる枕で、肩こりしない枕や肩こりに良い枕と同様に、首や肩の負担を軽減します。 

  枕が低いか高いかは、実際に寝転がると判断できます。仰向けなら上を向くと、天井に対して垂直よりもわずかに下側に目線が行く高さがベストです。横向き寝なら、首筋と背筋が真っ直ぐになるかで、正しい枕の高さかどうかわかります。鏡を使うと確認しやすいです。 

 ちなみに、クッションで枕の代用するのはNGです。頭が沈みすぎて、必要以上に首や肩に力が入って、痛みを悪化させるデメリットがあります。寝起きの頭痛や頭と首の付け根が痛いと悩まされないよう、タオルで高さを整えてください。

枕の素材の量を変える

枕の素材の量を変える

高さを変える手段の2つ目は、枕の中身の量を調整することです。ただし、ファスナー式のように中身を取り出せるものに限ります。枕を低くしたいなら中身を減らして、枕を高くしたいなら中身を補充しましょう。 

 素材の感触が気に入っているなら、同じ素材を補充するのが良いので、お店やメーカーから補充用の素材が売られていないか確認してください。少しずつ調整して、リラックスできて体が痛くない高さを見つけましょう。

ここで紹介したタオル枕や素材の量を変えることは、あくまで応急処置です。高さだけが首の痛みの原因ではありません。枕の感触が固いことやへたりが原因かもしれません。根本的な解決をしたいなら、枕を見直すことをおすすめします。起きると肩が痛い、背中が痛いといった症状を改善させたい今が、枕の変え時です。

枕の素材の量を変える

枕の素材の量を変える

高さを変える手段の2つ目は、枕の中身の量を調整することです。ただし、ファスナー式のように中身を取り出せるものに限ります。枕を低くしたいなら中身を減らして、枕を高くしたいなら中身を補充しましょう。 

 素材の感触が気に入っているなら、同じ素材を補充するのが良いので、お店やメーカーから補充用の素材が売られていないか確認してください。少しずつ調整して、リラックスできて体が痛くない高さを見つけましょう。

ここで紹介したタオル枕や素材の量を変えることは、あくまで応急処置です。高さだけが首の痛みの原因ではありません。枕の感触が固いことやへたりが原因かもしれません。根本的な解決をしたいなら、枕を見直すことをおすすめします。起きると肩が痛い、背中が痛いといった症状を改善させたい今が、枕の変え時です。

合わない枕の見直し方

合わない枕の見直し方

朝起きたら首が痛い、肩こりで寝れないといった悩みを解決するには、体に合う枕選びが大切です。気持ちよく起床して、寝てる間も安眠できるように、自分に合った体に良い枕や熟睡できる枕を選びましょう。枕の見分け方は、以下の通りです。

  • 寝る姿勢や体格に合わせた高さであるか
  • リラックスできる素材であるか
  • お試し期間があるか

枕選びでは、上記の3点をチェックしてください。もし、枕が高くないと眠れない、枕は高いほうがいいという方は、変な癖がついていることが原因かもしれません。この機会に、自分に合った体に良い枕を見つけて、快適な寝方ができるようにしましょう。より詳しい見分け方は、以下の記事で詳しく解説しています。どんな枕が合っているか、きちんと知りたい時にご覧ください。

詳細記事:自分に合う枕の選び方は?寝具メーカー直伝(準備中)

「朝起きると肩がこっている」「起きたら首が痛い」「首が痛くて回らない!」こんな悩みから解放される肩や首が痛くならない枕を見つけるためには、お試し期間があることが必須条件です。 「売れてる枕やホテルで使われているいいやつが欲しい」と思って購入しても、自宅のベットや布団との相性が合わない場合があります。最初は良くても、数日後に突然「朝起きたら肩甲骨が痛いし、なんか頭がこる」といった症状が起こる可能性もあります。 「肩こりに効く枕」「首に良い枕」と記載されている商品であっても、本当に自分に合ういい枕かどうかは、自宅で時間をかけて判断するのがおすすめです。快適な睡眠を取るためにも、枕を買うなら「お試し期間」が付いているかをチェックしてみてください。

合わない枕の見直し方

合わない枕の見直し方

朝起きたら首が痛い、肩こりで寝れないといった悩みを解決するには、体に合う枕選びが大切です。気持ちよく起床して、寝てる間も安眠できるように、自分に合った体に良い枕や熟睡できる枕を選びましょう。枕の見分け方は、以下の通りです。

  • 寝る姿勢や体格に合わせた高さであるか
  • リラックスできる素材であるか
  • お試し期間があるか

枕選びでは、上記の3点をチェックしてください。もし、枕が高くないと眠れない、枕は高いほうがいいという方は、変な癖がついていることが原因かもしれません。この機会に、自分に合った体に良い枕を見つけて、快適な寝方ができるようにしましょう。より詳しい見分け方は、以下の記事で詳しく解説しています。どんな枕が合っているか、きちんと知りたい時にご覧ください。

詳細記事:自分に合う枕の選び方は?寝具メーカー直伝(準備中)

「朝起きると肩がこっている」「起きたら首が痛い」「首が痛くて回らない!」こんな悩みから解放される肩や首が痛くならない枕を見つけるためには、お試し期間があることが必須条件です。 「売れてる枕やホテルで使われているいいやつが欲しい」と思って購入しても、自宅のベットや布団との相性が合わない場合があります。最初は良くても、数日後に突然「朝起きたら肩甲骨が痛いし、なんか頭がこる」といった症状が起こる可能性もあります。 「肩こりに効く枕」「首に良い枕」と記載されている商品であっても、本当に自分に合ういい枕かどうかは、自宅で時間をかけて判断するのがおすすめです。快適な睡眠を取るためにも、枕を買うなら「お試し期間」が付いているかをチェックしてみてください。

100日間のお試し期間付きのエマ・ピロー

体に合う正しい枕の選び方

寝て起きると首が痛い、朝起きると頭痛、このような悩みを解決するためには、枕を見直すことが大切。しかし、体格や寝る姿勢、素材の好みは人によって異なるので、自分にピッタリ合う枕探しは簡単ではありません。

当社のエマ・ピローは、3層のウレタンフォーム構造が特徴。どんな体格や寝姿勢の方にでも対応できるように、3段階に高さが調整できる設計です。「仰向け」「横向き」「うつ伏せ」どの寝姿勢でも快適な高さで眠れます。

枕の素材は、体にフィットしながらも無理な圧迫がない、柔らかなゲルエアーフォーム。頭や首、肩をサポートしてリラックスした眠りへと導いてくれます。

「実際に使ってみないと、枕が体に合うかわからない」という要望に応え、エマ・ピローは購入後100日間のお試し期間を設けました。エマ・ピローが体に合うかどうか、ご自宅の環境でじっくりお試しいただけます。万が一、体に合わなかった場合でも、期間内であれば返品可能。送料や手数料は一切不要で全額返金いたします。 スッキリ眠って、朝起きたらなんの痛みもない。そんな快適な毎日を過ごせるよう、枕はしっかりと選びたいですよね。合わない枕を買ってしまって後悔している人は、次の枕選びには、エマ・ピローを試してみませんか。

100日間のお試し期間付き
エマ・ピロー

体に合う正しい枕の選び方

寝て起きると首が痛い、朝起きると頭痛、このような悩みを解決するためには、枕を見直すことが大切。しかし、体格や寝る姿勢、素材の好みは人によって異なるので、自分にピッタリ合う枕探しは簡単ではありません。

当社のエマ・ピローは、3層のウレタンフォーム構造が特徴。どんな体格や寝姿勢の方にでも対応できるように、3段階に高さが調整できる設計です。「仰向け」「横向き」「うつ伏せ」どの寝姿勢でも快適な高さで眠れます。

枕の素材は、体にフィットしながらも無理な圧迫がない、柔らかなゲルエアーフォーム。頭や首、肩をサポートしてリラックスした眠りへと導いてくれます。

「実際に使ってみないと、枕が体に合うかわからない」という要望に応え、エマ・ピローは購入後100日間のお試し期間を設けました。エマ・ピローが体に合うかどうか、ご自宅の環境でじっくりお試しいただけます。万が一、体に合わなかった場合でも、期間内であれば返品可能。送料や手数料は一切不要で全額返金いたします。 スッキリ眠って、朝起きたらなんの痛みもない。そんな快適な毎日を過ごせるよう、枕はしっかりと選びたいですよね。合わない枕を買ってしまって後悔している人は、次の枕選びには、エマ・ピローを試してみませんか。