枕の捨て方は?正しい処分方法

枕の捨て方は?正しい処分方法

枕は消耗品。寿命が来たら新しい枕に買い替える必要があります。その時に悩むのが、古い枕を捨てる方法です。最近の枕の素材は多種多様。エコの観点からも自治体によってさまざまな分別基準があります。今回は、枕を捨てるにあたって、どうすればきちんと処分できるのかを確認していきましょう。

目次

  • 枕の正しい捨て方
  • 枕を買い替えるときは寿命と処分しやすさも考えよう
  • エマ・ピローは使用後も捨てやすいウレタンフォーム

枕の捨て方は?正しい処分方法

枕の捨て方は?正しい処分方法

枕は消耗品。寿命が来たら新しい枕に買い替える必要があります。その時に悩むのが、古い枕を捨てる方法です。最近の枕の素材は多種多様。エコの観点からも自治体によってさまざまな分別基準があります。今回は、枕を捨てるにあたって、どうすればきちんと処分できるのかを確認していきましょう。

目次

  • 枕の正しい捨て方
  • 枕を買い替えるときは寿命と処分しやすさも考えよう
  • エマ・ピローは使用後も捨てやすいウレタンフォーム

枕の正しい捨て方

枕の正しい捨て方

お手持ちの枕を捨てたい場合は、どうすれば良いのでしょうか。以下のステップに添って対応しましょう。

まず、素材が燃えるゴミか燃えないゴミかを確認

お使いの枕の中身は何でしょうか?自治体のゴミ分別基準はさまざまですが、おおよそ素材で分けられます。

天然素材
(燃えるゴミであることが多い)
人工素材
 (自治体の基準を要確認)
そばがら
羽毛枕
羽根枕
籾殻枕
ウレタン枕
ビーズ枕
パイプ枕

基本的に、枕の素材が天然素材である場合は「燃えるゴミ(燃やすごみ)」であることが多いです。 枕の人工素材の原料は、ほとんどがプラスチックです。低反発枕やポリエステル綿、パイプもビーズもミニボールも、洗剤などの容器と同じく石油から作られています。普段のゴミ捨てを思い返してみてください。プラスチック容器は「燃えるゴミ(燃やすごみ)」「燃えないゴミ(燃やさないごみ)」のどちらで捨てているでしょうか?当てはまる方で捨ててください。 

 気を付けたいのが、枕カバーや外側の生地です。布地はたいてい「燃えるゴミ」であることが多いですが、ファスナーが付いているものは要注意。ファスナーは金属なので、ほぼ「燃えないゴミ」です。もしファスナー付きのカバーも捨てる場合は、ちゃんと切り離してから別々に捨てるようにしましょう。 

 「ごみの捨て方」「ゴミの分別」「ゴミの分け方」+市区町村名などのワードで検索すれば、自治体のWebサイトでゴミの分別基準を確認できます。

枕の大きさによっては粗大ゴミになることも

一口に「枕」といってもサイズはさまざま。大きさによっては、指定のゴミ袋に入りきらないこともあるでしょう。粗大ごみサイズでも、ウレタン、ポリエステル、わたなど、カットして小さく分解できれば、「燃えるゴミ」「燃えないゴミ」のいずれかで出せます。

しかし、分解できないような素材の場合は「粗大ごみ」扱いになることも。自治体指定の回収券を購入して、指定された日に出しましょう。回収にかかる料金は自治体によって異なりますが、おおむね300円程度です。料金はかかりますが、同じ寝具のマットレスと違って枕は軽いので搬出する手間がないぶん捨てやすいといえます。

どうしてもわからなければ、お住まいの地域の自治体に確認

最も身近なのは、市区町村の公式サイトからゴミの分別を確認する方法です。 枕の捨て方がどうしてもわからない!という場合は、自治体に直接電話して確認しましょう。

わからないまま適当に捨ててしまうのは、環境問題からも避けるべきです。 自治体のごみを担当している部署の電話番号がわからない場合は、自治体の代表電話にかけましょう。「ゴミの分別について確認したい」と伝えれば、担当部署につないでくれます。

枕の正しい捨て方

枕の正しい捨て方

お手持ちの枕を捨てたい場合は、どうすれば良いのでしょうか。以下のステップに添って対応しましょう。

まず、素材が燃えるゴミか燃えないゴミかを確認

お使いの枕の中身は何でしょうか?自治体のゴミ分別基準はさまざまですが、おおよそ素材で分けられます。

天然素材
(燃えるゴミであることが多い)
人工素材
 (自治体の基準を要確認)
そばがら
羽毛枕
羽根枕
籾殻枕
ウレタン枕
ビーズ枕
パイプ枕

基本的に、枕の素材が天然素材である場合は「燃えるゴミ(燃やすごみ)」であることが多いです。 枕の人工素材の原料は、ほとんどがプラスチックです。低反発枕やポリエステル綿、パイプもビーズもミニボールも、洗剤などの容器と同じく石油から作られています。普段のゴミ捨てを思い返してみてください。プラスチック容器は「燃えるゴミ(燃やすごみ)」「燃えないゴミ(燃やさないごみ)」のどちらで捨てているでしょうか?当てはまる方で捨ててください。 

 気を付けたいのが、枕カバーや外側の生地です。布地はたいてい「燃えるゴミ」であることが多いですが、ファスナーが付いているものは要注意。ファスナーは金属なので、ほぼ「燃えないゴミ」です。もしファスナー付きのカバーも捨てる場合は、ちゃんと切り離してから別々に捨てるようにしましょう。 

 「ごみの捨て方」「ゴミの分別」「ゴミの分け方」+市区町村名などのワードで検索すれば、自治体のWebサイトでゴミの分別基準を確認できます。

枕の大きさによっては粗大ゴミになることも

一口に「枕」といってもサイズはさまざま。大きさによっては、指定のゴミ袋に入りきらないこともあるでしょう。粗大ごみサイズでも、ウレタン、ポリエステル、わたなど、カットして小さく分解できれば、「燃えるゴミ」「燃えないゴミ」のいずれかで出せます。

しかし、分解できないような素材の場合は「粗大ごみ」扱いになることも。自治体指定の回収券を購入して、指定された日に出しましょう。回収にかかる料金は自治体によって異なりますが、おおむね300円程度です。料金はかかりますが、同じ寝具のマットレスと違って枕は軽いので搬出する手間がないぶん捨てやすいといえます。

どうしてもわからなければ、お住まいの地域の自治体に確認

最も身近なのは、市区町村の公式サイトからゴミの分別を確認する方法です。 枕の捨て方がどうしてもわからない!という場合は、自治体に直接電話して確認しましょう。

わからないまま適当に捨ててしまうのは、環境問題からも避けるべきです。 自治体のごみを担当している部署の電話番号がわからない場合は、自治体の代表電話にかけましょう。「ゴミの分別について確認したい」と伝えれば、担当部署につないでくれます。

枕を買い替えるときは寿命と処分しやすさも考えよう

枕を買い替えるときは寿命と処分しやすさも考えよう

枕は、眠るときに頭と首を支える大切な寝具ですが、長時間使うため消耗しやすいです。 長持ちする枕でも、3~5年程度で買い替える必要があります。もしすでにそれに近い年数使っているとしたら、買い替え時期といえます。実はもう寿命が来ている可能性が高いです。

詳細:寿命記事(準備中)

買い替えの時には枕選びで悩みますよね。消耗品だからと、枕を買う時に「安い」ことを基準にする方は多いです。買う時は「安くていい枕」と思ったとしても、すぐにへたってしまったらどうでしょうか。短い期間で何度も買い替える方が、かえって高くつくこともあります。半年でダメになる2000円の枕を買うくらいなら、10000円の枕を買って3年間使えば、コスパ的に安上がりな上に快適に眠れます。

枕を買い替える時は「自分に合うかどうか」を確認して、耐久性が高くへたりにくい枕を選ぶこと、できれば捨てやすい枕にすること。これが満足できる枕に買い替えるためのおすすめポイントです。

枕を買い替えるときは寿命と処分しやすさも考えよう

枕を買い替えるときは寿命と処分しやすさも考えよう

枕は、眠るときに頭と首を支える大切な寝具ですが、長時間使うため消耗しやすいです。 長持ちする枕でも、3~5年程度で買い替える必要があります。もしすでにそれに近い年数使っているとしたら、買い替え時期といえます。実はもう寿命が来ている可能性が高いです。

詳細:寿命記事(準備中)

買い替えの時には枕選びで悩みますよね。消耗品だからと、枕を買う時に「安い」ことを基準にする方は多いです。買う時は「安くていい枕」と思ったとしても、すぐにへたってしまったらどうでしょうか。短い期間で何度も買い替える方が、かえって高くつくこともあります。半年でダメになる2000円の枕を買うくらいなら、10000円の枕を買って3年間使えば、コスパ的に安上がりな上に快適に眠れます。

枕を買い替える時は「自分に合うかどうか」を確認して、耐久性が高くへたりにくい枕を選ぶこと、できれば捨てやすい枕にすること。これが満足できる枕に買い替えるためのおすすめポイントです。

エマ・ピローは使用後も捨てやすいウレタンフォーム

体に合う正しい枕の選び方

エマ・ピローは、購入後100日間自宅でお試しが可能なので、もしも合わなくても返品が可能です。送料や手数料は一切不要で全額返金いたします。 枕を買ってみたけれど「合わなかった」と思ってそのままになっている方も多いのではないでしょうか。エマ・ピローなら、処分しなくてもお試し期間内なら返品できるので大変便利です。

また、独自に開発したウレタンのエア・ゲルフォームは、柔らかいながらも頭と首をしっかりとサポートしてくれる耐久性の高い素材です。捨てるときもハサミでカットすれば粗大ゴミにならずに捨てられるので、買い替えの時にも手間がかかりません。

枕を買い替える必要がある方、次こそは合う枕が欲しい方は、ぜひエマ・ピローを試してみませんか。

エマ・ピローは使用後も捨てやすいウレタンフォーム

体に合う正しい枕の選び方

エマ・ピローは、購入後100日間自宅でお試しが可能なので、もしも合わなくても返品が可能です。送料や手数料は一切不要で全額返金いたします。 枕を買ってみたけれど「合わなかった」と思ってそのままになっている方も多いのではないでしょうか。エマ・ピローなら、処分しなくてもお試し期間内なら返品できるので大変便利です。

また、独自に開発したウレタンのエア・ゲルフォームは、柔らかいながらも頭と首をしっかりとサポートしてくれる耐久性の高い素材です。捨てるときもハサミでカットすれば粗大ゴミにならずに捨てられるので、買い替えの時にも手間がかかりません。

枕を買い替える必要がある方、次こそは合う枕が欲しい方は、ぜひエマ・ピローを試してみませんか。