マットレスがズレる!動かないように固定する方法は?

マットレスがズレる!動かないように固定する方法は?

「毎朝起きるとマットレスがずれているのが気になって仕方がない」と思っていませんか?寝る度にマットレスがずれると、毎回位置を調整する必要があって面倒ですよね。

マットレスがずれる原因は、寝返りの際に生まれる横に働く力です。寝返りを打った瞬間に生まれた力がマットレスに伝わり、ベッドフレームやすのこをずらしてしまうのです。とくに、寝返りがしにくいマットレスや滑りやすいベッドフレームの上に置いていると、簡単にずれてしまいます。

この記事では、頻繁にずれる場所をピックアップし、それぞれの対策方法を紹介。ずれる心配がなくなれば、ストレスの無い睡眠時間を過ごすことができますので、ぜひ実践してみてください。

目次

  • 動かないようにしたい!マットレスのズレ防止策
  • マットレスがズレるのを防げばストレスは減る

マットレスがズレる!
動かないように固定する方法は?

マットレスがズレる!動かないように固定する方法は?

「毎朝起きるとマットレスがずれているのが気になって仕方がない」と思っていませんか?寝る度にマットレスがずれると、毎回位置を調整する必要があって面倒ですよね。

マットレスがずれる原因は、寝返りの際に生まれる横に働く力です。寝返りを打った瞬間に生まれた力がマットレスに伝わり、ベッドフレームやすのこをずらしてしまうのです。とくに、寝返りがしにくいマットレスや滑りやすいベッドフレームの上に置いていると、簡単にずれてしまいます。

この記事では、頻繁にずれる場所をピックアップし、それぞれの対策方法を紹介。ずれる心配がなくなれば、ストレスの無い睡眠時間を過ごすことができますので、ぜひ実践してみてください。

目次

  • 動かないようにしたい!マットレスのズレ防止策
  • マットレスがズレるのを防げばストレスは減る

動かないようにしたい!マットレスのズレ防止策

動かないようにしたい!マットレスのズレ防止策

寝る度にマットレスがずれて、毎日位置を調整するのは面倒ですよね。マットレスがズレる原因は、寝返りの時に生じる横へ働く力です。寝返りしにくいマットレスを使っていたり、滑りやすい素材の上に置いてると、寝返りを打った瞬間にずれてしまうのです。

マットレスがずれる原因は、主に5つあり、お使いの寝具を確認し、当てはまる項目を確認してみてください。

  • シーツが滑る
  • ベッドフレームやすのこ自体が動く
  • マットレスがフレームやすのこからずれる
  • 並べたマットレスに隙間ができる
  • マットレスパッドがズレる

1.シーツが滑る場合

被せたシーツがずれて、翌朝起きたらシーツがぐしゃぐしゃになっていた経験はありませんか?すぐに綺麗に整えられるものの、毎日戻すのは面倒ですよね。シーツがずれる原因は、マットレスの下に挟み込むタイプを使っていたり、シーツのサイズがマットレスよりも大きい場合に起こります。

シーツがぐしゃぐしゃにならず綺麗に保つには、ゴムバンドが付いているシーツを使いましょう。取り付けるのは少し大変ですが、ゴムがしっかりシーツを固定してくれるので、ずれることはありません。

注意点として、サイズはマットレスのサイズに合わせましょう。たとえば、シングルサイズのマットレスに対して、セミダブルのシーツを使ってしまうと、どうしてもくしゃくしゃにずれてしまいます。

また、シーツではなくマットレス全体を覆うマットレスプロテクターを使えば、ずれる心配が無いのはもちろん、汚れやダニの侵入を防いで衛生面も綺麗に保ちます。

2.マットレスがフレームやすのこからずれる場合

翌朝起きたら、マットレスがフレームやすのこからずれていたという経験のある方もいらっしゃるでしょう。とくにすのこは、滑りやすい木材が使われており、固定も難しく簡単にずれてしまいます。

マットレスがずれてしまう方は、まず除湿シートを敷いてみましょう。睡眠中、身体は体温調節のために汗をかき、その湿気がマットレスの下に溜まります。除湿シートは、その溜まった湿気を吸収し、カビやダニの繁殖を防いでくれます。除湿シートに使われている素材は摩擦力が高いものが多く、滑り止めの効果も期待できます。

除湿シートを使っているけど、どうしてもマットレスがずれるという方は、除湿シートの下に滑り止めパッドを敷き、ずれを防ぎましょう。

3.ベッドフレームやすのこ自体が動く場合

マットレスに留まらず、ベッドフレームやすのこ自体がずれてしまう方は、滑りやすい床に設置しているかもしれません。床とフレームやすのこの設置面に、滑り止めシートを使ってみましょう。

100円均一で滑り止めシートを購入し、柱のサイズに合わせてカットして挟めば、見た目を損ねずにずれ対策ができます。滑り止めシートをフレームやすのこの柱に接着剤で固定すれば、ずれることはほぼ無いでしょう。

4.並べたマットレスに隙間ができる場合

家族と一緒に寝るためにマットレスをくっつけているが、翌朝マットレスがずれて間に隙間が生まれるという方は、マットレス固定ベルトを使いましょう。マットレスの周囲に巻き付けて一つにまとめれば、ずれて隙間ができることはありません。

シングルサイズのマットレスを2つくっつける場合、ベルトの長さは最低でも8m必要です。ダブルサイズなど、より大きいマットレスをくっ付けているなら、10m以上あるベルトを選びましょう。

5.パッドやトッパーがズレる場合

マットレスの上に敷いているパッドやトッパーがずれてしまう場合は、上からBOXシーツを被せるようにしましょう。とくにパッドは、マットレスの四隅にゴムバンドで固定するものが多く、ずれる度にゴムが伸びてしまい、ずれがひどくなってしまいます。BOXシーツを使えば、マットレスはもちろん、重ねたパッドやトッパーも丸ごと覆うので、ずれを防ぎつつ寝具を汚れから守ってくれます。

動かないようにしたい!
マットレスのズレ防止策

動かないようにしたい!マットレスのズレ防止策

寝る度にマットレスがずれて、毎日位置を調整するのは面倒ですよね。マットレスがズレる原因は、寝返りの時に生じる横へ働く力です。寝返りしにくいマットレスを使っていたり、滑りやすい素材の上に置いてると、寝返りを打った瞬間にずれてしまうのです。

マットレスがずれる原因は、主に5つあり、お使いの寝具を確認し、当てはまる項目を確認してみてください。

  • シーツが滑る
  • ベッドフレームやすのこ自体が動く
  • マットレスがフレームやすのこからずれる
  • 並べたマットレスに隙間ができる
  • マットレスパッドがズレる

1.シーツが滑る場合

被せたシーツがずれて、翌朝起きたらシーツがぐしゃぐしゃになっていた経験はありませんか?すぐに綺麗に整えられるものの、毎日戻すのは面倒ですよね。シーツがずれる原因は、マットレスの下に挟み込むタイプを使っていたり、シーツのサイズがマットレスよりも大きい場合に起こります。

シーツがぐしゃぐしゃにならず綺麗に保つには、ゴムバンドが付いているシーツを使いましょう。取り付けるのは少し大変ですが、ゴムがしっかりシーツを固定してくれるので、ずれることはありません。

注意点として、サイズはマットレスのサイズに合わせましょう。たとえば、シングルサイズのマットレスに対して、セミダブルのシーツを使ってしまうと、どうしてもくしゃくしゃにずれてしまいます。

また、シーツではなくマットレス全体を覆うマットレスプロテクターを使えば、ずれる心配が無いのはもちろん、汚れやダニの侵入を防いで衛生面も綺麗に保ちます。

2.マットレスがフレームやすのこからずれる場合

翌朝起きたら、マットレスがフレームやすのこからずれていたという経験のある方もいらっしゃるでしょう。とくにすのこは、滑りやすい木材が使われており、固定も難しく簡単にずれてしまいます。

マットレスがずれてしまう方は、まず除湿シートを敷いてみましょう。睡眠中、身体は体温調節のために汗をかき、その湿気がマットレスの下に溜まります。除湿シートは、その溜まった湿気を吸収し、カビやダニの繁殖を防いでくれます。除湿シートに使われている素材は摩擦力が高いものが多く、滑り止めの効果も期待できます。

除湿シートを使っているけど、どうしてもマットレスがずれるという方は、除湿シートの下に滑り止めパッドを敷き、ずれを防ぎましょう。

3.ベッドフレームやすのこ自体が動く場合

マットレスに留まらず、ベッドフレームやすのこ自体がずれてしまう方は、滑りやすい床に設置しているかもしれません。床とフレームやすのこの設置面に、滑り止めシートを使ってみましょう。

100円均一で滑り止めシートを購入し、柱のサイズに合わせてカットして挟めば、見た目を損ねずにずれ対策ができます。滑り止めシートをフレームやすのこの柱に接着剤で固定すれば、ずれることはほぼ無いでしょう。

4.並べたマットレスに隙間ができる場合

家族と一緒に寝るためにマットレスをくっつけているが、翌朝マットレスがずれて間に隙間が生まれるという方は、マットレス固定ベルトを使いましょう。マットレスの周囲に巻き付けて一つにまとめれば、ずれて隙間ができることはありません。

シングルサイズのマットレスを2つくっつける場合、ベルトの長さは最低でも8m必要です。ダブルサイズなど、より大きいマットレスをくっ付けているなら、10m以上あるベルトを選びましょう。

5.パッドやトッパーがズレる場合

マットレスの上に敷いているパッドやトッパーがずれてしまう場合は、上からBOXシーツを被せるようにしましょう。とくにパッドは、マットレスの四隅にゴムバンドで固定するものが多く、ずれる度にゴムが伸びてしまい、ずれがひどくなってしまいます。BOXシーツを使えば、マットレスはもちろん、重ねたパッドやトッパーも丸ごと覆うので、ずれを防ぎつつ寝具を汚れから守ってくれます。

マットレスがズレるのを防げばストレスは減る

マットレスがズレるのを防げばストレスは減る

マットレスがずれる原因は、寝返り時に発生する横に働く力です。寝返りを打った瞬間に発生した力が、マットレスや他の寝具に伝わり、ずれを生み出してしまうのです。滑りやすい素材の上に置いてあることはもちろんですが、寝返りしにくいマットレスをお使いだと余計な力が生まれ、ずれる可能性が高くなったり疲れが残りやすくなったりします。

マットレスのずれを防ぐには、ずれる箇所を確認し、その場所に応じた対策を行いましょう。ずれの心配がなくなれば、毎回位置を調整するストレスも無くなり、朝の気分も良くなります。

これは紹介になりますが、エマ・マットレスは底面に滑り止め素材を使っていますので、寝返りによるズレを防止します。人間工学に基づいた構造により、スムーズな寝返りができて、ズレの原因になる余計な力を発生させません。もしマットレスの買い替えをご検討の際は、エマ・マットレスを試してみませんか?

マットレスがズレるのを防げば
ストレスは減る

マットレスがズレるのを防げばストレスは減る

マットレスがずれる原因は、寝返り時に発生する横に働く力です。寝返りを打った瞬間に発生した力が、マットレスや他の寝具に伝わり、ずれを生み出してしまうのです。滑りやすい素材の上に置いてあることはもちろんですが、寝返りしにくいマットレスをお使いだと余計な力が生まれ、ずれる可能性が高くなったり疲れが残りやすくなったりします。

マットレスのずれを防ぐには、ずれる箇所を確認し、その場所に応じた対策を行いましょう。ずれの心配がなくなれば、毎回位置を調整するストレスも無くなり、朝の気分も良くなります。

これは紹介になりますが、エマ・マットレスは底面に滑り止め素材を使っていますので、寝返りによるズレを防止します。人間工学に基づいた構造により、スムーズな寝返りができて、ズレの原因になる余計な力を発生させません。もしマットレスの買い替えをご検討の際は、エマ・マットレスを試してみませんか?