ウレタンマットレスの欠点とメリットとは?

ウレタンマットレスの欠点とメリットとは?

最近、通販などで人気の「ウレタンマットレス」は、ウレタンフォームを使った、新しいタイプのマットレスです。ウレタンマットレスは、スプリングを使ったマットレスとどのように違うのでしょうか。素材の欠点だけでなく、それを補って余りあるメリットについて解説します。

目次

  • ウレタンフォームマットレスとは
  • ウレタンマットレスの欠点
  • ウレタンマットレスのメリット
  • エマ・マットレスはこだわりのウレタンフォームマットレス

ウレタンマットレスの
欠点とメリットとは?

ウレタンマットレスの欠点とメリットとは?

最近、通販などで人気の「ウレタンマットレス」は、ウレタンフォームを使った、新しいタイプのマットレスです。ウレタンマットレスは、スプリングを使ったマットレスとどのように違うのでしょうか。素材の欠点だけでなく、それを補って余りあるメリットについて解説します。

目次

  • ウレタンフォームマットレスとは
  • ウレタンマットレスの欠点
  • ウレタンマットレスのメリット
  • エマ・マットレスはこだわりのウレタンフォームマットレス

ウレタンフォームマットレスとは

ウレタンフォームマットレスとは

ウレタンフォームマットレスとは、スプリングのないノンコイルマットレスの一種です。 マットレスの素材に使われるウレタンフォームについて、また高反発ウレタン・低反発ウレタンの区分について見てみましょう。

ウレタンフォームとは

マットレスに使われているウレタンフォームは、ポリウレタンを発泡させて、化学反応で固まらせた素材。正式名称は「ポリウレタンフォーム」です。一般的には「ポリ」を略して「ウレタンフォーム」、さらに「フォーム」も省略した「ウレタン」とも呼ばれます。

一番身近なウレタンフォームは、洗い物などに使うスポンジではないでしょうか。中の気泡が繋がっており、クッション性のある素材です。軟質ウレタンフォームと呼ばれます。 また、小さな泡の集合体が独立していて断熱性に富むウレタンフォームは、硬質ウレタンフォーム。防水パッキンなどに使用されます。

マットレスに使われるのは、軟質と硬質の中間の硬さの「半硬質ウレタンフォーム」。反発性とクッション性を兼ね備えた素材です。

高反発ウレタン、低反発ウレタンって?

消費者庁による「ウレタンフォームマットレスの定義」では、ウレタンフォームの厚さが50ミリメートル(5cm)以上のものと定められています。 また、ウレタンマットレスでよく見る「高反発」「低反発」という区分の明確な定義はないとされていますが、一般的に高反発≒硬い、低反発≒やわらかいと分類されています。硬さに関しては、ニュートン(N)という国際単位で表されます。

  • 110N以上:かため(高反発)
  • 75N以上110N未満:ふつう
  • 75N未満:やわらかめ(低反発)

マットレスのタグには、材料(ウレタンフォーム)や硬さ(ニュートン)を示すように消費者庁によって定められています。お店で選ぶときは、確認してみてくださいね。

ウレタンフォームマットレスとは

ウレタンフォームマットレスとは

ウレタンフォームマットレスとは、スプリングのないノンコイルマットレスの一種です。 マットレスの素材に使われるウレタンフォームについて、また高反発ウレタン・低反発ウレタンの区分について見てみましょう。

ウレタンフォームとは

マットレスに使われているウレタンフォームは、ポリウレタンを発泡させて、化学反応で固まらせた素材。正式名称は「ポリウレタンフォーム」です。一般的には「ポリ」を略して「ウレタンフォーム」、さらに「フォーム」も省略した「ウレタン」とも呼ばれます。

一番身近なウレタンフォームは、洗い物などに使うスポンジではないでしょうか。中の気泡が繋がっており、クッション性のある素材です。軟質ウレタンフォームと呼ばれます。 また、小さな泡の集合体が独立していて断熱性に富むウレタンフォームは、硬質ウレタンフォーム。防水パッキンなどに使用されます。

マットレスに使われるのは、軟質と硬質の中間の硬さの「半硬質ウレタンフォーム」。反発性とクッション性を兼ね備えた素材です。

高反発ウレタン、低反発ウレタン?

消費者庁による「ウレタンフォームマットレスの定義」では、ウレタンフォームの厚さが50ミリメートル(5cm)以上のものと定められています。 また、ウレタンマットレスでよく見る「高反発」「低反発」という区分の明確な定義はないとされていますが、一般的に高反発≒硬い、低反発≒やわらかいと分類されています。硬さに関しては、ニュートン(N)という国際単位で表されます。

  • 110N以上:かため(高反発)
  • 75N以上110N未満:ふつう
  • 75N未満:やわらかめ(低反発)

マットレスのタグには、材料(ウレタンフォーム)や硬さ(ニュートン)を示すように消費者庁によって定められています。お店で選ぶときは、確認してみてくださいね。

ウレタンマットレスの欠点

ウレタンマットレスの欠点

素材の扱いやすさから、今では広く普及しているウレタンマットレス。重たくて扱いづらかったり、処分が大変なスプリングマットレスから買い替えを検討している人も増えています。

しかし、ウレタンマットレスの購入をためらう人は、以下のような欠点が気になるようです。順にみていきましょう。

  • 通気性が悪い
  • 水に弱い
  • 高温に弱い
  • 耐久性がやや劣る

通気性が悪い

「ウレタンマットレス」で検索すると「夏暑い」「蒸れる」「カビ」といった口コミが見られることがあります。確かに、マットレスの中が空洞になっているスプリングマットレスに比べると、素材が詰まっているウレタンは通気性が劣ることがあります。 特に、日本は部屋の湿度や結露など、マットレスが湿りやすい環境にあるので、通気性の良さは死活問題です。

しかし、ウレタンマットレスも技術開発が進んでいます。現在流通しているマットレスの中には「オープンセル構造」といって、ウレタンの中の気泡が繋がっているため、水分や空気を通しやすい構造になっているものがあります。一概に「ウレタンマットレスだから通気性が悪い」わけではありません。

通気性の良いマットレスの選び方については、こちらの詳細記事も併せてご確認ください。

詳細:蒸れにくい!通気性の良いマットレスの選び方

また、自宅で実際に眠ってみることで、通気性の良しあしを確認できる「お試し期間」を設けているマットレスメーカーもあります。

水に弱い

基本的に、材質を問わずマットレスを使用する際は、部屋の湿度に注意を払う必要があります。結露を避けるため床に直置きでは使わず、少なくとも月に1~2度は立てかけて干したりなどのお手入れも重要です。

ウレタンマットレスの原料であり、服や靴、合成皮革などのカバンの素材にも利用されているポリウレタン。実は、温度や湿度の変化に対しては弱いのが弱点です。高反発のファイバーマットレスを除くマットレスは、タイプを問わずに水濡れ厳禁。カビを防ぐためには、ベッドの置き場所や、寝室の湿度・結露に気を付ける必要があります。汚れを落としたい時も、マットレスをなるべく濡らさないように処置しなければなりません。

マットレスのお手入れポイントについては、こちらの詳細記事も併せてご確認ください。

詳細:マットレスの掃除はどうする?清潔にするお手入れのやり方

「水に弱い」という欠点は、ウレタンマットレスだからというわけではなく、ほとんどのマットレスに言えることでしょう。おねしょや寝汗のシミなどが気になる場合は、防水のマットレスプロテクターをつけることをおすすめします。

高温に弱い

ポリウレタンには、高温に弱いという欠点があります。そのため、使い方に注意が必要です。

例えば、お手入れの際は天日干しをしてはいけません。温度だけでなく紫外線でウレタンが劣化してしまいます。風通しの良い場所で陰干ししましょう。

また、布団乾燥機をかけたい時も要注意です。ウレタンマットレスに高温で布団乾燥機をかけると、劣化が早まってしまいます。普段のお手入れは、冷風や低温モードにしましょう。

耐久性がやや劣る

マットレスの材質や品質にもよりますが、マットレスの寿命は大体以下の通りです。

  • ポケットコイルマットレス:1~10年
  • ボンネルコイルマットレス:1~8年
  • 高反発ウレタンマットレス:1~10年
  • 低反発ウレタンマットレス:1~5年

同じ種類のマットレスでも、耐久期間に開きがあるのは、マットレス素材の品質により耐久性が変わるからです。

なお、低反発ウレタンマットレスは、素材そのものが柔らかく体の重量に併せて沈み込むように作られています。その分どうしてもへたるのが早いです。 これに対して、高反発ウレタンマットレスは、長持ちするものだと10年。ボンネルコイル・ポケットコイルなどのスプリングマットレスと比べても遜色ないことがわかります。

へたりにくいマットレスの選び方については、以下の記事も併せてご覧ください。

詳細:へたりにくいマットレスの選び方|長持ちする耐久性

ウレタンマットレスの欠点

ウレタンマットレスの欠点

素材の扱いやすさから、今では広く普及しているウレタンマットレス。重たくて扱いづらかったり、処分が大変なスプリングマットレスから買い替えを検討している人も増えています。

しかし、ウレタンマットレスの購入をためらう人は、以下のような欠点が気になるようです。順にみていきましょう。

  • 通気性が悪い
  • 水に弱い
  • 高温に弱い
  • 耐久性がやや劣る

通気性が悪い

「ウレタンマットレス」で検索すると「夏暑い」「蒸れる」「カビ」といった口コミが見られることがあります。確かに、マットレスの中が空洞になっているスプリングマットレスに比べると、素材が詰まっているウレタンは通気性が劣ることがあります。 特に、日本は部屋の湿度や結露など、マットレスが湿りやすい環境にあるので、通気性の良さは死活問題です。

しかし、ウレタンマットレスも技術開発が進んでいます。現在流通しているマットレスの中には「オープンセル構造」といって、ウレタンの中の気泡が繋がっているため、水分や空気を通しやすい構造になっているものがあります。一概に「ウレタンマットレスだから通気性が悪い」わけではありません。

通気性の良いマットレスの選び方については、こちらの詳細記事も併せてご確認ください。

詳細:蒸れにくい!通気性の良いマットレスの選び方

また、自宅で実際に眠ってみることで、通気性の良しあしを確認できる「お試し期間」を設けているマットレスメーカーもあります。

水に弱い

基本的に、材質を問わずマットレスを使用する際は、部屋の湿度に注意を払う必要があります。結露を避けるため床に直置きでは使わず、少なくとも月に1~2度は立てかけて干したりなどのお手入れも重要です。

ウレタンマットレスの原料であり、服や靴、合成皮革などのカバンの素材にも利用されているポリウレタン。実は、温度や湿度の変化に対しては弱いのが弱点です。高反発のファイバーマットレスを除くマットレスは、タイプを問わずに水濡れ厳禁。カビを防ぐためには、ベッドの置き場所や、寝室の湿度・結露に気を付ける必要があります。汚れを落としたい時も、マットレスをなるべく濡らさないように処置しなければなりません。

マットレスのお手入れポイントについては、こちらの詳細記事も併せてご確認ください。

詳細:マットレスの掃除はどうする?清潔にするお手入れのやり方

「水に弱い」という欠点は、ウレタンマットレスだからというわけではなく、ほとんどのマットレスに言えることでしょう。おねしょや寝汗のシミなどが気になる場合は、防水のマットレスプロテクターをつけることをおすすめします。

高温に弱い

ポリウレタンには、高温に弱いという欠点があります。そのため、使い方に注意が必要です。

例えば、お手入れの際は天日干しをしてはいけません。温度だけでなく紫外線でウレタンが劣化してしまいます。風通しの良い場所で陰干ししましょう。

また、布団乾燥機をかけたい時も要注意です。ウレタンマットレスに高温で布団乾燥機をかけると、劣化が早まってしまいます。普段のお手入れは、冷風や低温モードにしましょう。

耐久性がやや劣る

マットレスの材質や品質にもよりますが、マットレスの寿命は大体以下の通りです。

  • ポケットコイルマットレス:1~10年
  • ボンネルコイルマットレス:1~8年
  • 高反発ウレタンマットレス:1~10年
  • 低反発ウレタンマットレス:1~5年

同じ種類のマットレスでも、耐久期間に開きがあるのは、マットレス素材の品質により耐久性が変わるからです。

なお、低反発ウレタンマットレスは、素材そのものが柔らかく体の重量に併せて沈み込むように作られています。その分どうしてもへたるのが早いです。 これに対して、高反発ウレタンマットレスは、長持ちするものだと10年。ボンネルコイル・ポケットコイルなどのスプリングマットレスと比べても遜色ないことがわかります。

へたりにくいマットレスの選び方については、以下の記事も併せてご覧ください。

詳細:へたりにくいマットレスの選び方|長持ちする耐久性

ウレタンマットレスのメリット

ウレタンマットレスのメリット

欠点を補ってあまりまるウレタンマットレスの長所についても見てみましょう。具体的には以下の4点があります。

  • 寝心地が良い
  • ダニが発生しにくい
  • 品質の割にリーズナブル
  • 処分が簡単

寝心地が良い

人の体は直線ではなく、背中やお尻、ふくらはぎなどが出っ張っています。そのまま横になると、仰向けでも横寝でも、出っ張った部分に大きな荷重がかかってしまうのです。 ウレタンマットレスの良いところは、出っ張った部分は凹み、体全体をバランスよく支える「体圧分散性」にすぐれているところ。腰痛など体の不調にお悩みの方には、必須の機能です。

特に低反発ウレタンの場合は、体を包み込むような寝心地を得られます。そのため、高級なスプリングマットレスでも、クッション材としてウレタンフォームを使っているケースは多いです。

ウレタンフォームは、加工によって硬さや反発力を自在に変えられます。例えば、マットレスの中で力がかかりやすい腰の部分を硬めに作ったり、柔らかい層と硬い層を組み合わせたりして寝姿勢を支えられるようにするなどです。マットレスメーカーでは、様々な工夫を行い「寝心地が良い」かつ「睡眠時に寝返りがしやすい」マットレスを開発しています。

最近では、コイルマットレスよりも寝心地が良いウレタンマットレスも珍しくありません。ぜひ店舗などで試してみてくださいね。

ダニが発生しにくい

敷布団やマットレスは、汗や体温でダニが増殖しやすい環境。特に梅雨~秋など気温と湿度が高い季節は、マットレスのダニ対策に頭を悩ませる人も多いのではないでしょうか。

実は、ウレタンはダニが繁殖しにくい素材です。なぜかというと、ウレタンフォームはポリウレタンの発泡体なので、繊維と違ってダニのエサになるホコリが発生しづらいのです。

「ウソ!ウレタンマットレスだけどダニに悩んでいるよ!」という方もいらっしゃるかもしれません。それは、マットレス本体というよりも、カバーやシーツ、掛け布団や枕が原因であることが考えられます。

品質の割にリーズナブル

スプリングマットレスの構造は複雑です。基本的には、スプリングとフレーム、クッションや詰め物と、外側の生地で構成されています。高級なものになるにしたがって、寝心地を良くするためにさまざまな緩衝材などが使われますので、その分材料費が必要です。

それに対して、ウレタンマットレスは、基本的にウレタンフォームと、外側の布カバーのみで構成されています。素材がシンプルな分、ウレタンマットレスの品質を高める方が、スプリングマットレスよりも安くできるのです。

高級なものになると、数十万も珍しくないスプリングマットレスに比べて、ウレタンマットレスの場合は、10万円以内でもかなり高品質のマットレスを購入できます。

処分が簡単

マットレスは、高品質なものでも消耗品です。長くても10年程度で新しいものに買い変える必要があります。

その時に頭を悩ませるのが「処分」です。特に、環境に配慮すべきことが多い昨今では、マットレスを捨てるのも一苦労。引っ越しの場合でも、大型ごみを引き取ってくれる業者は少なくなりました。

自分で分解して捨てる方法もありますが、スプリングなどの金属が入っているマットレスの場合は、プロ用工具があっても分解にはかなりの時間と手間がかかります。

ウレタンマットレスの良いところは、処分が簡単という点。カッターやパン切包丁で切れ目を入れてちぎれば、普通のゴミとして処分できます。処分のし易さも、マットレス選びの基準の1つになります。

詳細:マットレスの捨て方は?簡単な処分方法

ウレタンマットレスのメリット

ウレタンマットレスのメリット

欠点を補ってあまりまるウレタンマットレスの長所についても見てみましょう。具体的には以下の4点があります。

  • 寝心地が良い
  • ダニが発生しにくい
  • 品質の割にリーズナブル
  • 処分が簡単

寝心地が良い

人の体は直線ではなく、背中やお尻、ふくらはぎなどが出っ張っています。そのまま横になると、仰向けでも横寝でも、出っ張った部分に大きな荷重がかかってしまうのです。 ウレタンマットレスの良いところは、出っ張った部分は凹み、体全体をバランスよく支える「体圧分散性」にすぐれているところ。腰痛など体の不調にお悩みの方には、必須の機能です。

特に低反発ウレタンの場合は、体を包み込むような寝心地を得られます。そのため、高級なスプリングマットレスでも、クッション材としてウレタンフォームを使っているケースは多いです。

ウレタンフォームは、加工によって硬さや反発力を自在に変えられます。例えば、マットレスの中で力がかかりやすい腰の部分を硬めに作ったり、柔らかい層と硬い層を組み合わせたりして寝姿勢を支えられるようにするなどです。マットレスメーカーでは、様々な工夫を行い「寝心地が良い」かつ「睡眠時に寝返りがしやすい」マットレスを開発しています。

最近では、コイルマットレスよりも寝心地が良いウレタンマットレスも珍しくありません。ぜひ店舗などで試してみてくださいね。

ダニが発生しにくい

敷布団やマットレスは、汗や体温でダニが増殖しやすい環境。特に梅雨~秋など気温と湿度が高い季節は、マットレスのダニ対策に頭を悩ませる人も多いのではないでしょうか。

実は、ウレタンはダニが繁殖しにくい素材です。なぜかというと、ウレタンフォームはポリウレタンの発泡体なので、繊維と違ってダニのエサになるホコリが発生しづらいのです。

「ウソ!ウレタンマットレスだけどダニに悩んでいるよ!」という方もいらっしゃるかもしれません。それは、マットレス本体というよりも、カバーやシーツ、掛け布団や枕が原因であることが考えられます。

品質の割にリーズナブル

スプリングマットレスの構造は複雑です。基本的には、スプリングとフレーム、クッションや詰め物と、外側の生地で構成されています。高級なものになるにしたがって、寝心地を良くするためにさまざまな緩衝材などが使われますので、その分材料費が必要です。

それに対して、ウレタンマットレスは、基本的にウレタンフォームと、外側の布カバーのみで構成されています。素材がシンプルな分、ウレタンマットレスの品質を高める方が、スプリングマットレスよりも安くできるのです。

高級なものになると、数十万も珍しくないスプリングマットレスに比べて、ウレタンマットレスの場合は、10万円以内でもかなり高品質のマットレスを購入できます。

処分が簡単

マットレスは、高品質なものでも消耗品です。長くても10年程度で新しいものに買い変える必要があります。

その時に頭を悩ませるのが「処分」です。特に、環境に配慮すべきことが多い昨今では、マットレスを捨てるのも一苦労。引っ越しの場合でも、大型ごみを引き取ってくれる業者は少なくなりました。

自分で分解して捨てる方法もありますが、スプリングなどの金属が入っているマットレスの場合は、プロ用工具があっても分解にはかなりの時間と手間がかかります。

ウレタンマットレスの良いところは、処分が簡単という点。カッターやパン切包丁で切れ目を入れてちぎれば、普通のゴミとして処分できます。処分のし易さも、マットレス選びの基準の1つになります。

詳細:マットレスの捨て方は?簡単な処分方法

エマ・マットレスはこだわりのウレタンフォームマットレス

エマ・マットレスはこだわりのウレタンフォームマットレス

エマ・マットレスは、高反発のウレタンマットレス。ウレタンの長所はそのままに、特性上の欠点については、仕様や加工でできる限り克服を目指しました。

ウレタンマットレスの欠点を克服

ウレタンフォームは、水分や空気を通しやすい独自加工のオープンセル構造。通気性を確保しています。カバーを外して陰干ししていただければ、ダニ退治などのために熱を加える必要はありません。

付属のカバーも通気性の良い素材を開発していますので、汗をかいてもすぐにサラサラの肌ざわりです。

お手入れが簡単になるように、丸ごと洗濯機で洗えるカバーをつけました。マメに洗っていただくことで、汚れやカビを防げます。

心配な耐久性についてもエマ・マットレスなら安心。10年間しっかり使える耐久性のあるマットレスを開発しました。エマの研究所はドイツのフランクフルト、厳しい基準をクリアするための品質テストで10年間の使用をシミュレーションしています。

ウレタンマットレスの長所はそのままに

エマ・マットレスはこだわりのウレタンフォームマットレス

エマ・マットレスは三層構造の「高反発マットレス」。 身体に触れる第1層は低反発ウレタンを採用していますので、体にフィットするソフトな寝心地が特徴です。

  • 身体に触れる第1層:やわらかめの (70N)
  • 真ん中で支える第2層:かため (150N)
  • 底で支える第3層:かため(120N)

ソフトな寝心地を、硬めの層で支えることで、沈みすぎない理想の寝姿勢と寝返りのしやすさを実現しました。

また、真ん中で支える第2層部分は7つのゾーニング(マットレスの硬さを身体の部位ごとの重さに合わせること )を行い、体圧を分散することで、沈みやすい腰の部分をへたりにくくしています。カバーを丸ごと外して洗濯機で洗えるので、汚れを防ぐだけでなく、ダニの発生や除去も簡単です。

これだけ使い勝手の良いマットレスですが、価格もシングルで50,000円、ダブルで70,000円。店舗販売をしないことで、不要なコストを抑えたことで、高いコストパフォーマンスを実現しています。

店舗販売をしていないため、寝心地は自宅でお試しできます。お試し期間も100日間と長めの設定。もし体に合わなかったら送料・手数料無料で返品可能です。

寝心地の良いウレタンマットレスを、エマ・マットレスで体感してみませんか?

エマ・マットレスはこだわりの
ウレタンフォームマットレス

エマ・マットレスはこだわりのウレタンフォームマットレス

エマ・マットレスは、高反発のウレタンマットレス。ウレタンの長所はそのままに、特性上の欠点については、仕様や加工でできる限り克服を目指しました。

ウレタンマットレスの欠点を克服

ウレタンフォームは、水分や空気を通しやすい独自加工のオープンセル構造。通気性を確保しています。カバーを外して陰干ししていただければ、ダニ退治などのために熱を加える必要はありません。

付属のカバーも通気性の良い素材を開発していますので、汗をかいてもすぐにサラサラの肌ざわりです。

お手入れが簡単になるように、丸ごと洗濯機で洗えるカバーをつけました。マメに洗っていただくことで、汚れやカビを防げます。

心配な耐久性についてもエマ・マットレスなら安心。10年間しっかり使える耐久性のあるマットレスを開発しました。エマの研究所はドイツのフランクフルト、厳しい基準をクリアするための品質テストで10年間の使用をシミュレーションしています。

ウレタンマットレスの
長所はそのままに

エマ・マットレスはこだわりのウレタンフォームマットレス

エマ・マットレスは三層構造の「高反発マットレス」。 身体に触れる第1層は低反発ウレタンを採用していますので、体にフィットするソフトな寝心地が特徴です。

  • 身体に触れる第1層:やわらかめの (70N)
  • 真ん中で支える第2層:かため (150N)
  • 底で支える第3層:かため(120N)

ソフトな寝心地を、硬めの層で支えることで、沈みすぎない理想の寝姿勢と寝返りのしやすさを実現しました。

また、真ん中で支える第2層部分は7つのゾーニング(マットレスの硬さを身体の部位ごとの重さに合わせること )を行い、体圧を分散することで、沈みやすい腰の部分をへたりにくくしています。カバーを丸ごと外して洗濯機で洗えるので、汚れを防ぐだけでなく、ダニの発生や除去も簡単です。

これだけ使い勝手の良いマットレスですが、価格もシングルで50,000円、ダブルで70,000円。店舗販売をしないことで、不要なコストを抑えたことで、高いコストパフォーマンスを実現しています。

店舗販売をしていないため、寝心地は自宅でお試しできます。お試し期間も100日間と長めの設定。もし体に合わなかったら送料・手数料無料で返品可能です。

寝心地の良いウレタンマットレスを、エマ・マットレスで体感してみませんか?