マットレスの適正な値段は?各サイズの平均相場

マットレスの適正な値段は?各サイズの平均相場

マットレスは数千円の安いものから、数十万円する高いものまでさまざまです。品質の良いマットレスを、できるだけ安い予算で購入したいというのが本音ですよね。この記事では、マットレスの適正価格やサイズ別の相場をご紹介します。どれくらいの予算があれば高品質のものを購入できるのか、コスパのいいマットレスを手に入れたい方は必見です。

目次

  • マットレスの適正価格
  • 値段以外のマットレスの選び方

マットレスの適正な値段は?
各サイズの平均相場

マットレスの適正な値段は?各サイズの平均相場

マットレスは数千円の安いものから、数十万円する高いものまでさまざまです。品質の良いマットレスを、できるだけ安い予算で購入したいというのが本音ですよね。この記事では、マットレスの適正価格やサイズ別の相場をご紹介します。どれくらいの予算があれば高品質のものを購入できるのか、コスパのいいマットレスを手に入れたい方は必見です。

目次

  • マットレスの適正価格
  • 値段以外のマットレスの選び方

シングルサイズマットレスの適正価格

シングルサイズマットレスの適正価格

寝心地へのこだわりや使用期間によって、適正価格は以下のようになります。

● 寝心地にこだわらず、1〜3年程度で買い換える = 1万円前後
● 寝心地にこだわり、7〜10年程度で買い換える = 5万円前後

価格による大きな違いは使用する素材。1万円前後のマットレスでは良い素材を使えないため、へたりやすく寿命が短いです。寝心地の良さも高いマットレスに比べれば劣ります。価格重視でこだわりがないなら、1万円前後のマットレスがおすすめです。 寝心地の良さを求めるなら、シングルサイズで5万円前後のマットレスを購入しましょう。少し高いなぁ~と思われるかもしれませんが、快眠できる環境を整えるならある程度の投資が必要になります。

サイズ別の平均価格

マットレスの相場を知りたい方のために、サイズ別の平均価格を表でまとめました。

サイズ平均価格
シングル3万円
セミダブル3万5千〜4万円
ダブル4万5千〜5万円
クイーン5万5千〜6万円
キング7〜8万円

上記の価格は、通販サイトなどで比較した結果です。寝心地を求めてマットレスを購入するなら、上記の金額を目安にしてみてください。

一人暮らしなら3万円前後のマットレスがおすすめ

一人暮らしなら3万円前後のマットレスがおすすめ

一人暮らしなら、3万円前後のマットレスがおすすめです。もう少し価格を抑えたいと思うかもしれませんが、安価なマットレスだと耐久性が低くすぐにへたってしまいます。そのため、3年以内には買い替えが必要になって、結果的に費用がかさんでしまいます。 また、最低限の寝心地の良さを確保するためにも、安価なマットレスは避けたほうがいいでしょう。3万円前後なら良い素材を使用しているため、快適な睡眠を取れます。もし「寝返りが多い」「体が大きい」「ゆったりとしたスペースで寝たい」これらに当てはまる場合は、4万円前後のセミダブルを選びましょう。

カップルなら6万円のマットレスがおすすめ

カップルなら6万円のマットレスがおすすめ

カップルで一緒に寝るマットレスを用意するなら、6万円を目安に選びましょう。体格の違う2人が同じマットレスで寝るため、高品質なものでないと熟睡できない場合もあります。6万円の価格のマットレスなら体圧分散性や耐久性に優れ、2人でも快適に眠れます。 もし1LDKのようなゆとりのある間取りであれば、6〜7万円のクイーンサイズがおすすめです。ベッドのスペースに余裕ができるので、寝相が悪くても2人でぐっすり眠れます。

親子3人なら7〜8万円のマットレスがおすすめ

親子3人なら7〜8万円のマットレスがおすすめ

親子3人で寝るなら、予算は7〜8万円が妥当。家族3人で一緒に寝るなら、キングサイズの大きなマットレスが必要になるためです。 お子様が大きくなった時にも使えるように、マットレスを2つ購入するのもいいでしょう。その場合は、3万円ほどのシングルサイズのマットレス。そして6万円ほどのダブルサイズのマットレスを用意してください。2つをくっつければ広々としたスペースで3人、ゆったりと眠れます。

シングルサイズの適正価格

シングルサイズマットレスの適正価格

寝心地へのこだわりや使用期間によって、適正価格は以下のようになります。

● 寝心地にこだわらず、1〜3年程度で買い換える = 1万円前後
● 寝心地にこだわり、7〜10年程度で買い換える = 5万円前後

価格による大きな違いは使用する素材。1万円前後のマットレスでは良い素材を使えないため、へたりやすく寿命が短いです。寝心地の良さも高いマットレスに比べれば劣ります。価格重視でこだわりがないなら、1万円前後のマットレスがおすすめです。 寝心地の良さを求めるなら、シングルサイズで5万円前後のマットレスを購入しましょう。少し高いなぁ~と思われるかもしれませんが、快眠できる環境を整えるならある程度の投資が必要になります。

サイズ別の平均価格

マットレスの相場を知りたい方のために、サイズ別の平均価格を表でまとめました。

サイズ平均価格
シングル3万円
セミダブル3万5千〜4万円
ダブル4万5千〜5万円
クイーン5万5千〜6万円
キング7〜8万円

上記の価格は、通販サイトなどで比較した結果です。寝心地を求めてマットレスを購入するなら、上記の金額を目安にしてみてください。

一人暮らしなら3万円前後の
マットレスがおすすめ

一人暮らしなら3万円前後のマットレスがおすすめ

一人暮らしなら、3万円前後のマットレスがおすすめです。もう少し価格を抑えたいと思うかもしれませんが、安価なマットレスだと耐久性が低くすぐにへたってしまいます。そのため、3年以内には買い替えが必要になって、結果的に費用がかさんでしまいます。 また、最低限の寝心地の良さを確保するためにも、安価なマットレスは避けたほうがいいでしょう。3万円前後なら良い素材を使用しているため、快適な睡眠を取れます。もし「寝返りが多い」「体が大きい」「ゆったりとしたスペースで寝たい」これらに当てはまる場合は、4万円前後のセミダブルを選びましょう。

カップルなら6万円前後の
マットレスがおすすめ

カップルなら6万円のマットレスがおすすめ

カップルで一緒に寝るマットレスを用意するなら、6万円を目安に選びましょう。体格の違う2人が同じマットレスで寝るため、高品質なものでないと熟睡できない場合もあります。6万円の価格のマットレスなら体圧分散性や耐久性に優れ、2人でも快適に眠れます。 もし1LDKのようなゆとりのある間取りであれば、6〜7万円のクイーンサイズがおすすめです。ベッドのスペースに余裕ができるので、寝相が悪くても2人でぐっすり眠れます。

親子3人なら7〜8万円の
マットレスがおすすめ

親子3人なら7〜8万円のマットレスがおすすめ

親子3人で寝るなら、予算は7〜8万円が妥当。家族3人で一緒に寝るなら、キングサイズの大きなマットレスが必要になるためです。 お子様が大きくなった時にも使えるように、マットレスを2つ購入するのもいいでしょう。その場合は、3万円ほどのシングルサイズのマットレス。そして6万円ほどのダブルサイズのマットレスを用意してください。2つをくっつければ広々としたスペースで3人、ゆったりと眠れます。

値段以外のマットレスの選び方

値段以外のマットレスの選び方

​​値段に注目して、購入したいマットレスは見つかりましたか?中には、値段だけでマットレスを決めきれないという方もいるかもしれません。マットレス選びにおいて、寝心地に関わる重要なポイントは硬さや厚みです。 まだ買いたいマットレスが決まらない時は、以下を参考に厚みや硬さに注目すると、満足できる寝心地のマットレスが見つかります。

● 自分の体型に合わせて硬さを選ぶ
● 10cm以上の厚みを選ぶ

このように硬さと厚みにこだわることで、心地良い睡眠が取れるでしょう。

自分の体型に合わせて硬さを選ぶ

体型に合わせてマットレスの硬さを選ぶことで、スムーズに寝返りが打てて、熟睡しやすくなります。おすすめの硬さは以下を参考にしてみてください。

● 40kg以下:低反発や柔らかめ
● 40〜60kg:普通の硬さ
● 60kg以上:高反発や硬め

おおよそですが、このように体型に合わせてマットレスの硬さを決めるといいでしょう。腰の痛みが気になる方は寝返りしやすさが重要なため、やや硬めがおすすめです。マットレスの硬さにこだわることで睡眠の質は大きく変わるので、購入する際に注目してください。

10cm以上の厚みを選ぶ

厚さも、マットレス選びの決め手となる重要なポイントの1つです。睡眠の質にこだわるなら、厚みが10cm以上のマットレスを選びましょう。マットレスが薄いと製品によっては、直接床で寝ているような「底つき感」があり、腰や肩に痛みを感じることがあります。厚みのあるマットレスの方が体をしっかり支えるので、リラックスして眠れるでしょう。 以上のように硬さと厚みが決まれば、購入したいマットレスが見つかります。ただし、自分の体に合うかどうかはとても重要なので、実際に寝て確かめるのが理想的です。

最後は実際にマットレスで寝てみる

最終的な決め手は、「家でマットレスに数日寝てみること」です。仮に、厚みや硬さが合っていても、本当に熟睡できるかどうかは試してみないとわかりません。実際に寝てみて、次の3点を確認してみてください。

● 体の一部のみが沈み込まず、自然な姿勢を維持できるか
● 寝返りはしやすい硬さか
● 体に力は入っていないか、リラックスできているか

上記のいずれも満たしていれば、そのマットレスはあなたの体に合っていると言えるでしょう。寝具店で寝転がっても家の環境とは違い、体感が異なります。どうしても寝心地を判断しにくいため、お試し期間のあるマットレスがおすすめです。あなたが満足できるかどうかは、購入してある程度の期間寝てみないとわかりません。エマのマットレスなら、100日間のお試し期間があります。もしも体に合わなくても、送料も手数料も無料で全額返金いたします。実際に寝て確かめたい方は、ぜひ検討してみてください。

エマ・マットレス

値段以外のマットレスの選び方

値段以外のマットレスの選び方

​​値段に注目して、購入したいマットレスは見つかりましたか?中には、値段だけでマットレスを決めきれないという方もいるかもしれません。マットレス選びにおいて、寝心地に関わる重要なポイントは硬さや厚みです。 まだ買いたいマットレスが決まらない時は、以下を参考に厚みや硬さに注目すると、満足できる寝心地のマットレスが見つかります。

● 自分の体型に合わせて硬さを選ぶ
● 10cm以上の厚みを選ぶ

このように硬さと厚みにこだわることで、心地良い睡眠が取れるでしょう。

自分の体型に合わせて硬さを選ぶ

体型に合わせてマットレスの硬さを選ぶことで、スムーズに寝返りが打てて、熟睡しやすくなります。おすすめの硬さは以下を参考にしてみてください。

● 40kg以下:低反発や柔らかめ
● 40〜60kg:普通の硬さ
● 60kg以上:高反発や硬め

おおよそですが、このように体型に合わせてマットレスの硬さを決めるといいでしょう。腰の痛みが気になる方は寝返りしやすさが重要なため、やや硬めがおすすめです。マットレスの硬さにこだわることで睡眠の質は大きく変わるので、購入する際に注目してください。

10cm以上の厚みを選ぶ

厚さも、マットレス選びの決め手となる重要なポイントの1つです。睡眠の質にこだわるなら、厚みが10cm以上のマットレスを選びましょう。マットレスが薄いと製品によっては、直接床で寝ているような「底つき感」があり、腰や肩に痛みを感じることがあります。厚みのあるマットレスの方が体をしっかり支えるので、リラックスして眠れるでしょう。 以上のように硬さと厚みが決まれば、購入したいマットレスが見つかります。ただし、自分の体に合うかどうかはとても重要なので、実際に寝て確かめるのが理想的です。

最後は実際にマットレスで寝てみる

最終的な決め手は、「家でマットレスに数日寝てみること」です。仮に、厚みや硬さが合っていても、本当に熟睡できるかどうかは試してみないとわかりません。実際に寝てみて、次の3点を確認してみてください。

● 体の一部のみが沈み込まず、自然な姿勢を維持できるか
● 寝返りはしやすい硬さか
● 体に力は入っていないか、リラックスできているか

上記のいずれも満たしていれば、そのマットレスはあなたの体に合っていると言えるでしょう。寝具店で寝転がっても家の環境とは違い、体感が異なります。どうしても寝心地を判断しにくいため、お試し期間のあるマットレスがおすすめです。あなたが満足できるかどうかは、購入してある程度の期間寝てみないとわかりません。エマのマットレスなら、100日間のお試し期間があります。もしも体に合わなくても、送料も手数料も無料で全額返金いたします。実際に寝て確かめたい方は、ぜひ検討してみてください。

エマ・マットレス