ベッドがギシギシうるさい時の対策は?
きしみ音の抑え方

ベッドがギシギシ鳴るのを気にしていませんか?きしみ音が気になり、なかなか寝付けない方もいらっしゃるでしょう。お気に入りのマットレスを選んだのに、これじゃあ快適に眠れないと困ってしまいますよね。

ベッドがギシギシと鳴るのは、素材同士の摩擦音が原因です。身体をベッドに乗せることで負荷がかかり、ベッドフレームの接合部やフレームとすのこの設置面で摩擦が生まれて「ギシギシ」という音が発生します。

そこで、ギシギシ音を無くして快適な睡眠時間を実現するために、摩擦が起こりやすい場所やその対策を解説しています。どうしてもギシギシ音が無くならない方のためにも、ギシギシ音が出にくいベッドの選び方もご紹介。この記事を読んで、ギシギシ音が解消し、静かで心地よい睡眠時間を実現してください。

目次

  • ベッドがギシギシうるさい原因とその対策は?
  • ベッドフレームからきしみ音がなる場合
  • すのこからきしみ音がなる場合
  • 床からきしみ音がなる場合
  • マットレスからきしみ音がなる場合
  • 買い替えるならギシギシしないものを選ぼう
  • ベッドフレームの選び方
  • マットレスの選び方
  • ベッドのきしみ音は素材同士の摩擦音! 摩擦が起こりにくいフレームやマットレスを選ぼう

ベッドがギシギシうるさい時の対策は?きしみ音の抑え方

ベッドがギシギシ鳴るのを気にしていませんか?きしみ音が気になり、なかなか寝付けない方もいらっしゃるでしょう。お気に入りのマットレスを選んだのに、これじゃあ快適に眠れないと困ってしまいますよね。

ベッドがギシギシと鳴るのは、素材同士の摩擦音が原因です。身体をベッドに乗せることで負荷がかかり、ベッドフレームの接合部やフレームとすのこの設置面で摩擦が生まれて「ギシギシ」という音が発生します。

そこで、ギシギシ音を無くして快適な睡眠時間を実現するために、摩擦が起こりやすい場所やその対策を解説しています。どうしてもギシギシ音が無くならない方のためにも、ギシギシ音が出にくいベッドの選び方もご紹介。この記事を読んで、ギシギシ音が解消し、静かで心地よい睡眠時間を実現してください。

目次

  • ベッドがギシギシうるさい原因とその対策は?
  • ベッドフレームからきしみ音がなる場合
  • すのこからきしみ音がなる場合
  • 床からきしみ音がなる場合
  • マットレスからきしみ音がなる場合
  • 買い替えるならギシギシしないものを選ぼう
  • ベッドフレームの選び方
  • マットレスの選び方
  • ベッドのきしみ音は素材同士の摩擦音! 摩擦が起こりにくいフレームやマットレスを選ぼう

ベッドがギシギシうるさい原因とその対策は?

ベッドが「ギシギシ」と音が鳴ってしまう原因は、ベッドフレームやすのこ、床との摩擦が原因です。 ベットに横たわったり、寝返りを打つ時にギシギシ音が発生します。ベットに横たわる時はその瞬間だけですが、特に気になるのは寝返りを打つ時。身体を動かす度に「ギシギシ」と音が鳴ってしまい、眠りの妨げとなってしまいます。 「ギシギシ」という摩擦音は、主に以下の4箇所から発生します。 

  • ベッドフレーム
  • すのこ
  • マットレス

どのように摩擦が生まれるのか、そしてどうすれば音が鳴らなくなるのか、あなたのベッドの音が鳴っていそうな場所からご確認ください。

ベッドがギシギシうるさい原因
その対策は?

ベッドが「ギシギシ」と音が鳴ってしまう原因は、ベッドフレームやすのこ、床との摩擦が原因です。 ベットに横たわったり、寝返りを打つ時にギシギシ音が発生します。ベットに横たわる時はその瞬間だけですが、特に気になるのは寝返りを打つ時。身体を動かす度に「ギシギシ」と音が鳴ってしまい、眠りの妨げとなってしまいます。 「ギシギシ」という摩擦音は、主に以下の4箇所から発生します。 

  • ベッドフレーム
  • すのこ
  • マットレス

どのように摩擦が生まれるのか、そしてどうすれば音が鳴らなくなるのか、あなたのベッドの音が鳴っていそうな場所からご確認ください。

ベッドフレームからきしみ音がなる場合

ギシギシ音が出る場所の1つ目は、ベッドフレームです。フレームのパーツ同士の接続部が最も摩擦が起こりやすく、ギシギシと鳴る可能性が高いです。 具体的には、以下の部分をチェックしていきましょう。

  • ネジのゆるみ
  • フレーム素材の変形や経年劣化
  • 接合部分がぴったりくっついていない
  • 薄く細い素材で作られている
  • 金属(ネジ)を多用している

1. ネジのゆるみ

ネジの位置はたとえば、柱とマットレスを支えるフレームの接合部や、すのこの桟橋です。特に、組み立て式のベッドを使っている場合、ネジを緩く締めていたり、緩みやすい傾向があります。

接合部分のネジが緩んでいると、パーツ同士に隙間が生まれてしまいます。隙間が生まれると、ベッドに身体を乗せた時や寝返りを打つ時に、パーツ同士が擦れてしまい、摩擦音の原因となります。

ネジがある場所を一つずつチェックし、緩んでいたら締め直しましょう。毎回締め直すのが面倒なら、接着剤を注入して固定するといいですね。

2. フレーム素材の変形や経年劣化

もし、長年同じベッドフレームを使っている場合、経年劣化が原因かもしれません。長年使っていると、パーツの接合部分がすり減ったり、素材自体が変形して、隙間が生まれます。木製のベッドフレームの場合、湿気を吸って変形してしまうこともあります。

また、価格が安く組み立て式のベッドフレームは、木材の切れ端を繋げて作った集成材など、消耗しやすい素材を使っていることがあります。

1万円以下のベッドフレームを、1年以上使っている方は、かなり消耗していると考えられるので、買い替えを検討してみてもいいでしょう。

3. 接合部分がぴったりくっついていない

そもそも、ベッドフレームの接合部分がピッタリくっついていないと、ギシギシ音が鳴ってしまいます。

特に安価なベッドフレームは、パーツが綺麗に整形されていないことが多く、新品でも接合部分に隙間がある可能性が高いです。 組み立て式を使っている方は、ゆがんで組み立ててしまっていないか確認してみましょう。

どうしても隙間がある場合は、木材専用の膨張剤を接合部に注入して、隙間を埋めてみましょう。

4. 薄い素材で作られている

ベッドフレームが薄い素材で作られていると、ギシギシ音が鳴りやすいです。

薄い素材は変形しやすいので、接合部に隙間が生まれ、摩擦が起こりやすいです。

特に、薄い木材で作られた木製ベッドフレームだと、ちょっと使っただけで変形してしまうかもしれません。

薄い素材で作られている場合は、丈夫な素材で作られたベッドフレームに交換してみましょう。

5. 金属(ネジ)を多用している 

金属を多用している

ベッドフレームから
きしみ音がなる場合

ギシギシ音が出る場所の1つ目は、ベッドフレームです。フレームのパーツ同士の接続部が最も摩擦が起こりやすく、ギシギシと鳴る可能性が高いです。 具体的には、以下の部分をチェックしていきましょう。

  • ネジのゆるみ
  • フレーム素材の変形や経年劣化
  • 接合部分が密着していない
  • 薄く細い素材で作られている
  • 金属(ネジ)を多用している

1. ネジのゆるみ

ネジの位置はたとえば、柱とマットレスを支えるフレームの接合部や、すのこの桟橋です。特に、組み立て式のベッドを使っている場合、ネジを緩く締めていたり、緩みやすい傾向があります。

接合部分のネジが緩んでいると、パーツ同士に隙間が生まれてしまいます。隙間が生まれると、ベッドに身体を乗せた時や寝返りを打つ時に、パーツ同士が擦れてしまい、摩擦音の原因となります。

ネジがある場所を一つずつチェックし、緩んでいたら締め直しましょう。毎回締め直すのが面倒なら、接着剤を注入して固定するといいですね。

2. フレーム素材の変形や経年劣化

もし、長年同じベッドフレームを使っている場合、経年劣化が原因かもしれません。長年使っていると、パーツの接合部分がすり減ったり、素材自体が変形して、隙間が生まれます。木製のベッドフレームの場合、湿気を吸って変形してしまうこともあります。

また、価格が安く組み立て式のベッドフレームは、木材の切れ端を繋げて作った集成材など、消耗しやすい素材を使っていることがあります。

1万円以下のベッドフレームを、1年以上使っている方は、かなり消耗していると考えられるので、買い替えを検討してみてもいいでしょう。

3. 接合部分がぴったりくっついていない

そもそも、ベッドフレームの接合部分がピッタリくっついていないと、ギシギシ音が鳴ってしまいます。

特に安価なベッドフレームは、パーツが綺麗に整形されていないことが多く、新品でも接合部分に隙間がある可能性が高いです。 組み立て式を使っている方は、ゆがんで組み立ててしまっていないか確認してみましょう。

どうしても隙間がある場合は、木材専用の膨張剤を接合部に注入して、隙間を埋めてみましょう。

4. 薄い素材で作られている

ベッドフレームが薄い素材で作られていると、ギシギシ音が鳴りやすいです。

薄い素材は変形しやすいので、接合部に隙間が生まれ、摩擦が起こりやすいです。

特に、薄い木材で作られた木製ベッドフレームだと、ちょっと使っただけで変形してしまうかもしれません。

薄い素材で作られている場合は、丈夫な素材で作られたベッドフレームに交換してみましょう。

5. 金属(ネジ)を多用している 

金属を多用している

すのこからきしみ音がなる場合

ギシギシ音が出る場所の二つ目は、すのこです。身体を受け止める部分ですので、圧力がかかりやすく、摩擦が発生しやすいです。 具体的には、以下の3つをチェックしましょう。

  • フレームとすのこの隙間が多い
  • すのこが薄い素材で出来ている
  • 桟木の本数が多い

1. すのことフレームの隙間が多い

フレームとの隙間が多いと、ギシギシ音が鳴る可能性が高いです。多くのベッドは、フレームの上にすのこをはめるタイプなので、ある程度の隙間が確保されています。隙間があると、寝返りを打った瞬間に横の力が働いてしまって摩擦が発生します。

すのことフレームの設置面にフェルトなどの緩衝材を入れると、ギシギシ音を抑えてられます。

2. すのこが薄い素材で作られている

すのこが薄い素材で作れていると、身体を乗せた時に変形しやすく、桟木の接合部やフレームとの設置面に隙間が生まれてしまいます。

特に長年使っていると、変形しきっていることが多いので要注意。 安価で組み立て式のベッドは、すのこも薄い素材が使われていることが多く、新品でもギシギシ音が鳴りやすいです。

なので、丈夫で分厚いすのこが使われているベッドに買い換えるといいでしょう。 もしそのまま使われる場合は、分厚いマットレスを敷くことで、すのこにかかる圧力が分散し、ギシギシ音は鳴りにくくなりますよ。

3. 桟木の本数が多い

桟木の本数が多いと、その分接合部が多く、ネジが沢山使われています。

ネジが使われている接合部は、最も消耗が激しい箇所なので、隙間が生まれやすく摩擦も起こりやすいです。

桟木の本数や接合部が少ないベッドだと、ギシギシ音が鳴る可能性も低くなるでしょう。

すのこからきしみ音がなる場合

ギシギシ音が出る場所の二つ目は、すのこです。身体を受け止める部分ですので、圧力がかかりやすく、摩擦が発生しやすいです。 具体的には、以下の3つをチェックしましょう。

  • フレームとすのこの隙間が多い
  • すのこが薄い素材で出来ている
  • 桟木の本数が多い

1. すのことフレームの隙間が多い

フレームとの隙間が多いと、ギシギシ音が鳴る可能性が高いです。多くのベッドは、フレームの上にすのこをはめるタイプなので、ある程度の隙間が確保されています。隙間があると、寝返りを打った瞬間に横の力が働いてしまって摩擦が発生します。

すのことフレームの設置面にフェルトなどの緩衝材を入れると、ギシギシ音を抑えてられます。

2. すのこが薄い素材で作られている

すのこが薄い素材で作れていると、身体を乗せた時に変形しやすく、桟木の接合部やフレームとの設置面に隙間が生まれてしまいます。

特に長年使っていると、変形しきっていることが多いので要注意。 安価で組み立て式のベッドは、すのこも薄い素材が使われていることが多く、新品でもギシギシ音が鳴りやすいです。

なので、丈夫で分厚いすのこが使われているベッドに買い換えるといいでしょう。 もしそのまま使われる場合は、分厚いマットレスを敷くことで、すのこにかかる圧力が分散し、ギシギシ音は鳴りにくくなりますよ。

3. 桟木の本数が多い

桟木の本数が多いと、その分接合部が多く、ネジが沢山使われています。

ネジが使われている接合部は、最も消耗が激しい箇所なので、隙間が生まれやすく摩擦も起こりやすいです。

桟木の本数や接合部が少ないベッドだと、ギシギシ音が鳴る可能性も低くなるでしょう。

床からきしみ音がなる場合

ギシギシ音が出る場所の三つ目は、床です。 ギシギシ音は、ベッドフレームやすのこから生まれるイメージですが、意外にも床が原因であることがあります。 具体的には、以下の2つを確認していきましょう。

  • 長年同じ場所に置いている
  • 柱が少ない

1. 長年同じ場所に置いている

ベッドを長年同じ場所に置いていると、床への負荷がかかり、床がゆがんでいる可能性が高いです。床がゆがんでいると、それに合わせてベッドも歪んでいくので、接合部への負担が大きくなります。

時々ベッドの配置を変えることで床の歪みを避けられるので、ギシギシ音を抑えることができます。

2. 柱が少ない

柱が少ない場合も、ギシギシ音がなる可能性が高いです。柱が少ないと、柱にかかる圧力が大きくなり、その分床への負担も大きくなります。その結果、床のゆがみにつながり、ギシギシ音が発生します。

可能であれば、6本以上あるベッドにするのが理想です。柱が4本の場合でも、太い柱であることが望ましいでしょう。

床からきしみ音がなる場合

ギシギシ音が出る場所の三つ目は、床です。 ギシギシ音は、ベッドフレームやすのこから生まれるイメージですが、意外にも床が原因であることがあります。 具体的には、以下の2つを確認していきましょう。

  • 長年同じ場所に置いている
  • 柱が少ない

1. 長年同じ場所に置いている

ベッドを長年同じ場所に置いていると、床への負荷がかかり、床がゆがんでいる可能性が高いです。床がゆがんでいると、それに合わせてベッドも歪んでいくので、接合部への負担が大きくなります。

時々ベッドの配置を変えることで床の歪みを避けられるので、ギシギシ音を抑えることができます。

2. 柱が少ない

柱が少ない場合も、ギシギシ音がなる可能性が高いです。柱が少ないと、柱にかかる圧力が大きくなり、その分床への負担も大きくなります。その結果、床のゆがみにつながり、ギシギシ音が発生します。

可能であれば、6本以上あるベッドにするのが理想です。柱が4本の場合でも、太い柱であることが望ましいでしょう。

マットレスからきしみ音がなる場合

ギシギシ音が出る場所の四つ目は、マットレスです。マットレス自体からギシギシ音が鳴ることは少ないですが、マットレスの状態によって、間接的にギシギシ音が発生する原因となる場合があります。

具体的には、以下の3つを確認しましょう。

  • スプリングのマットレスを使っている
  • マットレスがへたっている(中央が凹んでいる)
  • マットレスが薄い

1. スプリングのマットレスを使っている

中にスプリングが入っているマットレスを使っていると、マットレスからギシギシ音が鳴っている可能性があります。

スプリングが入っているマットレスは、いくつか種類がありますが「ボンネルスプリング」や「高密度連結スプリング」は要注意。これら2種類は、スプリング同士が連結しているので、身体を乗せるとスプリング同士がこすれて摩擦が生まれ、ギシギシ音が鳴ってしまいます。

もしスプリングのマットレスを選ぶなら「ポケットコイルスプリング」を選ぶといいでしょう。スプリング同士が独立しており、それぞれ布で包まれているので、スプリング同士の摩擦はほぼ生まれません。

2. マットレスがへたっている(中央が凹んでいる)

同じマットレスを長年使っていると、経年劣化でへたったり、中央が凹んでしまいます。綺麗に圧力が分散されないまま、すのこやベッドフレームに伝わってしまいます。

その結果、寝返りの際に横の力が大きくなり、負荷が高くなっている箇所からギシギシ音が鳴ってしまいます。

また、身体への負荷も大きくなり、寝心地も悪く快適な睡眠ができなくなってしまいます。 ずっと同じマットレスを使っている場合は、買い替えを検討してみてもいいでしょう。

3. マットレスが薄い

薄いマットレスを使っている場合も、ギシギシ音が鳴る可能性が高いです。身体の圧力が分散しきる前にすのこやベッドフレームに伝わってしまいます。

もし薄いマットレスを使っている場合は、マットレスの下に下敷きとなるマットレスを入れて、厚さを確保しておきましょう。分厚さがあると、通気性も確保できるので、湿気によるカビや劣化も防ぐことが出来ますよ。

マットレスからきしみ音がなる場合

ギシギシ音が出る場所の四つ目は、マットレスです。マットレス自体からギシギシ音が鳴ることは少ないですが、マットレスの状態によって、間接的にギシギシ音が発生する原因となる場合があります。

具体的には、以下の3つを確認しましょう。

  • スプリングのマットレス
  • マットレスがへたっている
     (中央が凹んでいる)
  • マットレスが薄い

1. スプリングのマットレスを使っている

中にスプリングが入っているマットレスを使っていると、マットレスからギシギシ音が鳴っている可能性があります。

スプリングが入っているマットレスは、いくつか種類がありますが「ボンネルスプリング」や「高密度連結スプリング」は要注意。これら2種類は、スプリング同士が連結しているので、身体を乗せるとスプリング同士がこすれて摩擦が生まれ、ギシギシ音が鳴ってしまいます。

もしスプリングのマットレスを選ぶなら「ポケットコイルスプリング」を選ぶといいでしょう。スプリング同士が独立しており、それぞれ布で包まれているので、スプリング同士の摩擦はほぼ生まれません。

2. マットレスがへたっている
 (中央が凹んでいる)

同じマットレスを長年使っていると、経年劣化でへたったり、中央が凹んでしまいます。綺麗に圧力が分散されないまま、すのこやベッドフレームに伝わってしまいます。

その結果、寝返りの際に横の力が大きくなり、負荷が高くなっている箇所からギシギシ音が鳴ってしまいます。

また、身体への負荷も大きくなり、寝心地も悪く快適な睡眠ができなくなってしまいます。 ずっと同じマットレスを使っている場合は、買い替えを検討してみてもいいでしょう。

3. マットレスが薄い

薄いマットレスを使っている場合も、ギシギシ音が鳴る可能性が高いです。身体の圧力が分散しきる前にすのこやベッドフレームに伝わってしまいます。

もし薄いマットレスを使っている場合は、マットレスの下に下敷きとなるマットレスを入れて、厚さを確保しておきましょう。分厚さがあると、通気性も確保できるので、湿気によるカビや劣化も防ぐことが出来ますよ。

買い替えるならギシギシしないものを選ぼう

ここまで、ベッドのギシギシ音の原因やその対策を解説いたしました。 読者の中には「どうしてもギシギシ鳴るから、買い替えた方がいいかな」と思っている方もいらっしゃるでしょう。 そこで、ギシギシ音が鳴りにくいベッドフレームやマットレスの選び方を解説いたします。それぞれチェックポイントがあるので、全てのクリアしたものが、ギシギシ音が鳴らない理想的なベッドフレームやマットレスと考えられます。

買い替えるなら
ギシギシしないものを選ぼう

ここまで、ベッドのギシギシ音の原因やその対策を解説いたしました。 読者の中には「どうしてもギシギシ鳴るから、買い替えた方がいいかな」と思っている方もいらっしゃるでしょう。 そこで、ギシギシ音が鳴りにくいベッドフレームやマットレスの選び方を解説いたします。それぞれチェックポイントがあるので、全てのクリアしたものが、ギシギシ音が鳴らない理想的なベッドフレームやマットレスと考えられます。

ベッドフレームの選び方

1. 組み立て式は避け、完成済みのベッドフレームを選ぶ

完成済みのベッドフレームなら、綺麗に組み立てられたものが届くので、揺れが少なく、ギシギシ音が鳴りにくいです。

2. 柱が6本以上ある、もしくはローベットかBOX型

ベッドフレームを支える面積が大きいほど圧力が分散するので、寝返りを打ってもギシギシ音が鳴りにくいです。

3. 厚くて丈夫な木材が使われている

薄くて柔らかい木材だと、体重を乗せた時に変形し、パーツの接合部で摩擦が起きやすいので、変形しにくい木材が使われている か確認しましょう。

4. パーツが少なく、シンプルな構造で作られている

パーツが少ないほど、接合部やネジなどの金属が少ないため、摩擦が起こりにくいです。

マットレスの選び方

1. 素材はウレタンかラテックス

スプリングが使われているマットレスは、スプリング同士で摩擦音が出る可能性がある。もしスプリング型が欲しい人は、ポケットコイルスプリングを選びましょう。

2. 厚さが10cm以上あるか

厚さがあるほどフレームへの圧力が分散されるので、ギシギシ音が鳴りにくいです。もし薄いマットレスをお持ちの人は、下敷きとなるマットレスを敷きましょう。

3. 裏面に滑り止め防止の素材が付いているか

寝返りの時にマットレスがずれると、同時にフレームが動く可能性があり、ギシギシ音が出るかもしれません。滑り止め素材がないマットレスなら、滑り止め用のパッドを敷けば大丈夫です。

ベッドフレームの選び方

1. 組み立て式は避け、完成済みのベッドフレームを選ぶ

完成済みのベッドフレームなら、綺麗に組み立てられたものが届くので、揺れが少なく、ギシギシ音が鳴りにくいです。

2. 柱が6本以上ある、もしくはローベットかBOX型

ベッドフレームを支える面積が大きいほど圧力が分散するので、寝返りを打ってもギシギシ音が鳴りにくいです。

3. 厚くて丈夫な木材が使われている

薄くて柔らかい木材だと、体重を乗せた時に変形し、パーツの接合部で摩擦が起きやすいので、変形しにくい木材が使われている か確認しましょう。

4. パーツが少なく、シンプルな構造で作られている

パーツが少ないほど、接合部やネジなどの金属が少ないため、摩擦が起こりにくいです。

マットレスの選び方

1. 素材はウレタンかラテックス

スプリングが使われているマットレスは、スプリング同士で摩擦音が出る可能性がある。もしスプリング型が欲しい人は、ポケットコイルスプリングを選びましょう。

2. 厚さが10cm以上あるか

厚さがあるほどフレームへの圧力が分散されるので、ギシギシ音が鳴りにくいです。もし薄いマットレスをお持ちの人は、下敷きとなるマットレスを敷きましょう。

3. 裏面に滑り止め防止が付いているか

寝返りの時にマットレスがずれると、同時にフレームが動く可能性があり、ギシギシ音が出るかもしれません。滑り止め素材がないマットレスなら、滑り止め用のパッドを敷けば大丈夫です。

ベッドのきしみ音は素材同士の摩擦音!
摩擦が起こりにくいフレームやマットレスを選ぼう

ベッドのギシギシ音の原因は、ベッドフレームやすのこ、マットレスとの摩擦音です。特に、ネジが使われている接合部は負荷がかかりやすく、摩擦が発生しやすいです。また、長年使った経年劣化で素材が摩耗し、接合部に隙間が生まれていると、摩擦も起こりやすいです。

もし、今のベッドフレームやすのこのギシギシ音を抑えたい場合は、ネジを締め直して隙間を無くしたり、フェルトなどの緩衝材を入れたりしてみましょう。それでもギシギシ音が鳴ってしまう場合は、買い替えの時と考えられます。丈夫で分厚い木材を使っていたり、ネジを多用していないベッドフレームを選ぶといいでしょう。

また、スプリングマットレスを使っている方は、ウレタンやラテックスを使った分厚いマットレスがオススメ。

手前味噌ですが、エマ・マットレスはウレタン素材を使いつつ、厚みが25cmもあります。だからこそギシギシと音が鳴らないように防止でき、あなたの心地よい眠りを邪魔しません。せっかくのタイミングですので、これを機にマットレスを新しく買い替えてみませんか?購入後100日間のお試しもできるので、もし身体が合わなくても返品可能です。

ベッドのきしみは素材同士の摩擦音。摩擦が起こりにくいフレームやマットレスを選ぼう!

ベッドのギシギシ音の原因は、ベッドフレームやすのこ、マットレスとの摩擦音です。特に、ネジが使われている接合部は負荷がかかりやすく、摩擦が発生しやすいです。また、長年使った経年劣化で素材が摩耗し、接合部に隙間が生まれていると、摩擦も起こりやすいです。

もし、今のベッドフレームやすのこのギシギシ音を抑えたい場合は、ネジを締め直して隙間を無くしたり、フェルトなどの緩衝材を入れたりしてみましょう。それでもギシギシ音が鳴ってしまう場合は、買い替えの時と考えられます。丈夫で分厚い木材を使っていたり、ネジを多用していないベッドフレームを選ぶといいでしょう。

また、スプリングマットレスを使っている方は、ウレタンやラテックスを使った分厚いマットレスがオススメ。

手前味噌ですが、エマ・マットレスはウレタン素材を使いつつ、厚みが25cmもあります。だからこそギシギシと音が鳴らないように防止でき、あなたの心地よい眠りを邪魔しません。せっかくのタイミングですので、これを機にマットレスを新しく買い替えてみませんか?購入後100日間のお試しもできるので、もし身体が合わなくても返品可能です。

ギシギシ音を無くせば、気になって夜中に起きてしまうことはありません。ぜひ、ギシギシと鳴る原因を見つけて解消し、静かで心地よい睡眠時間を実現してください。

ギシギシ音を無くせば、気になって夜中に起きてしまうことはありません。ぜひ、ギシギシと鳴る原因を見つけて解消し、静かで心地よい睡眠時間を実現してください。