ベッドサイズ一覧|自宅に合ったマットレスの大きさの選び方

ベッドサイズ一覧|自宅に合ったマットレスの大きさの選び方

マットレスのサイズは種類があるため、迷ってしまう方も多いでしょう。サイズを選ぶ基準としてまず思いつくのは部屋の広さですが、それだけではありません。子供と一緒に寝る場合を含めて何人で寝るかや、睡眠の質を重視するかどうかなど、さまざまな項目で判断するのがおすすめです。今回の記事は、マットレスのサイズ選びについてご紹介します。この記事を参考に、自宅に合ったサイズで快眠できる「理想のベッド」を見つけてみてはいかがでしょうか。

目次

  • マットレスのサイズ一覧
  • シングルからキングまで5つのサイズが選べるエマ・マットレス

ベッドサイズ一覧|自宅に合ったマットレスの大きさの選び方

ベッドサイズ一覧|自宅に合ったマットレスの大きさの選び方

マットレスのサイズは種類があるため、迷ってしまう方も多いでしょう。サイズを選ぶ基準としてまず思いつくのは部屋の広さですが、それだけではありません。子供と一緒に寝る場合を含めて何人で寝るかや、睡眠の質を重視するかどうかなど、さまざまな項目で判断するのがおすすめです。今回の記事は、マットレスのサイズ選びについてご紹介します。この記事を参考に、自宅に合ったサイズで快眠できる「理想のベッド」を見つけてみてはいかがでしょうか。

目次

  • マットレスのサイズ一覧
  • シングルからキングまで5つのサイズが選べるエマ・マットレス

マットレスのサイズ一覧

マットレスのサイズ一覧

マットレスのサイズを選ぶにあたり、一般的なマットレスの大きさをサイズ表で確認してみましょう。ブランドやメーカーによって、数cmサイズが前後するものもありますが、日本で販売されているマットレスは、ほとんどが以下のサイズです。カバーやベッドフレームのサイズの基準ともなっています。マットレスサイズは単位がmm表記で書かれていることも多いですが、ここではわかりやすいようcm表記にしています。

サイズ規格サイズ (幅×奥行)
シングル幅 97cm × 奥行 195cm
セミダブル幅 120cm × 奥行 195cm
ダブル幅 140cm × 奥行 195cm
クイーン幅 160 cm × 奥行 195cm
キング幅 180 cm × 奥行 195cm

幅については、一般的なサイズではありませんが、シングルよりも小さい「セミシングル」(横幅80~90cm)、キングよりも大きな「ワイドキング」(横幅194~200cm)サイズを展開しているメーカーもあります。

縦の長さは、多くが195cm前後です。通常サイズでは短い方向けに、身長が180cm以上の方向けにロングサイズ(長さ205〜215cm)を展開しているメーカーもあります。ロングサイズなら、高身長の方でも足がベッドからはみ出る心配がありません。

お部屋のスペースを取られたくないからといって、小さめのベッドサイズを選ぶことはNGです。特に2人以上で眠る場合、一人ひとりのスペースが狭くなり、睡眠の質が低下してしまうでしょう。かといって、大きなベッドを選ぶと部屋を圧迫してしまい、レイアウトの自由がきかなくなります。適切なサイズは以下の通りです。

● 1人用ならシングル〜セミダブル
● 2人用ならダブル〜クイーン
● 夫婦と子供3人ならキングサイズ

マットレスのサイズ一覧

マットレスのサイズ一覧

マットレスのサイズを選ぶにあたり、一般的なマットレスの大きさをサイズ表で確認してみましょう。ブランドやメーカーによって、数cmサイズが前後するものもありますが、日本で販売されているマットレスは、ほとんどが以下のサイズです。カバーやベッドフレームのサイズの基準ともなっています。マットレスサイズは単位がmm表記で書かれていることも多いですが、ここではわかりやすいようcm表記にしています。

サイズ規格サイズ (幅×奥行)
シングル幅 97cm × 奥行 195cm
セミダブル幅 120cm × 奥行 195cm
ダブル幅 140cm × 奥行 195cm
クイーン幅 160 cm × 奥行 195cm
キング幅 180 cm × 奥行 195cm

幅については、一般的なサイズではありませんが、シングルよりも小さい「セミシングル」(横幅80~90cm)、キングよりも大きな「ワイドキング」(横幅194~200cm)サイズを展開しているメーカーもあります。

縦の長さは、多くが195cm前後です。通常サイズでは短い方向けに、身長が180cm以上の方向けにロングサイズ(長さ205〜215cm)を展開しているメーカーもあります。ロングサイズなら、高身長の方でも足がベッドからはみ出る心配がありません。

お部屋のスペースを取られたくないからといって、小さめのベッドサイズを選ぶことはNGです。特に2人以上で眠る場合、一人ひとりのスペースが狭くなり、睡眠の質が低下してしまうでしょう。かといって、大きなベッドを選ぶと部屋を圧迫してしまい、レイアウトの自由がきかなくなります。適切なサイズは以下の通りです。

● 1人用ならシングル〜セミダブル
● 2人用ならダブル〜クイーン
● 夫婦と子供3人ならキングサイズ

一人で眠るならシングルサイズ

一人で眠るならシングルサイズ

シングルサイズは細身〜標準体型の男性や、女性の方が快適に眠れる一人暮らしなどにおすすめのサイズです。シングルサイズの標準的なマットレスは、幅が97cm、奥行が195cm。人間の肩幅の男女平均は約43cmなので、シングルサイズなら左右に25cmずつのスペースができます。寝返りにも十分な幅です。

部屋へ搬入しやすい大きさで、4畳半〜6畳のワンルームのお部屋でもそれほど圧迫感がありません。安い価格の厚みの薄いマットレスなら、押入やクローゼットなどに収納することもできます。 もっとお部屋を広く使いたい小柄な方や、まだ体の小さな子供用にベッドを購入するなら、一回り小さいセミシングルサイズ(横幅80〜90cm)もおすすめです。

また、ベッドフレームを高さがないローベッドタイプにすると、お部屋を広く見せられ、万が一の落下による怪我も防げます。

一人で眠るならシングル

一人で眠るならシングルサイズ

シングルサイズは細身〜標準体型の男性や、女性の方が快適に眠れる一人暮らしなどにおすすめのサイズです。シングルサイズの標準的なマットレスは、幅が97cm、奥行が195cm。人間の肩幅の男女平均は約43cmなので、シングルサイズなら左右に25cmずつのスペースができます。寝返りにも十分な幅です。

部屋へ搬入しやすい大きさで、4畳半〜6畳のワンルームのお部屋でもそれほど圧迫感がありません。安い価格の厚みの薄いマットレスなら、押入やクローゼットなどに収納することもできます。 もっとお部屋を広く使いたい小柄な方や、まだ体の小さな子供用にベッドを購入するなら、一回り小さいセミシングルサイズ(横幅80〜90cm)もおすすめです。

また、ベッドフレームを高さがないローベッドタイプにすると、お部屋を広く見せられ、万が一の落下による怪我も防げます。

体格の良い方や睡眠の質を重視する方にはセミダブルサイズ

体格の良い方や睡眠の質を重視する方にはセミダブルサイズ

セミダブルは、シングルサイズよりも約20cm幅が広い120cm。ゆとりがあるので、体格の良い方や広いスペースで寝たい方におすすめです。シングルサイズだとベッドから落ちてしまうかもと不安な方は、お部屋の広さにもよりますが、セミダブルを選ぶのもおすすめです。落下の心配は、睡眠の質の低下につながります。

体格の良い方や睡眠の質を重視する方にはセミダブル

体格の良い方や睡眠の質を重視する方にはセミダブルサイズ

セミダブルは、シングルサイズよりも約20cm幅が広い120cm。ゆとりがあるので、体格の良い方や広いスペースで寝たい方におすすめです。シングルサイズだとベッドから落ちてしまうかもと不安な方は、お部屋の広さにもよりますが、セミダブルを選ぶのもおすすめです。落下の心配は、睡眠の質の低下につながります。

カップルや新婚夫婦にはダブルサイズ

カップルや新婚夫婦にはダブルサイズ

ダブルサイズは、2人で一緒に寝るベッドが欲しい方におすすめのサイズ。2人用のサイズでありながら、あまりスペースを取られないので、寝室を広々と使えるのが特徴の1つです。クイーンサイズよりも隣の人との距離が近いため、一緒に寝ているという安心感を得られます。

しかし、どちらかが寝相が悪い場合や体格が良い場合は「狭い」と感じて快適に眠れないかもしれません。2人で寝るなら、ダブルサイズとクイーンサイズのどちらを選ぶかよく話し合いましょう。

お子様と2人で寝る場合であれば、ダブルサイズで十分です。大人2人が寝る場合、揺れが伝わってしまうベッドの種類だと、寝ている人の寝返りで起こされる可能性があります。隣の人を起こさないためには、ウレタンやラテックス、ポケットコイルマットレスのような、揺れの伝わりにくい種類のマットレスがおすすめです。

2人で同じベッドで快眠するためには、掛け布団も大きなポイント。掛け布団をそれぞれ用意するか、掛け布団のサイズを大きくすることで、寝返りを打って掛け布団がめくれる心配がなく、熟睡しやすいです。

カップルや新婚夫婦にはダブル

カップルや新婚夫婦にはダブルサイズ

ダブルサイズは、2人で一緒に寝るベッドが欲しい方におすすめのサイズ。2人用のサイズでありながら、あまりスペースを取られないので、寝室を広々と使えるのが特徴の1つです。クイーンサイズよりも隣の人との距離が近いため、一緒に寝ているという安心感を得られます。

しかし、どちらかが寝相が悪い場合や体格が良い場合は「狭い」と感じて快適に眠れないかもしれません。2人で寝るなら、ダブルサイズとクイーンサイズのどちらを選ぶかよく話し合いましょう。

お子様と2人で寝る場合であれば、ダブルサイズで十分です。大人2人が寝る場合、揺れが伝わってしまうベッドの種類だと、寝ている人の寝返りで起こされる可能性があります。隣の人を起こさないためには、ウレタンやラテックス、ポケットコイルマットレスのような、揺れの伝わりにくい種類のマットレスがおすすめです。

2人で同じベッドで快眠するためには、掛け布団も大きなポイント。掛け布団をそれぞれ用意するか、掛け布団のサイズを大きくすることで、寝返りを打って掛け布団がめくれる心配がなく、熟睡しやすいです。

2人でゆったり眠りたい方にはクイーンサイズ

2人でゆったり眠りたい方にはクイーンサイズ

クイーンサイズは、一人一人の睡眠スペースを確保したいカップルや夫婦におすすめです。ゆとりがあることでお互いの寝相やいびきもさほど気にならず、快適な睡眠時間を確保できます。

ただし、横幅が160cm~と大きいため、クローゼットやドアの開閉がスムーズにできるように、設置場所には注意したほうがいいですね。また、購入や引っ越しの時の搬入経路の確保も必要なので、寝室の入り口が通る幅と厚さかどうか、事前に確認しておきましょう。

子どもが生まれてからは、夫婦別々の部屋で寝る場合があるので、シングルサイズのマットレス2つを連結させてツインベッドにしておくことも1つの手段です。シングルサイズをくっつけると、横幅が約200cmほどになり、ワイドキングサイズのベッドになります。シングルサイズなので、搬入も楽です。マットレスが別なので、隣の人に振動が伝わらないため、寝ている人を起こす心配もありません。仮に別々で寝ることになっても、マットレスを買い換える手間が不要なのもメリットです。

2人でゆったり眠りたい方にはクイーン

2人でゆったり眠りたい方にはクイーンサイズ

クイーンサイズは、一人一人の睡眠スペースを確保したいカップルや夫婦におすすめです。ゆとりがあることでお互いの寝相やいびきもさほど気にならず、快適な睡眠時間を確保できます。

ただし、横幅が160cm~と大きいため、クローゼットやドアの開閉がスムーズにできるように、設置場所には注意したほうがいいですね。また、購入や引っ越しの時の搬入経路の確保も必要なので、寝室の入り口が通る幅と厚さかどうか、事前に確認しておきましょう。

子どもが生まれてからは、夫婦別々の部屋で寝る場合があるので、シングルサイズのマットレス2つを連結させてツインベッドにしておくことも1つの手段です。シングルサイズをくっつけると、横幅が約200cmほどになり、ワイドキングサイズのベッドになります。シングルサイズなので、搬入も楽です。マットレスが別なので、隣の人に振動が伝わらないため、寝ている人を起こす心配もありません。仮に別々で寝ることになっても、マットレスを買い換える手間が不要なのもメリットです。

親子3人で寝る家庭にはキングサイズ

親子3人で寝る家庭にはキングサイズ

家族3人で川の字でゆったり寝るなら、横幅が180cmのキングサイズがおすすめです。小さなお子様と夫婦の3人でもゆとりをもって眠れる大型サイズ。キングサイズもクイーンサイズ同様、搬入経路の確保の必要性や、マットレスを移動させるときの手間があります。 もっと広いベッドを希望するなら、セミダブルのマットレスを2つくっつけて使用するのもおすすめです。横幅が約240cmになりますので、ご夫婦と子ども2人でも十分快適に眠れますよ。

親子3人で寝る家庭にはキング

親子3人で寝る家庭にはキングサイズ

家族3人で川の字でゆったり寝るなら、横幅が180cmのキングサイズがおすすめです。小さなお子様と夫婦の3人でもゆとりをもって眠れる大型サイズ。キングサイズもクイーンサイズ同様、搬入経路の確保の必要性や、マットレスを移動させるときの手間があります。 もっと広いベッドを希望するなら、セミダブルのマットレスを2つくっつけて使用するのもおすすめです。横幅が約240cmになりますので、ご夫婦と子ども2人でも十分快適に眠れますよ。

シングルからキングまで5つのサイズが選べるエマ・マットレス

エマ・マットレス

サイズはマットレスを選ぶうえで非常に重要なポイントです。

エマ・マットレスは、ゆったり眠りたい方、お二人以上で眠りたい方、様々なニーズに適したサイズをお選びいただけます。
● シングルサイズ:97×195cm 
● セミダブルサイズ:140×195cm 
● ダブルサイズ:120×195cm 
● クイーンサイズ:160×195cm
● キングサイズ:180×195cm
   *幅 × 奥行の長さ

いずれも日本で販売しているマットレスの標準サイズです。そのため、ほとんどのベッドフレームに合わせることができます。

実際にベッドを買う時は、寝心地も気になるところですよね。 エマ・マットレスは、寝心地にもこだわり抜きました。硬さの違うウレタンを3層に重ねた25cmのマットレスは、体格や体重が違っても、仰向けでも横向きでも、理想の寝姿勢を維持できます。反発力あるウレタンフォームが体をしっかり支えるので寝返りもスムーズ。隣で寝ている方の動きも気になりにくいです。

店舗でお目当てのマットレスに寝転がっても、熟睡できるかどうかはわかりません。そこで、エマ・マットレスでは、ご自宅で寝心地を試せる「100日間のお試し期間」を設けました。お手持ちのベッドフレームに収まるかどうか、実際に寝てみたサイズ感も含めて、ご自宅の環境でお試しが可能です。

万が一、体に合わない場合にも、返品送料も無料で全額返金が付いています。幅広いサイズに対応したエマ・マットレスの寝心地を、一度体験してみませんか?

シングルからキングまで5つのサイズが選べるエマ・マットレス

エマ・マットレス

サイズはマットレスを選ぶうえで非常に重要なポイントです。

エマ・マットレスは、ゆったり眠りたい方、お二人以上で眠りたい方、様々なニーズに適したサイズをお選びいただけます。

● シングルサイズ:97×195cm 
● セミダブルサイズ:140×195cm 
● ダブルサイズ:120×195cm 
● クイーンサイズ:160×195cm
● キングサイズ:180×195cm
   *幅 × 奥行の長さ

いずれも日本で販売しているマットレスの標準サイズです。そのため、ほとんどのベッドフレームに合わせることができます。

実際にベッドを買う時は、寝心地も気になるところですよね。 エマ・マットレスは、寝心地にもこだわり抜きました。硬さの違うウレタンを3層に重ねた25cmのマットレスは、体格や体重が違っても、仰向けでも横向きでも、理想の寝姿勢を維持できます。反発力あるウレタンフォームが体をしっかり支えるので寝返りもスムーズ。隣で寝ている方の動きも気になりにくいです。

店舗でお目当てのマットレスに寝転がっても、熟睡できるかどうかはわかりません。そこで、エマ・マットレスでは、ご自宅で寝心地を試せる「100日間のお試し期間」を設けました。お手持ちのベッドフレームに収まるかどうか、実際に寝てみたサイズ感も含めて、ご自宅の環境でお試しが可能です。

万が一、体に合わない場合にも、返品送料も無料で全額返金が付いています。幅広いサイズに対応したエマ・マットレスの寝心地を、一度体験してみませんか?